トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 盛岡・八幡平 > 盛岡

盛岡

盛岡のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

盛岡のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。岩手のひっつみ、南部どり、じゃじゃ麺など情報満載。

盛岡のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:235 件
  • 記事:18 件

1~20 件を表示 / 全 13 件

岩手のひっつみ(いわてのひっつみ)

地元の野菜をふんだんに使った郷土料理

  • ご当地名物料理

旧南部藩地方で食べられてきた郷土料理。鶏肉、ゴボウやニンジンなど野菜をだしで煮て、水で練った小麦粉をひきちぎって入れる。引っ張って摘むという意味の方言「ひっつみ」が名前の由来。

南部どり(なんぶどり)

岩手の自然が育てた安心のブランド鶏

  • ご当地名物料理

三陸海岸と北上高地に囲まれた緑豊かな自然の中で育てられた、赤白混色のブランド鶏。抗生物質・合成抗菌剤を一切使わず育てられた安全な鶏肉で、旨みとこくのある身とジューシーな肉汁を味わえる。

じゃじゃ麺(じゃじゃめん)

盛岡三大麺の一つにあげられる名物

  • ご当地名物料理

「白龍」の初代店主が、終戦を機に日本に引き揚げた際、旧満州で戦中に食べた炸醤麺(じゃーじゃーめん)の味を再現しようと、盛岡の屋台で出したのが、じゃじゃ麺のルーツ。

じゃじゃ麺

わんこそば(わんこそば)

発祥ともいわれる岩手のわんこそばを体験

  • ご当地名物料理

岩手では古くから、宴会でそばをふるまう風習があり、一度に大勢の客に茹で立てのそばを出すために、少しずつ椀にもって出したのが始まりともいわれる。そば処ならではの味。

わんこそば

盛岡冷麺(もりおかれいめん)

言わずと知れた盛岡の代表的名物

  • ご当地名物料理

盛岡の焼き肉店の主人が、辛みのない平壌冷麺をベースに辛みのあるハムフン冷麺をミックスして、試行錯誤を重ねたのが盛岡冷麺の始まり。あっさりとした味とのどごしのよさが人気。

盛岡冷麺

三陸のホヤ(さんりくのほや)

苦みと甘みをあわせもつ「海のパイナップル」

  • 旬魚介

海のパイナップルと呼ばれ、独特の香りと苦み、甘みが伴っており、一度食べたら忘れられない珍味。6~7月頃がもっとも旬で、肉質も厚くなり甘みと旨みが増しておいしくなる。

三陸のホヤ

南部煎餅(なんぶせんべい)

南部藩を代表する素朴な風味のおやつ

  • おみやげ

南部藩で親しまれた南部煎餅は、カリッとしたミミと、ふんだんにゴマをまぶした淡白な塩味が特徴。近年では落花生が入ったものなど、甘い煎餅も作られている。

南部煎餅

南部駄菓子(なんぶだがし)

昔ながらの懐かしい味が楽しめる

  • おみやげ

米や豆、大豆など素朴な味わいの食材を使い、昔から伝わる製法で作る南部地方の駄菓子。焼酎糖や、青たんきり、餡に砂糖をかけた石衣など、懐かしく飽きのこない味わいが楽しめる。

南部駄菓子

かもめの玉子(かもめのたまご)

黄味餡をホワイトチョコで包んだ名菓

岩手県を代表する名菓。黄味餡とカステラ生地を包んで焼き上げ、ホワイトチョコで覆った甘党にはたまらない菓子。その見た目は、商品名のとおり鳥の卵のよう。

かもめの玉子

盛岡の紫根染(もりおかのしこんぞめ)

古くから伝承された繊細な草木染め

  • おみやげ

ムラサキという植物の根からとった染料で染めた、日本に古くから伝わる伝統の草木染め。手絞りによる繊細さと、自然の染料から出る落ち着いた色合いは温かみがあり美しい。

盛岡の紫根染

南部古代型染(なんぶこだいかたぞめ)

美しく格調高い文様が印象的な技法

  • おみやげ

南部公の紋章である向鶴や南部萩など、格調高い文様が使われるのが特徴。着物や帯だけでなく、ポーチやバッグ、ネクタイなど普段使うことの多い小物などもそろっている。

南部古代型染

南部鉄器(なんぶてっき)

茶道とともに有名になった伝統の鉄器

  • おみやげ

400年以上の歴史をもつ南部鉄だが、現在のような鉄器が造られたのは江戸中期。鉄瓶で湧かしたお湯はまろやかでおいしいと、茶道の隆盛とともに南部鉄器も有名になった。

南部鉄器

浄法寺塗(じょうほうじぬり)

使うほどにツヤがでる漆器を普段使いに

  • おみやげ

国内でも最大の漆の産地、浄法寺で作られるのが1200年もの歴史を持つ漆器。黒や朱色とシンプルな色使いが特徴で、使い込むほどにツヤがでて美しい表情になる。

浄法寺塗

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください