トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 福岡 > 福岡 > 大名

トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 福岡 > 福岡 > 今泉・警固

トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 福岡 > 福岡 > 中洲・川端

トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 福岡 > 福岡 > 博多駅

トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 福岡 > 福岡 > 博多港・長浜

トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 福岡 > 福岡 > 渡辺通・春吉

トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 福岡・北九州 > 福岡 > 宗像・津屋崎

博多ラーメン

福岡グルメを代表するご当地ラーメン

コシのある細麺と白濁スープが印象的な博多ラーメン。紅ショウガを添えて食べるのが基本。麺の堅さをリクエストできることと、「替え玉」と呼ばれる麺のみのお替わりができることが特徴。

博多ラーメン

中華そば郷家 寺塚本店(チュウカソバゴウヤテラツカホンテン)

こくのある醤油ラーメンが味わえる店。餃子やつけ麺もある

こくのある醤油ラーメンが味わえる店。ピリッと辛い辛ねぎらーめんは、独自に調合した自店製の辛味噌であえた白ネギが入っている。つけ麺や餃子などのメニューもある。

中華そば郷家 寺塚本店

中華そば郷家 寺塚本店

住所
福岡県福岡市南区寺塚1丁目26-18
交通
JR博多駅から西鉄バス桧原営業所行きで35分、長住二丁目下車、徒歩5分
料金
辛ねぎらーめん=700円/つけ麺(並盛)=780円/餃子=380円/地どりめし=100円/

元祖 長浜屋(ガンソナガハマヤ)

地元常連が愛してやまないとんこつラーメンの原点

全国に名を知られる長浜ラーメンの元祖。メニューはラーメンのみで、店に入るなり人数分の麺がゆでられる。客は「カタ」「ヤワ」と好みの麺のかたさを注文すればOK。普通のかたさの場合は座るのみ。

元祖 長浜屋

元祖 長浜屋

住所
福岡県福岡市中央区長浜2丁目5-25トラストパーク長浜3 1階
交通
JR博多駅から西鉄バス福浜方面行きで15分、港一丁目下車すぐ
料金
ラーメン=550円/替玉=150円/替肉=100円/焼酎=200円/

一風堂 大名本店(イップウドウダイミョウホンテン)

創業当時の味を復刻した限定ラーメン

昭和60(1985)年に創業した一風堂の1号店。創業当時のトロリとしたポタージュのようなスープを再現し、通常よりもいちだんと濃厚な「元祖白丸元味」と「元祖赤丸新味」を限定メニューとして提供している。

一風堂 大名本店

一風堂 大名本店

住所
福岡県福岡市中央区大名1丁目13-14
交通
西鉄天神大牟田線西鉄福岡(天神)駅から徒歩8分
料金
元祖白丸元味=720円/元祖赤丸新味=820円/明太子ごはん=360円/白ご飯=100円/替玉=130円/小玉=80円/のせもの(トッピング)=100円~/

秀ちゃんラーメン(ヒデチャンラーメン)

こってり系が支持するうまみが凝縮する濃厚スープ

日本での支店は、キャナルシティ博多のみながら、N.Y.の各店がミシュランガイドで紹介されるなど、世界レベルの名店。豚骨から抽出したうまみと背脂などの成分が渾然一体となった濃厚なスープが、こしの強い細麺にからむ。

秀ちゃんラーメン

秀ちゃんラーメン

住所
福岡県福岡市中央区警固2丁目13-11
交通
地下鉄赤坂駅から徒歩7分
料金
ラーメン=700円/チャーシュー麺=900円/チャーハン=500円/一口餃子=450円/

一楽ラーメン 名島店(イチラクラーメンナジマテン)

