トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 信州・清里 > 長野・志賀高原・妙高 > 志賀高原

志賀高原のキスゲ・ニッコウキスゲ

夏の高原に黄色い絨毯を敷き詰めたように咲く

キスゲは香りの強いユリ科の高山植物。初夏、鮮やかな黄色い花が夕方に咲き、翌朝にはしぼむことからユウスゲとも呼ばれる。ニッコウキスゲは栃木県日光の地名を付けたものだが、固有種ではなく全国に分布する。志賀高原では例年7月~8月にかけて、さまざまな高山植物と共にその花姿が観賞できる。

東館山高山植物園(ヒガシタテヤマコウザンショクブツエン)

トレッキングコースも兼ねた人気の植物園

東館山ゴンドラリフトの終点、標高2030mの東館山山頂にあり、ニッコウキスゲ、リンドウなど約500種の高山植物が見られる。花の最盛期は7月下旬~9月中旬。遊歩道も完備。

東館山高山植物園

東館山高山植物園

住所
長野県下高井郡山ノ内町平穏7149
交通
長野電鉄長野線湯田中駅から長電バス奥志賀高原行きで40分、発哺温泉で東館山ゴンドラリフトに乗り換えて6分、終点下車すぐ
料金
無料

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください