トップ > 全国 > 北海道 > 札幌・函館・旭川 > 札幌・小樽 > 札幌 > 琴似

琴似

琴似のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した琴似のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。社長の名前にちなんだトロ、アワビが入る寛ちゃんちらしが名物「鮨処 あつ賀」、無色透明の冷鉱泉はやけどの治癒に効果があると好評「笑福の湯」、まっ黒なスープが特徴のラーメン。夢中になる味わい「爐」など情報満載。

琴似のおすすめのスポット

  • スポット:51 件
  • 記事:6 件

琴似の新着記事

41~60 件を表示 / 全 51 件

琴似の魅力・見どころ

開拓時代の面影を残しつつ札幌第2の繁華街へと発展中

開拓時代の屯田兵の家や昔ながらの市場などが残る一方、JRや地下鉄東西線で札幌都心部と結ばれ、アクセスの良さから都市化が進んでいる琴似。さまざまな飲食店が集まり、すすきのに次ぐ繁華街として注目されている。桑園駅の近くには道内最大の「札幌市中央卸売市場」があり、場外市場で食べられる新鮮な海鮮丼が人気を集めている。「札幌競馬場」もこの近くにあり、夏期に競馬が開催される。

琴似のおすすめスポット

鮨処 あつ賀

社長の名前にちなんだトロ、アワビが入る寛ちゃんちらしが名物

自称“北海道で2番目にうまい寿司屋”。1番目はどこと聞くと「それは客が決めること」だと高元社長。名物は社長の名前にちなんだ寛ちゃんちらし。トロ、アワビなどが入る。

鮨処 あつ賀

鮨処 あつ賀

住所
北海道札幌市西区琴似三条4丁目
交通
地下鉄琴似駅から徒歩5分
料金
寛ちゃんちらし=1700円(銅)・2200円(銀)・2700円(金)/生寿司特選=3000円/ (コース応相談)

笑福の湯

無色透明の冷鉱泉はやけどの治癒に効果があると好評

昔ながらのレトロな雰囲気に薪で沸かした熱めの湯で芯まで温まる。冷鉱泉シャワーは地下からのくみ上げ水で、肌がきりりと引き締まる。

笑福の湯

住所
北海道札幌市西区西野四条4丁目2-15
交通
地下鉄琴似駅からJR北海道バス山の手橋経由地下鉄宮の沢駅前行きで10分、西野3条4丁目下車、徒歩3分
料金
入浴料=大人440円、小人140円、幼児70円/

まっ黒なスープが特徴のラーメン。夢中になる味わい

まっ黒なスープが特徴のラーメン。はじめて見ると驚く色だが、これは無精製ラードを強火で焼いたときに出る色。独特のコクと香ばしさは夢中になる味わい。

住所
北海道札幌市西区発寒三条5丁目3-11クリスタルコーポ 102号
交通
地下鉄発寒南駅から徒歩5分
料金
らーめん(各種)=720円/バターらーめん=790円/スペシャルらーめん=1030円/

洋菓子の店 モンレーブ

昔ながらの濃厚な味わいと安さが魅力の老舗洋菓子店

昭和47(1972)年創業。ショーケースに並ぶケーキや焼き菓子は40種類以上。昔ながらの製法を守り続け、素材の味を生かして、一個一個しっかりと味をつけているのが特徴だ。

洋菓子の店 モンレーブ

洋菓子の店 モンレーブ

住所
北海道札幌市北区北二十四条西4丁目1-21
交通
地下鉄北24条駅からすぐ
料金
ザッファトルテ=290円/バターロール=210円/ベークドチーズ=320円/イートインコーヒーセット=600円/

ペニーレーン24

ドリンクブースがありライブパーティーなどにも利用できる

ドリンクブースがあり、ライブパーティなどにも利用できる。アマチュアコンサート、アート、演劇など、各種イベントに対応できるホールだ。

ペニーレーン24
ペニーレーン24

ペニーレーン24

住所
北海道札幌市西区二十四軒四条5丁目W’Sビル
交通
地下鉄琴似駅からすぐ
料金
イベントにより異なる

pudding maruyama

北海道産素材にこだわるやさしい味わいのプリン

オーナーがおいしいと感じた北海道産の食材を使った料理やデザートが楽しめる。特に店名にもあるプリンはこだわり抜かれ、「なめらか」、「しっかり」、「かっちり」と口どけが異なる3種類から選べる。

pudding maruyama

住所
北海道札幌市中央区北五条西24丁目3-5第55藤栄ビル 1階
交通
地下鉄西28丁目駅から徒歩8分

札幌らーめん 綺羅拉

気を配り育てた豚肉を使うチャーシューとスープのラーメンが人気

豚肉をはじめ、道産食材にこだわったチャーシューや麺を使用するラーメンが人気の店。肉汁たっぷりの手作りぎょうざもおすすめだ。

札幌らーめん 綺羅拉

住所
北海道札幌市西区二十四軒四条5丁目9-1
交通
地下鉄琴似駅からすぐ
料金
もち豚らーめん(みそ、正油、塩)=各780円/とりらーめん(正油、塩)=各680円/

宮の沢白い恋人サッカー場

コンサドーレ札幌の練習グランド。見学自由でレストランも併用

白い恋人パーク内にコンサドーレ札幌の練習グランドがある。見学は自由で、観客席は約3000人を収容する。コンサドーレ札幌オフィシャルショップやレストランが併設。

宮の沢白い恋人サッカー場
宮の沢白い恋人サッカー場

宮の沢白い恋人サッカー場

住所
北海道札幌市西区宮の沢二条3丁目
交通
地下鉄宮の沢駅から徒歩7分
料金
無料

天然温泉やすらぎの湯 北のたまゆら桑園

一面ガラス窓の浴室と露天風呂

健康・美肌に効果があるとされているブラックシリカの原石を浴室内に設置している。広々とした浴室でリラックスできる。

天然温泉やすらぎの湯 北のたまゆら桑園
天然温泉やすらぎの湯 北のたまゆら桑園

天然温泉やすらぎの湯 北のたまゆら桑園

住所
北海道札幌市中央区北十一条西16丁目
交通
JR函館本線桑園駅から徒歩3分
料金
入浴料=大人440円、小人140円、幼児無料/ (回数券あり)

白い恋人パーク お菓子作り体験工房

世界に1つだけの「白い恋人」が作れる

チョコレートファクトリー4階の「お菓子作り体験工房」では、約14cmのハート型の白い恋人が作れる「私の白い恋人」体験が人気。他にも様々な体験を実施している。

白い恋人パーク お菓子作り体験工房
白い恋人パーク お菓子作り体験工房

白い恋人パーク お菓子作り体験工房

住所
北海道札幌市西区宮の沢二条2丁目11-36白い恋人パーク チョコレートファクトリー4階
交通
地下鉄宮の沢駅から徒歩7分
料金
入館料=高校生以上600円、中学生以下200円、3歳以下無料/私の白い恋人体験料=972円/型抜きクッキー体験料=972円/お絵描きクッキー体験料=972円/

新琴似屯田兵中隊本部

バルーンフレーム構造の採用も注目。明治19(1886)年完成

九州地方の士族が入植してできた新琴似屯田兵村の本部として明治19(1886)年に完成。窓などに開拓使時代の洋風建築にはない手法がとられ、バルーンフレーム構造の採用も注目。

新琴似屯田兵中隊本部

新琴似屯田兵中隊本部

住所
北海道札幌市北区新琴似八条3丁目新琴似神社境内
交通
JR学園都市線新琴似駅から徒歩5分
料金
無料

ジャンルで絞り込む