トップ > 全国 > 関西 > 神戸・姫路・淡路島 > 神戸・阪神 > 神戸 > 三宮

明石焼

ふわふわの食感とだしが口の中を満たす

明石焼は、タコを柔らかい生地で包んで焼き上げたたこ焼きを、旨みがたっぷりのだしにつけてから食べるもの。卵を使ったフワフワの生地とだしが口の中に広がる。

明石焼

(ツカサ)

お酒と共に楽しめるフワフワの明石焼きが大人気

家庭的な雰囲気で味わえる、大ぶりで中がフワフワの明石焼きは、薄めの味でお酒のあとに合う。エビ入り明石焼きも人気。通年で提供するおでんなど肴もそろう。

住所
兵庫県神戸市中央区中山手通1丁目3-10ローズプラザビル 1階
交通
JR三ノ宮駅から徒歩5分
料金
明石焼き(10個)=650円/おでん(1個)=120円/えび入り明石焼き(10個)=650円/

菊兆(キクチョウ)

明石焼きと麦とろ飯が名物

明石焼きと麦とろ飯を専門に、37年続く名店。大きなタコが入った明石焼きには、海老マヨネーズやすじキムチなどの変わりだねもあり。丹波篠山の山芋を使った麦とろ飯とともに。

菊兆

住所
兵庫県神戸市中央区中山手通1丁目10-5
交通
JR三ノ宮駅から徒歩5分

たこ磯(タコイソ)

明石ダコをふくよかな生地が包み込む

玉子焼きをつけるダシは昆布とかつおがベース。卵をふんだんに使った生地はふくよかで、外は少し焦げ目がある。なかには軟らかい大ぶりのタコが入っている。魚の棚商店街内。

たこ磯

たこ磯

住所
兵庫県明石市本町1丁目1-11
交通
JR神戸線明石駅から徒歩5分
料金
玉子焼(1人前、15個)=700円/穴子入り玉子焼(15個)=900円/ミックス焼=1100円/

元祖たこ珍(ガンソタコチン)

ゴマ油の香りが食欲をそそる明石焼の専門店

昔ながらの味を守り続ける明石焼専門店。こぢんまりとして落ち着いた雰囲気の店内は、ゴマ油の香ばしいかおりが店内いっぱいに満ち、食欲をそそる。持ち帰りもできる。

元祖たこ珍

元祖たこ珍

住所
兵庫県明石市本町1丁目9-7本町一番街
交通
JR神戸線明石駅から徒歩3分
料金
明石焼き=600円(15個)/

ふなまち(フナマチ)

地元で有名な明石焼き

特製の木型に載せて出される明石焼きは、明石の港であがったタコを使い、タコもダシも早朝から仕込む。ふんわりとじつに口あたりがよく、そのまま吸い物のように味わえる。

ふなまち

ふなまち

住所
兵庫県明石市材木町5-12
交通
JR神戸線明石駅から徒歩15分
料金
明石焼き(1人前、20個)=550円/お好み焼=400円(ぶた玉)・450円(すじ玉)/

よし川(ヨシカワ)

魚の棚商店街でいち早く開店

中身がトロトロの玉子焼きは、最上級の昆布で取ったダシとの相性抜群。活の明石タコを使ったお好み焼き、たこめしや鉄板焼きなどの新メニューも人気がある。魚の棚商店街にある。

よし川

よし川

住所
兵庫県明石市本町1丁目2-16
交通
JR神戸線明石駅から徒歩4分
料金
玉子焼き(1人前、10個)=600円/生だこの鉄板焼き=580円/すじ焼き=700円/たこめし=300円/地方発送用冷凍明石焼き(2人前、送料別)=1350円/

本家きむらや(ホンケキムラヤ)

卵をたっぷり使ったたこ焼きのルーツ

大正13(1924)年から続く玉子焼専門店。1人前あたり卵2個を使用したしっかりとした生地と、うどんダシに似た旨みのあるつけダシが特徴だ。関東煮などのサイドメニューもある。

本家きむらや

本家きむらや

住所
兵庫県明石市鍛治屋町5-23
交通
JR神戸線明石駅から徒歩5分
料金
明石焼き(玉子焼、20個、小玉)=850円/関東煮=150円~/ビール=300円(小)・500円(生)/

よこ井(ヨコイ)

昔ながらのスタイルで食べる正統派の明石焼き

大正時代から戦前まであった明石焼き屋台の主人、向井清太郎さんのレシピを受け継ぐ明石焼きの専門店。冷えた昆布だしで味わう昔ながらのスタイルを守る。

よこ井

よこ井

住所
兵庫県明石市本町1丁目1-13
交通
JR神戸線明石駅から徒歩5分
料金
明石焼(10個入)=500円/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください