トップ > 全国 x その他和食 > 北海道 x その他和食 > 知床・阿寒・釧路・稚内 x その他和食 > 十勝・帯広 x その他和食 > 帯広 x その他和食 > 帯広市街 x その他和食

帯広市街 x その他和食

帯広市街のおすすめのその他和食スポット

帯広市街のおすすめのその他和食スポットをご紹介します。行列してでも食べたい豚丼発祥の店「元祖豚丼のぱんちょう」、一枚一枚丁寧に手切りされた肉と手作りのタレが自慢「ぶた丼のとん田」、半世紀以上変わらぬ味の黒豚丼「味処 新橋」など情報満載。

帯広市街のおすすめのその他和食スポット

  • スポット:7 件
  • 記事:2 件

1~20 件を表示 / 全 7 件

元祖豚丼のぱんちょう

行列してでも食べたい豚丼発祥の店

昭和8(1933)年に先代が考案した豚丼。炭火でじっくり焼き上げられた道内産の豚のロース肉は甘辛いタレが合い、柔らかく仕上げられている。テイクアウトも可能だ。

元祖豚丼のぱんちょう
元祖豚丼のぱんちょう

元祖豚丼のぱんちょう

住所
北海道帯広市西一条南11丁目19
交通
JR根室本線帯広駅からすぐ
料金
豚丼=930円(松)・1030円(竹)・1130円(梅)・1330円(華)/

ぶた丼のとん田

一枚一枚丁寧に手切りされた肉と手作りのタレが自慢

豚丼といえば通常、ロース肉だが、ここはバラ、ヒレ、ロースから選べる。特に人気なのはバラぶた丼。脂肪分が多いように見えるが、意外と脂っこすぎない。

ぶた丼のとん田

ぶた丼のとん田

住所
北海道帯広市東十条南17丁目2
交通
JR根室本線帯広駅からタクシーで13分
料金
バラ・ロース・ヒレ各ぶた丼=780円/ロース・バラ盛合わせぶた丼=880円/

味処 新橋

半世紀以上変わらぬ味の黒豚丼

昭和元(1926)年創業の歴史がある老舗の味処で、自慢は地元人気ナンバーワンの豚丼。柔らかい豚肉に、60年間使い込まれた特製の醤油ダレをていねいになじませた絶品だ。

味処 新橋
味処 新橋

味処 新橋

住所
北海道帯広市西二条南4丁目東仲通
交通
JR根室本線帯広駅から徒歩15分
料金
豚丼=700円/豚丼肉盛=900円/スペシャル=1500円・2000円/天丼=700円/えび天丼=900円/定食弁当=1000円~/味噌汁=100円(とうふ汁)・150円(ナメコ汁・ワカメ汁)・200円(けんちん汁)/

ぶたいち 帯広本店

肉屋ならではの上質な豚肉すべての素材にこだわった一杯

食肉加工卸会社が直営する豚丼専門店。独自の配合で作った特製タレに漬け込んだ肉を真空で低温熟成し、炭火で焼くことでジューシーで柔らかい肉が味わえる。豚丼を3分の1くらい残して出し汁で食べるお茶漬けも人気。

ぶたいち 帯広本店

住所
北海道帯広市西八条南11丁目1-2
交通
JR根室本線帯広駅から十勝バス十勝バス本社行きで7分、西7条9丁目下車、徒歩3分
料金
特上ロース豚丼=1140円(テイクアウト)・1200円(店内)/

ぶた八

秘伝のタレと炭火で焼き上げた豚肉

炭焼き豚丼の専門店。炭火で焼いた道内産のロース肉は脂が落ちて柔らかく、タレは、つけダレ・かけダレの2種類を使用。店が広いので子連れでも安心。

ぶた八

住所
北海道帯広市東二条南7丁目1-2ホテルサンパーク 1階
交通
JR根室本線帯広駅から徒歩10分

すきやきの松伊

リーズナブルに十勝牛と松坂牛の2種のすきやきを楽しめる

店構えからは高級店のような印象を受けるが、実際はリーズナブルな値段ですきやきを楽しめる。すきやきは十勝牛と松阪牛の2種がある。メニューにはすべて季節のフルーツがつく。

すきやきの松伊

住所
北海道帯広市西五条南3丁目18
交通
JR根室本線帯広駅から十勝バス本社行きで9分、西5条1丁目下車、徒歩5分
料金
すきやき=2052円/しゃぶしゃぶ=2052円/石焼=2700円~/寿司上生(9貫)=1404円/

豚丼のぶたはげ

こだわりの道内産肉、コシヒカリ、秘伝のタレがそろった丼は絶品

もとは老舗の天ぷら屋だが、戦前から始めた豚丼のあまりの人気ぶりに豚丼専門の支店が登場。こだわりの道内産の肉、コシヒカリ、秘伝のタレと3拍子そろった丼は絶品。

豚丼のぶたはげ
豚丼のぶたはげ

豚丼のぶたはげ

住所
北海道帯広市西二条南12丁目JR帯広駅エスタ西館 1階
交通
JR根室本線帯広駅構内
料金
豚丼=920~1200円/おみやげ豚丼セット=1630円/豚丼のたれ=550円・830円/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください