トップ > 全国 > 東海・北陸 > 名古屋・愛知 > 名古屋・瀬戸・犬山 > 名古屋 > 金山・熱田神宮

名古屋のういろう

室町時代から作られている伝統の菓子

米粉に砂糖を加えて練り、蒸して作ったお菓子。黒砂糖で味を付けるのが基本であるが、抹茶やアズキなどが加えられることもある。小田原発祥で、各地で作られているが、名古屋のういろうが有名で販売量も日本一。

名古屋のういろう

餅文総本店 餅屋文蔵の店(モチブンソウホンテンモチヤブンゾウノミセ)

350年の歴史を刻むもっちり生ういろ

万治2(1659)年創業の老舗で、名古屋ういろの元祖として知られる。職人によって手作りの生地で作られたういろはもちもちしていながら、歯切れがいいのが特徴。

餅文総本店 餅屋文蔵の店

餅文総本店 餅屋文蔵の店

住所
愛知県名古屋市熱田区池内町5-12
交通
JR東海道本線金山駅から徒歩12分
料金
わらびういろ=648円(5個入)/生ういろ=324円(1棹)/献上外良=864円(1棹)/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください