トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 尾道・しまなみ海道 > せら高原

世羅のスズラン

コロンとした愛らしい花を咲かせる

そっと下を向いて可憐な白い花を咲かせるスズランの花言葉は、幸福・純潔・純愛。本州中部から北の高地、東北などに自生し、北海道を代表する花でもある。花の形が鈴に似ていることからこの名がついたといわれる。広島・男鹿山の斜面では、5月下旬~6月上旬にかけて可憐な花姿が見られる。

世羅のスズラン

男鹿山スズラン群生地(オジカヤマスズラングンセイチ)

静かに可憐に咲き誇る

男鹿山の北側斜面に白くて美しい花を咲かせるスズラン。県の天然記念物に指定されている。一帯は日本の自生スズランの南限地で、自然環境保全地域になっている。

男鹿山スズラン群生地

男鹿山スズラン群生地

住所
広島県世羅郡世羅町青近
交通
山陽自動車道三原久井ICから県道25号・51号・403号を甲山、男鹿方面へ車で30km
料金
情報なし

エリア

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください