トップ > 全国 > 北海道 > 札幌・函館・旭川 > 札幌・小樽 > 札幌 > 円山・藻岩山

円山・藻岩山

円山・藻岩山のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した円山・藻岩山のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。標高531mから堪能する札幌市街の大パノラマ「もいわ山山頂展望台」、動物たちが雪で遊ぶ北国の動物園「札幌市円山動物園」、原生林や動物園に隣接する神社「北海道神宮」など情報満載。

円山・藻岩山のおすすめのスポット

  • スポット:83 件
  • 記事:20 件

円山・藻岩山の新着記事

【札幌グルメ】北海道ブランド肉&ジビエ料理が味わえる店!

牛をはじめとした北海道のブランド肉や、鹿肉やキジなどのジビエ料理が味わえる店もめじろ押し。

【札幌】かわいい北国雑貨が買えるお店をチェック!

北海道らしさが詰まった雑貨店の小物たち。手に取って、そのこだわりを感じてみて。

札幌で寿司のおすすめ店 旬のネタを存分に堪能しよう

札幌グルメで人気のお寿司。すべてが洗練された高級店から気さくな庶民派まで、実力派の寿司店が勢ぞろい!回転寿司もハイクオリティかつコスパ◎で観光客から大人気です。積丹や利尻で獲れるウニや、道東沖で獲れる...

札幌【大倉山ジャンプ競技場】ジャンプ台の頂上に登ろう!

昭和47(1972)年の冬季オリンピック札幌大会で90m級ジャンプが行なわれ、今も現役のシャンツェとして使われている。世界に誇るジャンプ競技の聖地で、ウインタースポーツに親しもう!

札幌でお寿司を食べるならこのお店!新鮮ネタをとことん味わおう

札幌で食べたいランキング上位の「お寿司」。とろける旬の味を求めて、多くの観光客や地元客でにぎわいます。いくら、ウニ、キングサーモン、サンマ、真ダチ(マダラの白子)など、日本海やオホーツク海で獲れる旬の...

動物との距離の距離が近い! 札幌・円山動物園へ遊びに行こう

昭和26(1951)年の開園以来、札幌市民から愛される動物園。工夫を凝らした展示施設が続々とオープンし、いつ行っても新たな発見ができます。なかでも、ホッキョクグマ館とゾウ舎は必見。動物との距離の近さに...

【北海道】札幌ラーメンを食べるならここ! 味噌・醤油・塩の味ごとに人気店を厳選紹介

札幌は、王道の味を守り続ける老舗やこだわりを追求した個性派がひしめく激戦区です。定番は味噌味ですが、醤油や塩味のお店も数多くあります。今回は「おすすめのラーメン店ってどこ?」と聞かれたら必ず名前があが...

札幌【北海道神宮】天然林に抱かれたパワースポット!

開拓の守護神を祀る北海道神宮。円山公園の中にあり、春は桜の名所としても有名。緑に囲まれた境内をのんびりと散策しよう。

【札幌グルメ】フレンチ&イタリアン!旬の食材が楽しめる!

北海道産の食材にこだわり、美食街・札幌で、「北海道フレンチ」、「北海道イタリアン」を定着させた人気店の味を召し上がれ。

札幌の喫茶店&カフェで自家焙煎コーヒーを!こだわりの一杯に出会う

おいしいコーヒーが飲めるお店が多いのは、知られざる札幌の魅力のひとつです。昔ながらの喫茶店からリノベーションカフェなどのおしゃれなカフェまで、個性豊かなお店が点在するので、街歩きの途中にぜひ立ち寄って...
もっと見る

1~20 件を表示 / 全 83 件

円山・藻岩山の魅力・見どころ

都会近くに残る豊かな自然と、夜景を眺めるベストスポット

札幌駅の南西部に位置する円山・藻岩山エリアは、街の中心部に近いながらも豊かな自然が残るところ。円山の北側に広がる「円山公園」には原始林が手付かずで残る。園内にはホッキョクグマの飼育で知られる「円山動物園」や桜の名所である「北海道神宮」がある。円山公園の西側には、札幌オリンピックで90メートル級ジャンプの会場となった「大倉山ジャンプ競技場」があり、実際にリフトで山頂まで行くことができる。藻岩山は札幌の夜景を望める絶景スポットだ。

円山・藻岩山のおすすめスポット

もいわ山山頂展望台

標高531mから堪能する札幌市街の大パノラマ

北海道三大夜景のひとつ。標高531メートルの展望台からは、札幌の街並みと石狩平野の広がりが一望できる。山頂へはロープウェイともーりすカーを乗り継いで登り、空中散歩気分を味わおう。

もいわ山山頂展望台
もいわ山山頂展望台

もいわ山山頂展望台

住所
北海道札幌市南区北の沢1956
交通
地下鉄大通駅から市電内回りで20分、ロープウェイ入口下車、徒歩10分(無料シャトルバスあり)
料金
ロープウェイ+もーりすカー(往復)=大人1800円、小人900円/観光自動車道(一般車)=1200円/ (観光自動車道はクレジットカード使用不可)

札幌市円山動物園

動物たちが雪で遊ぶ北国の動物園

昭和26(1951)年の開園以来札幌市民に愛され続けてきた動物園。現在は約170種・900点もの動物が飼育されているほか、新施設も登場し、より動物を身近に感じられる。

札幌市円山動物園
札幌市円山動物園

札幌市円山動物園

住所
北海道札幌市中央区宮ケ丘3-1
交通
地下鉄円山公園駅から徒歩15分
料金
入園料=大人(高校生以上)800円、高校生400円、中学生以下無料/年間パスポート=2000円/ (30名以上の団体は720円、身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、戦傷病者手帳の原本持参で無料、札幌在住の70歳以上は証明書の原本持参で無料、高校生は証明書提示で半額)

北海道神宮

原生林や動物園に隣接する神社

樹齢100年を超えるハルニレやカツラなどが茂る境内は散策におすすめ。春は梅と桜が同時に咲く名所でもある。6月の「札幌まつり」は札幌最大のお祭り。

北海道神宮
北海道神宮

北海道神宮

住所
北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
交通
地下鉄円山公園駅から徒歩15分
料金
無料

トリトン円山店

行列必至の道産の新鮮魚介をお手頃に

函館の真イカや根室のサンマなど道産の魚介を中心に、旬のネタが豊富。休日は行列必至で、平日は14:00~17:00が狙い目。

トリトン円山店
トリトン円山店

トリトン円山店

住所
北海道札幌市中央区北四条西23丁目2-17
交通
地下鉄西28丁目駅から徒歩7分
料金
大トロサーモン=260円/でっかいぼたんえび=573円/

大倉山ジャンプ競技場

札幌の中心部を見渡す展望名所

昭和47(1972)年、冬季オリンピック札幌大会の90m級ジャンプ(現ラージヒル)が行われた競技場。毎年、世界の強豪ジャンパーが集い、大倉山の空に華麗な放物線を描くジャンプ競技の聖地だ。

大倉山ジャンプ競技場
大倉山ジャンプ競技場

大倉山ジャンプ競技場

住所
北海道札幌市中央区宮の森1274
交通
地下鉄円山公園駅からJR北海道バスくらまる号円山動物園方面行きで15分、大倉山ジャンプ競技場下車すぐ
料金
リフト(往復)=大人1000円、小人500円、幼児無料/リフトとミュージアムのセット券=1200円/

森彦

古時計が時を刻む空間で自家焙煎豆のコーヒーを味わう

築約70年の小さな木造民家を利用した人気のカフェで、住宅街の路地を入った静かな場所にある。ネルドリップで一杯ずつていねいに淹れた香り高いコーヒーは、深煎りで北国らしい味わい。木造民家がもつあたたかさを感じる空間でゆったりと過ごして。

森彦
森彦

森彦

住所
北海道札幌市中央区南二条西26丁目2-18
交通
地下鉄円山公園駅から徒歩5分
料金
森彦本店限定ブレンド森の雫=748円/季節のタルト=528円/

六花亭 神宮茶屋店

六花亭が運営する風情ある茶屋でひと休み

北海道の老舗菓子店、六花亭の運営。「判官さま」は、熱々の焼きたてが味わえる神宮茶屋店限定の名物メニュー。お茶の無料サービスもあり、のんびりとひと休むことができる。

六花亭 神宮茶屋店

六花亭 神宮茶屋店

住所
北海道札幌市中央区宮ヶ丘474北海道神宮境内
交通
地下鉄円山公園駅から徒歩15分
料金
判官さま(1個)=100円/ほうじたて(1袋)=540円/

札幌オリンピックミュージアム

大倉山ジャンプ競技場の疑似体験可能なウインタースポーツ博物館

札幌冬季オリンピックや90m級ジャンプが開催された大倉山ジャンプ競技場内にある、ウィンタースポーツの博物館。スキージャンプの擬似体験が可能な「スキージャンプ大倉山」を楽しめる。

札幌オリンピックミュージアム

札幌オリンピックミュージアム

住所
北海道札幌市中央区宮の森1274
交通
地下鉄円山公園駅からJR北海道バス宮の森シャンツェ行きで10分、大倉山競技場入口下車、徒歩10分
料金
大人600円、中学生以下無料 (65歳以上450円、65歳以上は年齢が確認できるものを持参の場合のみ割引)

宮の森フランセスイルミネーション

ガーデンが幻想的な光に包まれる

恋人たちの聖地として知られ、国内最大級の礼拝堂を持つ「宮の森フランセス教会」。冬はガーデンが1万球ほどの光で電飾され、幻想的な雰囲気に。レストランでディナーを楽しみながら、ふたりだけの特別な時間を過ごしてみては。イルミネーションだけを見に訪れるのも可能だ。

宮の森フランセスイルミネーション

住所
北海道札幌市中央区宮の森三条10丁目3-25
交通
地下鉄西28丁目駅から徒歩15分
料金
無料

藻岩山

山頂は夜景をみる絶好ポイント。山頂展望台では食事もできる

山頂からは札幌市街はもとより石狩湾や石狩平野が一望でき、夜景を見る絶好のポイントとして有名。ロープウェイとミニケーブルカーや、自然学習歩道で気軽に自然に親しめ、山頂展望台ではレストランで食事も可能。

藻岩山
藻岩山

藻岩山

住所
北海道札幌市南区藻岩山
交通
地下鉄大通駅から市電内回りで22分、ロープウェイ入口下車、徒歩8分(無料シャトルバスあり)
料金
ロープウェイ+ミニケーブルカー(往復)=大人2100円、小人1050円/

円山茶寮

使い込まれた家具に囲まれオリジナルの甘味ににっこり

古い民家を利用した静かな喫茶店。ストロベリーのアイスとソースを使った、いちごぜんざいなどがおすすめ。夜も営業しているので、仕事帰りなどの利用にも最適。

円山茶寮
円山茶寮

円山茶寮

住所
北海道札幌市中央区北四条西27丁目1-32
交通
地下鉄西28丁目駅から徒歩3分
料金
いちごぜんざい=980円/抹茶ぜんざい=1100円/ブレンドコーヒー=580円/ティータイムセット=860円/

凡の風

進化し続けるニュー札幌ラーメン

人気の塩ラーメンは、透明な琥珀色のスープの豊かな香りと繊細で上品な味が特徴。開店から少しずつ改良を重ね、現在は「かん水」を少なくし、麺を大幅に変えたという。

凡の風
凡の風

凡の風

住所
北海道札幌市中央区南八条西15丁目1-1ブランノワールAMJ815 1階
交通
地下鉄西18丁目駅から市電内回りで5分、西線9条旭山公園通下車すぐ
料金
中華そば(純鶏出汁醤油)=750円/中華そば(鶏と魚出汁の塩)=750円/塩=750円/

札幌もいわ山ロープウェイ

もーりすカーに注目

ロープウェイともーりすカー(ミニケーブルカー)を乗り継ぎ15分ほどで山頂へ。日本新三大夜景にも選ばれた、宝石を散りばめたような札幌の夜景を楽しめる。展望台では石狩湾や恵庭岳までを一望できる。

札幌もいわ山ロープウェイ
札幌もいわ山ロープウェイ

札幌もいわ山ロープウェイ

住所
北海道札幌市中央区伏見5丁目3-7
交通
地下鉄西18丁目駅から市電内回りで12分、ロープウェイ入口で無料シャトルバスに乗り換えて5分、終点下車すぐ
料金
ロープウェイ+もーりすカー(ミニケーブルカー)往復=大人1800円、小人900円/

すし善 本店

一度は訪れたい名店中の名店。メインの雪カウンターで味わいたい

総檜造りの店内にコンセプトの異なる3つのカウンターを備え、貸切制の「はなれ」をしつらえる。素材の吟味にも心を配り、「その日一番のネタを心を込めて握ります」と店長の大金さん。

すし善 本店
すし善 本店

すし善 本店

住所
北海道札幌市中央区北一条西27丁目
交通
地下鉄円山公園駅から徒歩3分
料金
おまかせ寿司=3564円~(10貫・昼)・8640円~(12貫・夜)/板前コース=16200円/善コース=21600円/ (サービス料金10%別途)

Presse

北欧雑貨に囲まれて

「日常の生活にストーリーを」というテーマのもと、オーナーみずからが北欧ヨーロッパで買い付けたセンスのよいアイテムが並ぶ。ヨーロッパの陶器やガラスなどのヴィンテージテーブルウエアのほか、毛糸や衣料品、インテリア雑貨などがそろう。

Presse
Presse

Presse

住所
北海道札幌市中央区南三条西26丁目2-24もみの木SO 2階
交通
地下鉄円山公園駅から徒歩4分
料金
白樺のキャニスター=3800円/「ISAGER」の毛糸=1382円(1個)/「kauniste」のトートバッグ=3456円/

円山坂下 宮越屋珈琲 本店

店内焙煎機によって、焼き上げられた上質な珈琲を楽しめる

市内に約15店舗を展開する宮越屋珈琲の本店。幅広い客層に愛されるコーヒーは丁寧に焙煎されて、自社工場から各店に送り出されている。

円山坂下 宮越屋珈琲 本店

円山坂下 宮越屋珈琲 本店

住所
北海道札幌市中央区南二条西28丁目
交通
地下鉄円山公園駅から徒歩5分
料金
自家製ケーキセット=972円/ブレンドコーヒー=各594円/

旭山記念公園

円山と藻岩山の間にある丘陵公園。展望台や「学びの森」もある

円山と藻岩山の間にはさまれてある丘陵公園。札幌の景観を間近に眺められる。展望台を石段で下りたところには噴水広場や北海道の樹木を集めた「学びの森」がある。

旭山記念公園
旭山記念公園

旭山記念公園

住所
北海道札幌市中央区界川4丁目
交通
地下鉄円山公園駅からJR北海道バス旭山公園行きで13分、終点下車、徒歩5分
料金
情報なし

幌見峠展望駐車場「夢工房さとう」

ラベンダーと夜景がきれいな隠れた名所

7月上旬から8月上旬には、高台一面に紫のラベンダーが美しく風景を彩る。展望駐車場からは車の中から宝石をちりばめたような札幌の町が望める。

幌見峠展望駐車場「夢工房さとう」

住所
北海道札幌市中央区盤渓471-110
交通
地下鉄円山公園駅からタクシーで10分
料金
入場料=は300円(10:00~18:00)、500円(18:00~翌1:30)/

RITARU COFFEE

日常にコーヒーのある癒しの時間を提案

店の象徴でもある木の年輪のイメージは、年月をかけて形成される年輪と同様に、珈琲もさまざまな人たちの手が加えられてその一杯が生まれることを表現している。コーヒーの味わいを楽しむことはもちろん、その時間を楽しむことをテーマとした、洗練され落ち着いた雰囲気の店内は通いたくなるほど。こだわりの自家焙煎コーヒーのほか、スイーツやフードメニューも豊富。モーニングセットも人気だ。

RITARU COFFEE
RITARU COFFEE

RITARU COFFEE

住所
北海道札幌市中央区北三条西26丁目3-8
交通
地下鉄西28丁目駅から徒歩3分
料金
季節のブレンド=650円/円山ブレンド=600円/燻製珈琲=720円/チーズケーキセット=950円/季節のパスタセット=1550円/

ジャンルで絞り込む