おすすめメニューはこだわりの味噌ラーメン

ラーメンのスープはとんこつ、麺は卵麺。人気のある味噌チャーシューラーメンは、とんこつスープと赤味噌、白味噌、合わせ味噌をブレンドした味噌のバランスが絶妙だ。

一楽ラーメン 名島店

一楽ラーメン 名島店

住所
福岡県福岡市東区箱崎7丁目4-2
交通
地下鉄貝塚駅から徒歩5分
料金
味噌チャーシューラーメン=850円/ラーメン=500円/味噌チャンポン=730円/

元祖赤のれん節ちゃんラーメン(ガンソアカノレンセッチャンラーメン)

濃厚なスープに細い平麺がからむ

戦後、中国から帰郷した先代が、現地で食べた中華そばを思い出し再現した味を受け継ぐ。とんこつ醤油味のスープが、幅1.5mmほどの極細平打ち麺にほどよくからむ。

元祖赤のれん節ちゃんラーメン

元祖赤のれん節ちゃんラーメン

住所
福岡県福岡市中央区大名2丁目6-4プラスゲート天神 1階
交通
西鉄天神大牟田線西鉄福岡(天神)駅から徒歩7分
料金
ラーメン=550円/ラーメン定食=750円/生ビール(中)=500円/焼酎=300円/

うま馬祇園店(ウマウマギオンテン)

平べったい麺の博多中華そばふうとんこつラーメン

博多初のラーメン店「三馬路」。その味を長きにわたって唯一受け継ぐ一杯。キレのあるあっさりしたスープに、伝統の平打ち麺。長浜ラーメンと一線を画す博多中華そばふうのとんこつラーメン。

うま馬祇園店

うま馬祇園店

住所
福岡県福岡市博多区祇園町1-26
交通
地下鉄祇園駅からすぐ
料金
らーめん=650円/餃子=420円/串焼=130円~/

ふくちゃんラーメン(フクチャンラーメン)

奥深い味わいのブレンドスープ

とんこつスープは2種類の醤油をベースにしたタレが入り、あっさりとした味。生ニンニク、揚げニンニクスライス、ニラキムチの薬味を入れることで多彩な味が楽しめる。

ふくちゃんラーメン

ふくちゃんラーメン

住所
福岡県福岡市早良区田隈2丁目24-2
交通
地下鉄賀茂駅から徒歩5分
料金
ラーメン=600円/チャーハン=450円/チャーシュー麺=800円/ワンタン麺=800円/

名代ラーメン亭 博多駅地下街(ナダイラーメンテイハカタエキチカガイ)

毎日食べても飽きのこないあっさりとんこつ

昭和42(1967)年の創業から変わらぬ味と製法を守る店。時間をかけて仕上げたとんこつスープは、まろやかで甘みがある。ちゃんぽん、シューマイなども食べられる。

名代ラーメン亭 博多駅地下街

名代ラーメン亭 博多駅地下街

住所
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1博多駅地下街
交通
JR博多駅からすぐ
料金
ラーメン=450円/チャンポン=580円/ギョーザ=320円(大)・180円(小)/

博多だるま(ハカタダルマ)

分厚いチャーシューがのる限定の一杯を求めて

連日客足が絶えない人気店で、有名人のサイン色紙がずらりと並ぶ。希少な豚のホホ肉のチャーシューがのる「炙りとろ肉チャーシュー麺」は、この店のみの限定品。チャーシューはバーナーであぶっていて香ばしい。

博多だるま

博多だるま

住所
福岡県福岡市中央区渡辺通1丁目8-25
交通
地下鉄渡辺通駅から徒歩5分
料金
炙りとろ肉チャーシュー麺=1030円/ラーメン=700円/ネギマヨ餃子=550円(10個入)/一口餃子=500円/

めんくいや本店(メンクイヤホンテン)

こだわりチャーシューが好評

あっさり系のとんこつラーメンの店。名物のチャーシューメンやチャーシュー丼に使う焼き豚は、柳川のウナギの蒲焼きにヒントを得た味。チャーシュー丼はタレとご飯との相性が絶妙だ。

