トップ > 全国 > 北海道

北海道

北海道の概要、観光・旅行情報

北海道の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

北海道の概要、観光・旅行情報

  • スポット:5,251 件
  • 記事:377 件

豊かな大自然と開拓の歴史を感じさせる街が旅人をいざなう

大きく分けて道北、道東、道央、道南の4エリアからなる。世界遺産に登録された知床、ラムサール条約登録の釧路湿原、阿寒の国立公園の湖沼群、富良野・美瑛の花畑など、大スケールの自然景観が一番の魅力。さらに日本有数の繁華街を持つ札幌、歴史散策が楽しい小樽や函館、最北の街・稚内など道内各地に見どころがある。郷土色豊かなグルメも目白押しだ。

北海道の観光まとめ記事

知床・阿寒観光はこれでOK! 知床・阿寒観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

知床・阿寒エリアのある道東は、ダイナミックで手つかずの自然が残る「北の楽園」。豊かな自然と澄んだ空気に触れれば、心も体も浄化されるはず。また、知床・阿寒エリアはオホーツク海と太平洋に囲まれ、遠く北洋に...

函館観光はこれでOK! 函館観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

日本で初めての貿易港として開港し、北海道でいち早く異国の文化を取り入れた函館市。市街地には洋館や教会が立ち並ぶ、異国情緒あふれる世界が広がっています。函館旅行をより楽しむために、何を目的にどこを訪れる...

北海道観光はこれでOK!おすすめ旅行スポット41選と各エリア詳細ガイド

全国魅力度ランキングで絶大な支持を集める北海道。国内外から観光客が訪れる日本屈指の観光スポットです。その魅力は、なんといってもスケールの大きな景色を見ることができること!カラフルな花畑や神秘的な池など...

北海道のプラン記事

函館・元町はこう観光しよう! 函館・元町のおすすめモデルコース

函館は、江戸時代末期に日本初の国際貿易港として横浜や長崎とともに開港して以来、外来文化の影響を受けて発展してきた町です。なかでも元町エリアは、函館港を望む坂沿いに、世界各国の領事館や教会が建てられた歴...

北海道のおすすめスポット

白い恋人パーク

見て、味わって、体験できるお菓子のテーマパーク

白い恋人の製造ライン見学ができるほか、約14cmのハート型の白い恋人を作ることができる「お菓子作り体験工房」や、イシヤオリジナルスイーツが味わえる「チョコレートラウンジ」が楽しめる。

白い恋人パーク

白い恋人パーク

住所
北海道札幌市西区宮の沢二条2丁目11-36
交通
地下鉄宮の沢駅から徒歩7分
料金
工場見学コース入館料=高校生以上600円、中学生以下200円、3歳以下無料/お菓子作り体験工房「私の白い恋人」=972円(入館料別)/白い恋人パフェ=756円/クッキーボックス=756円/白い恋人キーホルダー=各756円/

札幌市時計台(旧札幌農学校演武場)

130年以上動き続ける日本最古の塔時計

札幌農学校(北海道大学の前身)のクラーク博士の提言により、演武場として明治11(1878)年に建てられ、兵式訓練や体育奨励の場として使われた。原形のまま作動している塔時計としては日本最古のもの。130年以上もの間、時を刻み、鐘を鳴らし続けている。

札幌市時計台(旧札幌農学校演武場)

札幌市時計台(旧札幌農学校演武場)

住所
北海道札幌市中央区北一条西2丁目
交通
地下鉄大通駅から徒歩5分
料金
入館料=大人200円、高校生以下無料/時計台カード=390円/巾着バター飴=378円/

さっぽろ羊ヶ丘展望台

北海道ならではののどかな風景が広がる

昭和34(1959)年、北海道農業試験場の一角に建てられた展望台。札幌ゆかりの人物・クラーク博士の銅像が立つ、有名な観光スポットだ。丘の上からは、札幌市街や石狩平野を見渡せるほか、周辺の牧草地で羊たちが草を食べる様子を見ることもできる。

さっぽろ羊ヶ丘展望台

さっぽろ羊ヶ丘展望台

住所
北海道札幌市豊平区羊ケ丘1
交通
地下鉄福住駅から北海道中央バス羊ヶ丘展望台行きで10分、終点下車すぐ
料金
大人530円、小・中学生300円

もいわ山山頂展望台

標高531mから堪能する札幌市街の大パノラマ

北海道三大夜景のひとつ。標高531メートルの展望台からは、札幌の街並みと石狩平野の広がりが一望できる。山頂へはロープウェイともーりすカーを乗り継いで登り、空中散歩気分を味わおう。

もいわ山山頂展望台

もいわ山山頂展望台

住所
北海道札幌市南区北の沢1956
交通
地下鉄西18丁目駅から市電内回りで12分、ロープウェイ入口下車、徒歩10分(無料シャトルバスあり)
料金
ロープウェイ+もーりすカー(往復)=大人1700円、小人850円/観光自動車道(一般車)=660円/山頂駅2階スターホール入館料=700円/

海味 はちきょう

イクラをてんこ盛りにしてくれるつっこ飯のパフォーマンスは必見

北海道各地の漁港から届く新鮮な季節の魚介を、活気ある店内で堪能できる。日によって入荷する食材が変わるのでスタッフに気軽に訪ねよう。近くに支店が2店舗あるので本店が満席の場合はそちらへ。

海味 はちきょう

海味 はちきょう

住所
北海道札幌市中央区南三条西3丁目都ビル 1階
交通
地下鉄すすきの駅からすぐ
料金
ほっけの開き=1300円~/元祖つっこ飯=4990円(大)、2290円(中)、1890円(小)/めんめ湯煮=6000円~/

おすすめスポットをもっと見る

北海道のおすすめの記事

【連載フォトエッセイ・第8回】ねこ写真家・関由香の「看板ねこ便り」札幌・喫茶店 ミルク 後編

ねこ或る所へはどこへでも。逆も然り。訪れる先に看板ねこがいることの多きこと。今日も知らぬ間に呼び寄せられ、魅了されるのである--。(毎週月曜日に公開)>>前編から読む

駅のホームに宿がある!? 小説『駅に泊まろう!』をたどる北海道旅

緊急事態宣言でステイホーム期間が長くなりましたが、そんな時こそ、日ごろできない読書をゆっくりしてみてはいかがでしょうか。読書の醍醐味は、ストーリーの中で色々な世界に連れて行ってくれること。今回ご紹介す...

【連載フォトエッセイ・第7回】ねこ写真家・関由香の「看板ねこ便り」札幌・喫茶店 ミルク 前編

ねこ或る所へはどこへでも。逆も然り。訪れる先に看板ねこがいることの多きこと。今日も知らぬ間に呼び寄せられ、魅了されるのである--。(毎週月曜日に公開)

【北海道・東北】温泉宿の看板ねこに会いに行こう! 接客力は神レベル!

ほっこり、あったか温泉で、幸せに暮らすねこたちが待っています。時にはお出迎えやお見送りをしてくれたり、ロビーで一緒に遊んだり。おもてなしもバッチリです。ここでは、そんなかわいくて賢いねこたちに会える北...

【網走】流氷クルーズで冬のオホーツク海を満喫!

道東といえば冬の流氷観光でも有名です。オホーツク海沿岸では、2月には流氷が押し寄せ、海一面が白い氷で埋め尽くされます。紋別、羅臼、網走のそれぞれ特徴がある3つの流氷砕氷船に乗って、この時期ならではの壮...

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください