トップ > 全国 > 北海道 > 知床・阿寒・釧路・稚内 > 十勝・帯広 > 帯広

帯広

帯広のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した帯広のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。カフェも併設した六花亭の直営店「六花亭ガーデン」、十勝ならではのグルメやみやげが揃う「とかちむら」、丘からの眺めが素晴らしい「農・食・花 十勝ヒルズ」など情報満載。

  • スポット:200 件
  • 記事:21 件

帯広のおすすめエリア

21~40 件を表示 / 全 200 件

帯広の魅力・見どころ

多彩なレジャーやグルメが堪能できる田園都市

広大な土地を生かし、道内でも農業や酪農の盛んな十勝地方を代表する都市。この豊かな農産物や酪農製品を使ったグルメが最大の魅力。B級グルメの代表格として全国区の人気を誇る豚丼や、新鮮な牛乳を使ったチーズ、スイーツなど名物は数多い。開拓時代からの歴史を持つ大型馬が鉄ソリを引いて競うばんえい競馬は世界でも帯広のみで行われている。また近郊の十勝川温泉は世界的に珍しいモール温泉の湯で知られている。

帯広のおすすめスポット

六花亭ガーデン

カフェも併設した六花亭の直営店

マルセイバターサンドでおなじみの六花亭の直営店舗。ピザやパフェなどが味わえる喫茶室も併設しており、ガラス張りの開放感あふれる空間は居心地もよい。

六花亭ガーデン

住所
北海道帯広市西二十二条南2丁目21-9
交通
JR根室本線西帯広駅からタクシーで3分
料金
ピザパイ(各種)=790円~/

とかちむら

十勝ならではのグルメやみやげが揃う

旬の野菜や加工品が並ぶ「産直市場」、ここだけの料理が味わえる「キッチン」、スイーツや土産物が揃う「スイーツ&セレクト」の3ゾーンで買い物と食事が楽しめる。

とかちむら

とかちむら

住所
北海道帯広市西十三条南8丁目1帯広競馬場敷地内
交通
JR根室本線帯広駅から十勝バス西23条行きで7分、競馬場前下車すぐ
料金
十勝野フロマージュのチーズ「とかちばん馬(大)」=1543円/十勝発帯広豚丼のタレ=690円/ぶた丼たむらの豚丼弁当=880円/

農・食・花 十勝ヒルズ

丘からの眺めが素晴らしい

小高い丘にあり、「食と農」がテーマの園内には「スカイ・ミラー」や野菜中心の「オーガニック・ポタジェ」などテーマごとのガーデンが広がる。レストランでは園内で収穫した野菜を堪能できる。

農・食・花 十勝ヒルズ
農・食・花 十勝ヒルズ

農・食・花 十勝ヒルズ

住所
北海道中川郡幕別町日新13-5
交通
JR根室本線帯広駅からタクシーで15分
料金
入園料=大人800円、小・中学生400円/カート30分間=1000円/ビュッフェランチ=2000円~/ (JAF会員割引あり、障がい手帳持参で入園料200円引、同伴者(障がい者施設従業者)無料)

柳月大通本店

十勝で育まれた選りすぐりの原材料をふんだんに使用したお菓子

十勝管内に12軒の店を出す老舗。代表的な菓子“三方六”は生地を何回も回転させしっとり焼き上げ、2色のチョコレートで白樺模様にコーティングし薪の形状「三方六寸」を再現した銘菓だ。

柳月大通本店

柳月大通本店

住所
北海道帯広市大通南8丁目15
交通
JR根室本線帯広駅から徒歩5分
料金
三方六=630円(1本)/三方六メープル=720円(1本)/

明野ヶ丘公園のピラ・リ

おとぎの世界のような公園

異国の遺跡のような雰囲気が魅力。「ピラ・リ」は、アイヌ語で「偉大なる崖」を意味する。高さ12mの展望タワーからは、幕別町の街並みや日高山脈が見渡せる。

明野ヶ丘公園のピラ・リ
明野ヶ丘公園のピラ・リ

明野ヶ丘公園のピラ・リ

住所
北海道中川郡幕別町明野
交通
JR根室本線幕別駅からタクシーで10分
料金
情報なし

十勝ネイチャーセンター

十勝川温泉街のアウトドア体験施設

十勝川温泉街に本部を置く、アウトドア体験施設。十勝川温泉周辺の大自然を舞台に四季を通して様々なアウトドアアクティビティのメニューが充実している。

十勝ネイチャーセンター
十勝ネイチャーセンター

十勝ネイチャーセンター

住所
北海道河東郡音更町十勝川温泉南12丁目1-12十勝川温泉観光ガイドセンター
交通
JR根室本線帯広駅から十勝バス十勝川温泉行きで30分、十勝川温泉下車、徒歩3分
料金
早朝熱気球体験(6:30~7:20、約5分)=2100円/十勝川ネイチャーツアー(6歳以上)=5400円/十勝川カヌーツアー(16歳以上)=7300円/ (妊婦は参加不可)

とかち農機具歴史館

牧歌的な写真が撮れるスポット

農機具から十勝農業の歴史が学べる施設。明治以降に使われた150点の農機具が展示されており、人力から農耕馬、機械化といった時代の変遷による発展を見ることができる。最新技術を使った現在の農業にも注目だ。

とかち農機具歴史館

とかち農機具歴史館

住所
北海道帯広市川西町基線61とかち大平原交流センター
交通
JR根室本線帯広駅から十勝バス広尾営業所前行きで30分、川西下車、徒歩5分
料金
無料

鳥せい帯広中央店

中札内育ちの若どりをこだわりの炭火焼きで

JR帯広駅から徒歩3分の好立地。店の代名詞ともいえるのが「炭火焼き」。若どりの手羽・むね肉・もも肉を、熟練の職人技で焼き上げる。炭の香りが若どりの旨みをいっそう引き立てている。

鳥せい帯広中央店

鳥せい帯広中央店

住所
北海道帯広市西一条南10丁目13-4
交通
JR根室本線帯広駅から徒歩3分
料金
炭火焼き=864円/から揚げ=864円/鳥精肉(2本)=270円/砂ぎも(2本)=270円/ちょい辛ジャンボ串(1本)=519円/ (お通し216円)

よつ葉乳業「おいしさまっすぐ館」(見学)

バターや牛乳の製造室がガラス越しに見学できる展示見学施設

十勝を代表するブランド、よつ葉乳業の展示見学施設。バターや牛乳の製造室がガラス越しに見学できるほか、エアーシャワーなども体験できる。

よつ葉乳業「おいしさまっすぐ館」(見学)

住所
北海道河東郡音更町新通20丁目3
交通
JR根室本線帯広駅からタクシーで20分
料金
無料

おびひろ動物園

飼育員によるスポットガイドも好評

緑ヶ丘公園内にある動物園。北海道内で唯一のゾウをはじめ、70種類、380点ほどの動物を飼育。植村直己記念館や、空中観覧車などを備える遊園地も併設。

おびひろ動物園

おびひろ動物園

住所
北海道帯広市緑ヶ丘2
交通
JR根室本線帯広駅から十勝バス大空団地線で18分、動物園前下車、徒歩5分
料金
入園料=大人420円、高校生210円、中学生以下無料/ (65歳以上は210円、10名以上の団体は大人340円、高校生170円、65歳以上170円、障がい者手帳持参で無料)

十勝ナイトリバークルージング

夜の帯広川をカヌーで

自然豊かな帯広川で夜の川下りが楽しめる。晴れた日は満天の星や月を眺めることができる。上陸後は地元のスイーツでティータイムもできる。

十勝ナイトリバークルージング

住所
北海道帯広市東十五条南4丁目4-1-73地先エールセンター十勝
交通
JR根室本線帯広駅からタクシーで15分
料金
十勝ナイトリバークルージング=5500円(4~11月)、7000円(12~翌3月)/

ホテル大平原

多彩な風呂を楽しみながら美人になろう

美人の湯として知られる肌にいいモール温泉の大浴場が自慢。露天風呂をはじめバラエティ豊かな大浴場がある。料理は自家栽培の低農薬野菜や地元の食材を使用。熱気球体験もできる。

ホテル大平原
ホテル大平原

ホテル大平原

住所
北海道河東郡音更町十勝川温泉南15丁目1
交通
JR根室本線帯広駅から十勝バス十勝川温泉行きで34分、ホテル大平原前下車すぐ
料金
1泊2食付=8640~33480円/外来入浴(平日15:00~21:00、土・日曜、祝日13:00~21:00)=1000円/

プチ・プレジール

屋台で楽しむ欧風家庭料理とワインのマリアージュ

ソムリエの主人とシェフである奥さんが営む欧風家庭料理店。「安心安全に食べて欲しい」という思いから、顔が見える地元提供者からの野菜や肉を使うことを徹底している。

プチ・プレジール
プチ・プレジール

プチ・プレジール

住所
北海道帯広市西一条南10丁目7北の屋台
交通
JR根室本線帯広駅から徒歩5分
料金
つぶ貝のエスカルゴ風=900円/十勝野ポーク(赤豚)パンチェッタのグリル=850円/ラクレット=700円/

道の駅 おとふけ

十勝の魅力を発信する道の駅

十勝の玄関口、道東自動車道音更帯広インターチェンジの南側にある道の駅。レストラン、フードコート、ベーカリーやカフェがあり広々とした空間で休憩、飲食が楽しめる。十勝魅力いっぱいの特産品も販売する。

道の駅 おとふけ

住所
北海道河東郡音更町下音更北9線西16-1
交通
道東自動車道音更帯広ICから国道241号を帯広方面へ車で1km
料金
施設により異なる

ジャンルで絞り込む