めんくいや本店

めんくいや本店

住所
福岡県福岡市中央区渡辺通2丁目3-27待鳥ビル 1階
交通
西鉄天神大牟田線薬院駅から徒歩3分
料金
厚切り炙りチャーシューメン=920円/チャーシュー丼=450円/ラーメン=520円/チャーシューメン=750円/

ふくちゃんラーメン 英美(フクチャンラーメンヒデミ)

豚のうまみが溶け込んだ個性豊かな味

ラーメンは、豚の頭骨をじっくりと煮込んだスープが独自の中太麺によくからむ。かつて福岡市早良区百道で営んでいた名店の製法を受け継ぐ。

ふくちゃんラーメン 英美

ふくちゃんラーメン 英美

住所
福岡県宗像市野坂2648-1ユアーズプラザ
交通
JR鹿児島本線赤間駅からタクシーで7分
料金
ラーメン=600円/ラーメンと焼きめしのセット=1000円/半チャンセット=800円/餃子定食=800円/

一蘭 天神西通り店(イチランテンジンニシドオリテン)

釜だれとんこつラーメンが食べられるのは、唯一福岡だけ

国内外で店舗を展開する一蘭。天神西通り店では、福岡限定「釜だれとんこつラーメン」が楽しめる。タレ専属職人が、「釜煮込み焼豚」の煮汁で仕上げた「釜だれ」が味の決め手。深みのあるこくと香りが楽しめる。

一蘭 天神西通り店

一蘭 天神西通り店

住所
福岡県福岡市中央区大名2丁目1-57
交通
西鉄天神大牟田線西鉄福岡(天神)駅から徒歩5分
料金
釜だれとんこつラーメン=890円/追加釜煮込み焼豚=230円/替玉=210円/半替玉=150円/半熟塩ゆでたまご=130円/

一蘭 本社総本店(イチランホンシャソウホンテン)

屋台の雰囲気と味がココに

全国的に知られるラーメン店一蘭の本社にある総本店。1階は、雨でも昼間からでも屋台の雰囲気が味わえる「一蘭屋台」、2階は仕切りのある味集中カウンターになっている。

一蘭 本社総本店

一蘭 本社総本店

住所
福岡県福岡市博多区中洲5丁目3-2一蘭本社ビル
交通
地下鉄中洲川端駅からすぐ
料金
天然とんこつラーメン(創業以来)=890円/釜だれとんこつ焼き豚皿=490円/抹茶杏仁豆腐=390円/替玉=190円/半替玉=130円/半熟塩ゆでたまご=130円/

赤のれん&とん吉(アカノレンアンドトンキチ)

一杯で二度おいしい2つの名店の味を食べ比べ

博多ラーメンの発祥といわれる「赤のれん」のこってり、長浜の人気屋台「とん吉」のあっさりの2種類のラーメンが楽しめる。スープはいずれも赤のれんの本店の製法で豚骨を長時間煮込んだもので、元だれと麺で味の違いを出している。夜は居酒屋としても営業。

赤のれん&とん吉

赤のれん&とん吉

住所
福岡県福岡市東区箱崎6丁目12-5
交通
地下鉄箱崎九大前駅から徒歩3分
料金
食べ比べラーメン=800円/赤のれんラーメン=600円/とん吉ラーメン=600円/

らーめん おいげん(ラーメンオイゲン)

極上とんこつスープとあぶったチャーシューがおいしい

名店が点在するラーメン激戦区の警固・薬院。そのなかで新参のクラスながら、クオリティーが高い。豚の頭骨を砕きながら長時間煮込んだスープは雑味がなく、とろみがあって、こってり濃厚。味の要となる元ダレは醤油の香りが印象的で、食欲を増幅させる。食べる直前に炭火であぶったチャーシューが、これまた美味で食べごたえ十分。

らーめん おいげん

らーめん おいげん

住所
福岡県福岡市中央区警固1丁目13-1ARK警固 1階
交通
地下鉄赤坂駅から徒歩7分
料金
豚骨ラーメン=600円/チャーシュー麺=800円/中華そば=600円/チャンポン麺=700円/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください