エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 東北 > 南東北 > 石巻・南三陸・気仙沼 > 石巻・牡鹿半島 > 石巻

石巻焼きそば

昭和20年代から食されていたソウルフード

麺が茶色いのは、二度蒸しすることでかん水の色が変化するため。味付けはダシがベースになっているので見た目よりもあっさりした味わいで、目玉焼きがトッピングされることが多い。好みに応じてソースを後がけするのも石巻焼きそばならでは。おみやげ用のセットも販売されている。

石巻焼きそば

藤や食堂(フジヤショクドウ)

後がけソースで豪快に食べたい

石巻地方の焼きそばは調理前から茶色いのが特徴。せいろで二度蒸しすることにより生まれる茶色の麺は、ふっくらとして香ばしい。後がけソースで味を調整するのも石巻焼きそばならではの味わい。

藤や食堂

藤や食堂

住所
宮城県石巻市立町2丁目6-17
交通
JR仙石線石巻駅から徒歩5分
料金
肉・たまご入りやきそば=600円/特製焼きそば=700円/

麺舗かのまたや(メンポカノマタヤ)

老舗製麺会社の風格と親しみに満ちた麺の店

明治から続く製麺会社の直営店。メニューはうどんが中心だが、石巻やきそばの人気も高い。うどんを出す店ならではの、繊細なだしの風味がたまらない。醤油をかけてもおいしい。

麺舗かのまたや

麺舗かのまたや

住所
宮城県石巻市穀町6-19
交通
JR仙石線石巻駅から徒歩3分
料金
石巻やきそば(目玉焼きあり)=480円/いわしうどん=520円/天丼(ミニうどん付)=1000円/天ざるうどん.そば=950円/釜揚げうどん=300円/

廻鮮丸あけぼの店(カイセンマルアケボノテン)

ボリューム満点のご当地グルメを堪能

寿司と和食、麺類のセットメニューが豊富。石巻焼きそばは人気メニューのひとつで、味はもちろん、抜群のボリュームも魅力的。

廻鮮丸あけぼの店

廻鮮丸あけぼの店

住所
宮城県石巻市あけぼの1丁目6-3
交通
JR仙石線蛇田駅から徒歩12分
料金
石巻焼きそば=648円/

斎太郎食堂(サイタロウショクドウ)

魚市場で長年愛される食堂

石巻に水揚げされる鮮魚を仕入れ、旬のネタをボリュームよく盛った海鮮丼が名物。手ごろな価格で味わえる定食メニューも豊富にそろっている。観光客だけでなく地元客も多い。

斎太郎食堂

斎太郎食堂

住所
宮城県石巻市魚町2丁目12-3石巻市水産総合振興センター 1階
交通
JR仙石線石巻駅からタクシーで15分
料金
海鮮丼=1500円/

八鶏飯蔵(ハットリハンゾウ)

八鶏飯蔵

住所
宮城県石巻市あけぼの2-4-7
料金
特製石巻焼きそば=667円/

六文銭(ロクモンセン)

六文銭

住所
宮城県石巻市立町2-3-10
料金
石巻やきそば=650円/

キッチンとまと(キッチントマト)

キッチンとまと

住所
宮城県石巻市広渕柏木前134
料金
石巻やきそば=680円/

好松(ヨシマツ)

好松

住所
宮城県石巻市立町1-1-3
料金
石巻焼そば=700円/

エリア