トップ > 全国 x 峠 > 東北 x 峠 > 南東北 x 峠

南東北 x 峠

南東北のおすすめの峠スポット

南東北のおすすめの峠スポットをご紹介します。小野川湖を見晴らす展望スポット「涼風峠」、英国の女性旅行家イザベラバードが旅した十三峠の一つ「諏訪峠」、英国の旅行家イザベラバードがその景観を賛美した峠「桜峠」など情報満載。

南東北のおすすめの峠スポット

  • スポット:9 件

1~20 件を表示 / 全 9 件

南東北のおすすめスポット

涼風峠

小野川湖を見晴らす展望スポット

標高約870mから、山々に囲まれた小野川湖を遠望する。青々と輝く小野川湖の湖面と、湖を縁取る山の緑、湖面に浮かぶ大小の島々とのコントラストが美しい。名前のとおり、高原の爽やかな風を感じてみたい。

涼風峠
涼風峠

涼風峠

住所
福島県耶麻郡北塩原村桧原
交通
JR磐越西線猪苗代駅からタクシーで30分
料金
情報なし

諏訪峠

英国の女性旅行家イザベラバードが旅した十三峠の一つ

明治初期、イギリス人の女性旅行家イザベラバードが東北地方を旅した際に通った、飯豊町と川西町の町境の峠。越後米沢峠の最初の峠。川西町側に古道が一部残る。

諏訪峠

住所
山形県西置賜郡飯豊町添川
交通
JR米坂線羽前椿駅からタクシーで10分
料金
情報なし

桜峠

英国の旅行家イザベラバードがその景観を賛美した峠

明治初期、イギリス人の女性旅行家イザベラバードが東北地方を旅した際、新潟から山形に抜ける途中に通った小国町の峠のひとつ。「そこからの眺める景色は美しい」と表現した。

桜峠

住所
山形県西置賜郡小国町桜
交通
JR米坂線羽前沼沢駅からタクシーで15分
料金
情報なし

白布峠

米沢と会津の境界点

西吾妻スカイバレーの見どころのひとつとなっている。福島側の磐梯山や檜原湖まで望め、美しい山並みと一面の緑が美しい。東北屈指の紅葉の名所でもある。

白布峠
白布峠

白布峠

住所
山形県米沢市白布峠
交通
JR山形新幹線米沢駅から山交バス白布温泉行きで38分、白布温泉下車、タクシーで15分
料金
情報なし

湖見峠

裏磐梯にある4つの湖を望む

天風境から1km強ほど走ったところにある峠で、その名のとおり磐梯山の裾野に点在する4つの湖が見下ろせるスポット。正面に秋元湖と小野川湖、さらに遠くに桧原湖と磐梯山、猪苗代湖を一望できる。

湖見峠
湖見峠

湖見峠

住所
福島県福島市土湯温泉町
交通
東北自動車道福島西ICから国道115号を土湯温泉方面へ車で20km
料金
情報なし

宇津峠

小国町と飯豊町の境にある峠。現在は新道が開通していて廃道

明治初期、イギリス人の女性旅行家イザベラバードが東北地方を旅した際に通った、小国町と飯豊町の町境の峠。現在は新道が開通していて通行止めになっている。

宇津峠

宇津峠

住所
山形県西置賜郡小国町沼沢
交通
JR米坂線羽前沼沢駅からタクシーで5分
料金
情報なし

湯浜峠

昭和53(1978)年開通。栗駒山の雄大な姿を一望できる

昭和53(1978)年に開通した宮城と秋田を結ぶ国道398号の峠のひとつ。開通記念碑が建っている付近からは、栗駒山の雄大な姿を眺めることができる。

湯浜峠

住所
宮城県栗原市花山本沢
交通
JR東北新幹線くりこま高原駅からタクシーで1時間20分
料金
情報なし

山刀伐峠

『おくのほそ道』の最大の難所

『おくのほそ道』では、芭蕉が曾良とともに二十七曲がりと呼ばれた峠道を苦労をしながら尾花沢へ向かった。峠の前後には、車道とは別に往時の道が遊歩道として残り、峠付近には記念碑や子持ち杉、子宝地蔵がある。

山刀伐峠
山刀伐峠

山刀伐峠

住所
山形県最上郡最上町満沢
交通
JR陸羽東線赤倉温泉駅からタクシーで15分
料金
情報なし

朴ノ木峠

明治時代初期は新潟と山形の県境。階段状の旧道が今も残る

明治時代初期、イギリス人旅行家イザベラバードが東北地方を旅した際、新潟から山形に入った、当時の県境の峠。登りも急なところがあり、階段状になった旧道が残っている。

朴ノ木峠
朴ノ木峠

朴ノ木峠

住所
山形県西置賜郡小国町足野水~小坂町
交通
JR米坂線小国駅からタクシーで10分
料金
情報なし