トップ > 全国 > 北海道 > 知床・阿寒・釧路・稚内 > 十勝・帯広 > 然別湖・糠平湖

然別湖・糠平湖

然別湖・糠平湖のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した然別湖・糠平湖のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。パークゴルフ場や足湯もあって設備充実「道の駅 しほろ温泉」、糠平ダムによってできた人造湖「糠平湖」、十勝の自然を遊びつくす「TAC とかちアドベンチャークラブ」など情報満載。

然別湖・糠平湖のおすすめのスポット

  • スポット:116 件
  • 記事:7 件

61~80 件を表示 / 全 116 件

然別湖・糠平湖の魅力・見どころ

原生林の緑が美しい2つの湖が見どころ

然別湖は標高810メートルの高所にある原生林に囲まれた湖で、天然記念物ミヤベイワナが棲むことでも知られる。冬には結氷し、氷上で行われるイベントが人気を集める。糠平湖は音更川をせき止めた人造湖で、湖面に浮かぶ廃線になった旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋梁群が絶景ポイント。両湖とも湖岸に温泉が湧く。エリアの入口となる新得はそばの産地で、夏には白いそばの花が満開になる。

然別湖・糠平湖のおすすめスポット

道の駅 しほろ温泉

パークゴルフ場や足湯もあって設備充実

パークゴルフ場や足湯が楽しめる。併設の立ち寄り湯では純植物性の天然温泉が楽しめる。レストランでは地元のしほろ牛を使用したメニューを用意。宿泊施設もある。

道の駅 しほろ温泉

道の駅 しほろ温泉

住所
北海道河東郡士幌町下居辺西2線134プラザ緑風
交通
道東自動車道音更帯広ICから国道241号、道道134号を本別町方面へ車で約40km
料金
入浴料=500円/

糠平湖

糠平ダムによってできた人造湖

水かさが減る1月頃から凍結した湖面に姿を現すタウシュベツ川橋梁。季節や湖の水位によって、さまざまな表情が見られる。間近で見るにはガイドツアーに参加しよう。

糠平湖
糠平湖

糠平湖

住所
北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷
交通
JR根室本線帯広駅から十勝バスぬかびらスキー場前行きで1時間40分、終点下車、徒歩10分
料金
情報なし

TAC とかちアドベンチャークラブ

十勝の自然を遊びつくす

十勝川や屈足湖でアウトドアを予約制で体験できる施設。特殊ゴムボートで川の激流を下っていく「ラフティング」、湖で風景を楽しみながら漕ぐ「カヌー」など、いろんなタイプの遊びができる。

TAC とかちアドベンチャークラブ
TAC とかちアドベンチャークラブ

TAC とかちアドベンチャークラブ

住所
北海道上川郡新得町屈足539-21
交通
JR根室本線新得駅からタクシーで15分(新得駅から送迎あり、予約制)
料金
十勝川ラフティング&カヌー=大人5400円~、小学生4300円~/十勝川ラフティング=大人4300円~、小学生3300円~/スプラッシュ・クルージング=大人4800円~、小学生3900円~/スノーシューダウンヒル=4320円~/エア・ボード(1人)=5500円~/

ひがし大雪自然ガイドセンター

糠平湖周辺でさまざまなツアーを実施

大雪山国立公園で自然体験活動を提供するアウトドアツアーオフィス。看板体験メニューの旧国鉄士幌線アーチ橋ツアーは、専門ガイドによる解説付きで案内してくれる。

ひがし大雪自然ガイドセンター
ひがし大雪自然ガイドセンター

ひがし大雪自然ガイドセンター

住所
北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷北区44-3糠平温泉文化ホール
交通
JR根室本線帯広駅から十勝バスぬかびらスキー場前行きで1時間40分、ぬかびら中央公園前下車すぐ
料金
旧国鉄士幌線アーチ橋ツアー=3150円(1名の参加でほかに参加者がいない場合は4000円)/

幌加温泉

糠平湖の先の秘境にある温泉

糠平湖から三国峠を目指す国道から脇道へ入ったところにある秘境の温泉。温泉浴と森林浴を心ゆくまで満喫したら、付近で採れた山菜を中心とした手作りの料理に舌鼓を。

幌加温泉
幌加温泉

幌加温泉

住所
北海道河東郡上士幌町幌加
交通
JR根室本線帯広駅から十勝バスぬかびらスキー場前行きで1時間40分、十勝ぬかびら営業所下車、タクシーで20分
料金
情報なし

扇ヶ原展望台

十勝平野が扇形に見える

然別湖へ向かう途中の道沿いにある展望台。扇のように広がる十勝平野や日高山脈を一望でき、よく晴れた日には太平洋が見られることもある。

扇ヶ原展望台

扇ヶ原展望台

住所
北海道河東郡鹿追町北瓜幕
交通
JR根室本線帯広駅から拓殖バス然別湖畔行きで1時間36分、扇ヶ原展望台下車すぐ
料金
情報なし

然別峡かんの温泉

大雪の深山の秘湯

大雪山国立公園然別峡にある秘湯。自噴源泉100%かけ流し、13の源泉から11の湯船へとかけ流しで供給される温泉を男女別日替わりで楽しむことができる。

然別峡かんの温泉

住所
北海道河東郡鹿追町然別峡国有林145林班
交通
JR根室本線帯広駅からタクシーで1時間30分

然別湖

大雪山国立公園唯一の自然湖

標高約800mという道内では最も高い位置にあり、「天空の湖」とも呼ばれる。原始林が残る山々に囲まれ、ミヤベイワナ(オショロコマ)の生息地ともなっている。湖畔にある温泉も人気。

然別湖
然別湖

然別湖

住所
北海道河東郡鹿追町然別湖畔
交通
JR根室本線新得駅から拓殖バス帯広駅バスターミナル行きで30分、鹿追営業所で拓殖バス然別湖行きに乗り換えて40分、終点下車すぐ
料金
見学料=無料/然別湖遊覧船(5月中旬~10月下旬、7:00~16:00)=大人(中学生以上)1100円、小人550円/

然別峡野営場 鹿の湯

大自然に囲まれた大雪山系の秘湯

無料の露天風呂として人気の高い温泉。ユーヤンベツ川の河床から湯が湧き出している。湯は薄い乳白色。川の流れによっては水没することもある深山幽谷の秘湯だ。

然別峡野営場 鹿の湯
然別峡野営場 鹿の湯

然別峡野営場 鹿の湯

住所
北海道河東郡鹿追町然別峡
交通
JR根室本線帯広駅からタクシーで1時間30分
料金
無料

山の旅籠 山湖荘

洞窟風呂と囲炉裏の宿

テーマパークのアトラクションを手がける専門家の設計による地下の洞窟風呂、囲炉裏を囲んで食べることができる山賊料理が自慢。全客室に囲炉裏が設置されている。

山の旅籠 山湖荘

山の旅籠 山湖荘

住所
北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷
交通
JR根室本線帯広駅から十勝バスぬかびらスキー場前行きで1時間40分、十勝ぬかびら営業所下車すぐ
料金
1泊2食付=7020~12960円/外来入浴(15:00~20:00)=500円/

上士幌町鉄道資料館

SLの車輪などを展示、夏期には敷地内で観光トロッコの運行も

旧国鉄士幌線は昭和14(1939)~昭和62(1987)年にあった路線。館内では写真パネルや保線用具、備品類、当時駅員が着ていた制服などを展示している。

上士幌町鉄道資料館
上士幌町鉄道資料館

上士幌町鉄道資料館

住所
北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷
交通
JR根室本線帯広駅から十勝バスぬかびらスキー場前行きで1時間40分、十勝ぬかびら営業所下車、徒歩10分
料金
100円

国民宿舎東大雪荘

トムラウシ山懐に佇む秘湯の一軒宿

手つかずの自然が残る秘境、東大雪。その中西部に位置するトムラウシ温泉の一軒宿。自然湧出する良質なお湯と、野趣あふれる絶景露天風呂が自慢。

国民宿舎東大雪荘

国民宿舎東大雪荘

住所
北海道上川郡新得町屈足トムラウシ
交通
JR根室本線新得駅からタクシーで1時間(7月中旬~8月中旬はJR根室本線新得駅から拓殖バストムラウシ温泉行きで1時間30分、終点下車すぐ)
料金
1泊2食付=9870~15270円/外来入浴(12:00~20:00)=500円/外来入浴食事付(11:30~20:00、宴会場利用、要予約<送迎は要相談>)=3500円~/

士幌高原

十勝平野が一望できる絶好のビュースポット

標高600mからの景色は晴れている日は遥か彼方に続く十勝平野の地平線を見ることができ、夜には無数に瞬く星を見ることができる。

士幌高原

住所
北海道河東郡士幌町上音更21-173
交通
道東自動車道音更帯広ICから国道241・274号、道道661号を士幌高原方面へ車で45km
料金
無料

狩勝高原キャンプ場

設備はトイレと炊事場と最低限だが、無料で利用できる

サホロリゾートの一角にある無料のキャンプ場。設備はトイレと炊事場など最低限だが、リゾートエリアの中にありアクティビティが豊富に揃う。利用の際は隣接の新得町総合体育館で受付。

狩勝高原キャンプ場
狩勝高原キャンプ場

狩勝高原キャンプ場

住所
北海道上川郡新得町新内狩勝高原
交通
道東自動車道十勝清水ICから国道274号を清水市街へ進み、国道38号へ左折し新得町へ。新得市街を経由して狩勝高原へ進み、サホロリゾート内に現地。十勝清水ICから24km
料金
サイト使用料=無料/

糠平舘観光ホテル

大自然に囲まれた源泉掛け流しの宿

樹齢50年以上の自然林の中にたたずむ露天風呂は、なるべく周囲の木を切らないよう配慮して造られたもの。新緑や紅葉、雪景色が楽しめる。食事は旬を生かした海鮮料理。

糠平舘観光ホテル
糠平舘観光ホテル

糠平舘観光ホテル

住所
北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷北区48-1
交通
JR根室本線帯広駅から十勝バスぬかびらスキー場前行きで1時間40分、ぬかびら中央公園前下車すぐ
料金
1泊2食付=9180~14580円/外来入浴(11:30~20:00)=1000円/ (入湯税別)

士幌高原ヌプカの里

緑の高原から眺望を楽しもう

十勝平野を見下ろす雄大なロケーションのフリーサイトが心地よい。キャンプ場利用者は16時までロッジヌプカのシャワーが利用できる。別荘感覚で楽しめるコテージも人気。

士幌高原ヌプカの里
士幌高原ヌプカの里

士幌高原ヌプカの里

住所
北海道河東郡士幌町上音更21-173
交通
道東自動車道音更帯広ICから国道241号で士幌町へ。協進交差点で国道274号へ左折し、士幌新橋を渡り、道道661号へ右折して士幌高原に進み現地へ。音更帯広ICから45km
料金
サイト使用料=テント専用1区画1張り500円/宿泊施設=コテージ8000円、別途1人1000円(GW、7・8月は1500円)/

日勝峠

日勝道路上の峠。日高山脈を打ち抜いて日勝トンネルが貫通する

日高町と清水町を最短距離で結ぶ日勝道路上の峠。標高1023mの地点で、日高山脈を580m打ち抜いて日勝トンネルが貫通している。頂上付近から、大雪、阿寒の山々を望める。

日勝峠
日勝峠

日勝峠

住所
北海道上川郡清水町日勝峠
交通
道東自動車道十勝清水ICから国道274号を日高方面へ車で17km
料金
情報なし

ジャンルで絞り込む