トップ > 全国 x 植物園 > 北海道 x 植物園 > 札幌・函館・旭川 x 植物園

札幌・函館・旭川 x 植物園

札幌・函館・旭川のおすすめの植物園スポット

札幌・函館・旭川のおすすめの植物園スポットをご紹介します。南国の珍しい植物が見られる「函館市 熱帯植物園」、気軽に高山植物の花々を見るなら「勇駒別 高山植物園」、道内最大級の鮮やかなユリ園「オーンズ春香山ゆり園」など情報満載。

札幌・函館・旭川のおすすめの植物園スポット

  • スポット:3 件
  • 記事:4 件

1~20 件を表示 / 全 3 件

函館市 熱帯植物園

南国の珍しい植物が見られる

源泉を利用した熱帯植物園。多角形の園内の温室では熱帯性植物約300種、3000本を栽培。屋外では12月からGWまで、さる山で温泉に入る猿の姿が見られる。足湯もある。

函館市 熱帯植物園
函館市 熱帯植物園

函館市 熱帯植物園

住所
北海道函館市湯川町3丁目1-15
交通
JR函館本線函館駅から函館バス日吉営業所行きで20分、熱帯植物園前下車すぐ
料金
大人300円、小・中学生100円 (市内在住または在学の小・中学生、小学校就学前の幼児等は無料、団体20名以上は大人240円、小・中学生80円、障がい者手帳持参で市内在住の障がい者は入園無料、市内在住の65歳以上は証明書持参で半額)

勇駒別 高山植物園

気軽に高山植物の花々を見るなら

旭岳ロープウェイ駅から少し下ったところに位置し、キバナシャクナゲや、エゾノツガザクラなどをはじめとした、大雪山系で見られる約50種類の高山植物を鑑賞できる。開花は山頂より1ヶ月ほど早いという。

勇駒別 高山植物園

住所
北海道上川郡東川町勇駒別
交通
JR函館本線旭川駅から旭川電気軌道旭岳行きバスで1時間25分、終点下車、徒歩5分
料金
情報なし

オーンズ春香山ゆり園

道内最大級の鮮やかなユリ園

スキー場の斜面に、約50種、31.5万球、213万輪のユリが咲き誇る。全長830mのリフト(有料)から、石狩湾と空、ユリ畑のコラボレーションを満喫できる。

オーンズ春香山ゆり園
オーンズ春香山ゆり園

オーンズ春香山ゆり園

住所
北海道小樽市春香町357
交通
JR札幌駅からJR北海道バス小樽行きで1時間10分、春香下車、徒歩10分
料金
入園料=大人(中学生以上)400円、小人(4歳~小学生)無料/リフト(上り)=大人500円、小人300円/リフト(下り)=大人500円、小人300円/リフト(往復)=大人800円、小人400円/ (障がい者手帳・療育手帳持参で本人と介護者1名入園料200円)

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください