三川の菜の花

黄色に染まった菜の花畑は春の光景として親しまれる

「春の使者」として親しまれるアブラナ科の一年草。花菜(ハナナ)、菜花(ナバナ)、油菜(アブラナ)などの別名がある。種子は絞って菜種油に、花序や若芽は食用にする。花期は12月~5月。明るい黄色の花が群生する景色はほのぼのとした趣がある。栽培のさかんな山形県三川町では4月下旬~5月上旬に花畑が広がる。

道の駅 庄内みかわ(ミチノエキショウナイミカワ)

咲き誇る菜の花畑に圧倒。菜の花を使ったメニューもある

日帰り入浴「なの花温泉田田」や宿泊施設を併設。また、5月上旬「菜の花まつり」の会場にもなり、咲き誇る菜の花畑には圧倒される。物産館マイデルでは地元特産品を販売。

道の駅 庄内みかわ

道の駅 庄内みかわ

住所
山形県東田川郡三川町横山堤172-1
交通
山形自動車道鶴岡ICから県道333号を酒田方面へ車で約7km
料金
入浴料=430円/鴨でんでんそば・うどん=650円/カレーライス=570円/ナポリタン=500円/米粉肉うどん=650円/米粉かけうどん=500円/

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください