トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 尾道・しまなみ海道 > 尾道 > 尾道市街

尾道のオコゼ

透きとおる身と繊細な味わいは白身魚の王様

広島県民がとくに好む白身魚としてオコゼが挙げられる。見た目からは想像できない繊細な歯ごたえと深い甘みが特徴。刺身や唐揚げが一般的だが、皮や肝まで楽しむことができる。

尾道のオコゼ

尾道の食事処 青柳(オノミチノショクジドコロアオヤギ)

「おこぜの唐揚げ」が看板メニューの店

海の幸が味わえる老舗の割烹。看板メニューは、瀬戸内海でとれるオコゼの中骨を丁寧に抜き、オリジナルの衣でカラリと揚げた「おこぜの唐揚げ」で、甘酸っぱいあんをつけて食べる。

尾道の食事処 青柳

尾道の食事処 青柳

住所
広島県尾道市土堂2丁目8-15
交通
JR山陽本線尾道駅から徒歩15分
料金
おこぜ唐揚げ定食=2300円/うにめし=1400円/しまかげコース=3800円/昼定食=1000円/

料亭旅館 魚信(リョウテイリョカンウオノブ)

“白身の王様”オコゼを老舗旅館で

尾道水道に臨む木造3階建て数寄屋造りの料亭旅館。膳を彩るのはその日の朝に揚がった旬魚で、なかでもオコゼの薄造りと唐揚げが入ったコースが人気。昼、夜ともに要予約。

料亭旅館 魚信

料亭旅館 魚信

住所
広島県尾道市久保2丁目27-6
交通
JR山陽本線尾道駅から徒歩20分
料金
会席=3240円~(月~金曜の昼)・5000円~(土・日曜の昼)・5000円~(夜)/

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください