ロンドン

ロンドンの基本情報

市内交通

掲載データは2011年1月現在

ロンドンの交通事情

ロンドンの観光巡りには、市街に網の目状に敷かれた地下鉄が最も手頃で便利です。もちろん名物の赤い2階建てバス「ダブルデッカー」やタクシーの「ブラックキャブ」なども利用価値は大きいでしょう。

地下鉄

コヴェントガーデン駅前

チューブ(Tube)の愛称で親しまれているロンドンの地下鉄。市内に11の路線が走り、平均して毎日20時間ほど運行しています。約300もの駅を網羅しているので、ほとんどの観光スポットへアクセス可能です。

路線と料金

9つの運賃ゾーンに分かれ、ゾーンとゾーンの間で運賃が設定されています。単独で片道切符を買うと非常に高くなるので、2回以上利用するならトラベルカードやオイスターカードの購入がおすすめ。トラベルカードは1日券と7日券があり、その期間は地下鉄や市バスなど、ほぼすべての交通機関が乗り放題となります。一方、オイスターカードは日本のSuica、ICOCAのようなチャージして使うタイプ。ロンドンの地下鉄のほか、市内バス、DLR(ドッグランド・ライト鉄道)、一部のナショナルレイルがカバーされます。また、料金もかなりお得で、同ゾーンで何度乗っても、利用料金の上限が決まっており、一定額以上差し引かれることはありません。
路線地図はこちら

地下鉄の乗り方

ハマースミスのホーム、チューブの券売機

(1) チケットを買う
券売機には、目的の駅名か行き先のゾーンを選んで買うタイプと、運賃だけを表示したタイプがあり、購入切符の種類によって使い分けます。コインのほか、紙幣やクレジットカードが使える機械もあり、主要駅にはタッチパネル式で日本語表示が選べるものも。現金の場合、「NO CHANGE GIVEN」の表示がついているときはお釣りが出ないので注意。一方、オイスターカードはロンドン交通局のウェブサイト(www.tfl.gov.uk/oyster)のオンライン販売のほか、おもな地下鉄駅の窓口、主要駅のトラベル・インフォメーション・センターなどで購入できます。窓口で購入する場合は、最初にいくらトップアップ(チャージ)するか聞かれるので、必要な分を伝えましょう。オイスターカード購入後のトップアップは券売機で可能。£5ずつ、£5~50までできます。なお、オイスターカードは最初の購入の際にデポジット(保証金)£3が必要になりますが、最後にトップアップで余った料金とともに、窓口で清算することができます。

オイスターカード、1dayトラベルカード
ゾーン 通常料金(片道) オイスターカード
(キャッピング・レート)
トラベルカード
1日券 7日券
ピーク オフピーク 終日 オフピーク  
ゾーン1~2 £4 £8 £6.60 £8 £6.60 £27.60
ゾーン1~3 £4 £10 £7.30 £10 £7.30 £32.20
ゾーン1~4 £5 £10 £7.30 £10 £7.30 £39.40

★ピーク、オフピークとは混雑する時間帯の料金を高く、それ以外の時間帯の料金を低く設定したもの。オフピークは9:30〜16:00、19:00〜翌4:29。それ以外がピークとなる
★ゾーン1内に限り、16:01〜18:59のピーク時間でもオイスターカードを使用すれば、オフピーク料金で乗車できる
★土・日曜・祝日は終日オフピーク
★「キャッピング・レート」とは、1日に何回利用しても、それ以上は引かれない金額のこと
★トラベルカードの7日券は窓口でのみ購入可能

地下鉄のホーム

(2) 改札からプラットホームへ
改札は自動改札で利用方法は日本とほぼ同じ。Ticketと書かれた投入口に切符またはトラベルカードを入れて、チケットを受け取るとゲートが開きます。オイスターカードは丸いタッチパネルにカードをかざせばOK。改札からホームまで距離が長く、同じ路線でも上りと下りのホームへの通路が分かれていることも多いので、注意。

(3) 乗り換え、出口へ
乗り換えの場合は、路線名と同じ色の表示の矢印に沿って進みます。出口は「Way Out」または「Exit」と表示されています。自動改札に切符を入れ、ゲートを出ます。トラベルカードは取り忘れにご注意。

(4) 利用時の注意
トラベルカードなどの有効ゾーンから乗り越すときは、乗車前に窓口や新型券売機で乗り越し分の切符の購入を忘れずに。乗り越すと£25の罰金に。

バス

バス

お馴染みの赤い2階建てバス「ダブルデッカー」では、ロンドンの街並みを楽しみながら移動できます。ただし、路線が多く、車内アナウンスもないので、乗りこなすにはちょっとしたコツが必要。

路線と料金

バスナンバー 最寄りの観光名所
8番 大英博物館、ソーホー付近、オックスフォード・ストリート付近
9、10番など ハイド・パーク、ナイツブリッジ付近、ハロッズ、ロイヤル・アルバート・ホール、ヴィクトリア&アルバート博物館、自然史博物館、科学博物館
23、159、453番など リージェント・ストリート、ピカデリー・サーカス、トラファルガー・スクエア、ナショナル・ギャラリー、パーラメント・スクエア、ビッグ・ベン(23以外)
11、15番など トラファルガー・スクエア、コヴェント・ガーデン、サマセット・ハウス、セント・ポール大聖堂、ロンドン塔(15のみ)

※9、15番のルートでは、旧型ダブルデッカーに乗ることも可能

料金はロンドン市内(ゾーン1~6)一律£2.20 ※オイスターカードだと割引あり
7日乗車券は£17.80
路線地図はこちら

バスの乗り方

バス停の標識

(1) バス停を探す
バス停に「Bus Stop」ではなく、「Request Bus」と表示している場合は、挙手して合図します。合図をしない場合は通り過ぎてしまいます。また、満員の場合は停車してくれません。

券売機

(2) チケットを買う
ロンドン中心部のバス停には「Buy ticket before boarding」と書かれ、路線番号が黄色に黒字で表示されているボードがあります。そこには備え付けの自動券売機があり、購入ができますが、ない場合は、車内で車掌に支払います。ただ、料金面でも手間の面でも、オイスターカードを利用したほうが便利。乗車時に黄色いセンサーパッドにカードをタッチするだけでOKです。旧型バスの場合は、車掌さんが来たら、オイスターカードを渡しましょう。

(3) 乗車&降車する
乗車口はバスの種類によって異なるので注意。走行中はかなり揺れるので、できるだけ着席しましょう。ダブルデッカーの2階は着席するのが基本。また、お年寄りに席を譲るのはロンドンでも常識。

バスの種類

新型ダブルデッカー

<新型ダブルデッカー>
旧型(フロントが突出した車両)に代わり街を走る2階建てバス。乗車口は運転手がいる前方。下車は中央のドアから。

<ベンディバス>
旧型ダブルデッカーに代わって導入。車両2台を連結したタイプで、乗車用ドアは前方に1つ、乗降者用ドアが他に2つあります。

<レッドアロー>
1階建てのバス。郊外へ行く路線の多くがこのバス。前方のドアから乗車し、降車は中央のドアから。

<ナイトバス>
深夜0時から6時頃まで30分~1時間間隔で運行。ほとんどのルートが市内中心部の観光スポットを経由しているので、深夜にホテルに戻るときなどに便利。料金は昼間と同じで、オイスターカードやトラベルカードなども利用可。

<市内観光バス>
2階建てバスで、屋根がないため見晴らしは抜群。毎日市内の観光名所を回るバスで、1日£25前後(ハイシーズン)で乗車できます(所要約2時間で、約15分おきに出発、日本語イヤホン付き)
www.theoriginaltour.com
www.bigbustour.com

タクシー&ミニキャブ

ブラックキャブ

ロンドン市内で利用できるタクシーは「ブラックキャブ」と「ミニキャブ」の2種類。厳しい試験をパスして認定されるブラックキャブに対して、低料金が魅力のミニキャブは認可制度がなく、利用の際には信頼できる会社を選ぶなど十分な注意が必要です。

ブラックキャブはメーター制で日本と同様、初乗り料金に距離または時間によって料金が加算されます。運賃に10%程度のチップをのせて支払いましょう。初乗り(321m)運賃は£2.20とやや高めですが、加算運賃は割安で、チップなどがかかることを考慮しても、日本のタクシーよりは安め。夜間や土日の夜、祝日は割増。ミニキャブはメーターがないので、事前の交渉が必要です。

ピカデリー・サーカスからヴィクトリア駅までは£6程度、ハイド・パーク・コーナー駅までは£7程度、リヴァプール・ストリート駅までは£8、ナイツブリッジ駅までは£13程度です。

タクシーの乗り方

助手席のランプに「For Hire」の文字が付いているのが空車。タクシーを止めるには、手を真横に出して知らせるのが英国流。乗車前に運転手に行き先を告げて、OKなら自分でドアを開けて乗車します。運賃の支払いは車内ではなく、降車してから窓越しに払うのを覚えておきましょう。

クルーズ

クルーズ

テムズ川のボートに乗れば、目的地への移動手段として使えるだけでなく、ロンドンの名だたる観光名所を船上からゆっくりと眺めることができます。フェリー会社が運航するクルーズの多くは、チャリング・クロス駅そばのエンバンクメント・ピアやウェストミンスター駅そばのウェストミンスター・ピアが起点。ランチ・クルーズやディナー・クルーズなどもあり、食事付きのものは予約が必要。

代表的な観光クルーズ

<シティ・クルーズ>
ウェストミンスター・ピアから出航。テムズ川を東に下り、ロンドン塔、タワー・ブリッジなど多くの観光スポットを通過しながら、グリニッジに到着する約1時間のクルーズ。大人片道£7.50~
シティ・クルーズ
電話:(020)7740-0400

<テムズ・リバー・ボーツ>
ウェストミンスターからハンプトン・コート宮殿まで、片道約3時間半をかけてテムズ川を西に上っていくクルーズ。大人片道£13.50
テムズ・リバー・ボーツ
電話:(020)7930-4721/(020)7930-2062

<リージェンツ・カナル・ウォーターバス>
リトル・ヴェニスとカムデン間の運河を巡るクルーズ。ロックという水門を越えながら、小さなナローボートに乗って進みます。片道約50分。大人片道£6.50~
リージェンツ・カナル・ウォーターバス
電話:(020)7482-2550/(020)7482-2660