トップ > 全国 > 東北 > 南東北 > 仙台・松島 > 仙台 > 国分町・一番町

仙台マーボー焼そば

焼そばとマーボー豆腐がひとつに

40年以上前に、中華料理店のまかないとして誕生したといわれる仙台マーボー焼そば。ご当地グルメブームで脚光を浴びて市内の中華料理店などで食べられるようになった。香ばしく焼いた麺の上にたっぷりのマーボー豆腐をかけるもので、辛味や旨みたっぷりのマーボー豆腐をカリカリの麺によくからめて食べてみよう。

仙台マーボー焼そば

東洋軒本店(トウヨウケンホンテン)

広東料理伝統の味を深夜まで楽しめる

広東料理を中心に豊富なメニューが揃う老舗。通年味わえる冷やし中華のほかにも、テンメンジャンやトウバンジャンが効いた「マーボー焼きそば」など、本場の味わいの中華も楽しめる。

東洋軒本店

東洋軒本店

住所
宮城県仙台市青葉区国分町2丁目3-19
交通
地下鉄広瀬通駅から徒歩10分
料金
五目冷やし中華=1200円/マーボー焼きそば=880円/五目焼きそば=880円/ラーメン=680円/ミソラーメン=780円/エビソバ=1000円/

中華飯店 紅龍(チュウカハンテンコウリュウ)

3000人の試食を経て蘇った「元祖冷やし中華」

仙台。3000人もの試食を経て仙台中華組合で再現したのが、ここで食べられる「元祖冷やし中華」。昔なつかしい味を見事によみがえらせた一品だ。仙台の新名物マーボー焼きそばも好評。

中華飯店 紅龍

中華飯店 紅龍

住所
宮城県仙台市青葉区大町2丁目7-15
交通
地下鉄大町西公園駅から徒歩4分
料金
五目焼そば=780円/特製中華飯=1200円/元祖冷やし中華=600円/マーボー焼きそば=760円/

中国めしや 竹竹(チュウゴクメシヤチクチク)

山椒がピリリと効いた四川風が楽しめる

気軽な雰囲気で食事が楽しめる中国料理店。両面を焼いたカリカリの麺にマーボー豆腐をたっぷりのせた「マーボー焼きそば」や、自家製練りゴマが効いた「坦々麺」が人気。夜はお酒とともに一品料理も楽しめる。

中国めしや 竹竹

住所
宮城県仙台市青葉区北目町2-22今坂ビル 1階
交通
JR仙台駅から徒歩10分

幸苑(コウエン)

四川省の花椒が香る贅沢な味わいが人気

化学調味料を使わずに素材の旨みを生かした中華料理を作る、郊外の人気店。マーボー豆腐を焼そばにかける「麻婆焼きそば」は定番メニューのひとつ。豆腐が大きくボリュミーで、食べ応え十分。

幸苑

住所
宮城県仙台市青葉区国見ケ丘1丁目9-5
交通
JR仙台駅から仙台市営バス国見ヶ丘1丁目行きで35分、終点下車すぐ
料金
麻婆焼きそば=940円/

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください