エリア・ジャンルからさがす

トップ > 日本 x 工芸品・民芸品 > 東北 x 工芸品・民芸品 > 南東北 x 工芸品・民芸品 > 山形・蔵王 x 工芸品・民芸品

山形・蔵王 x 工芸品・民芸品

山形・蔵王のおすすめの工芸品・民芸品スポット

山形・蔵王のおすすめの工芸品・民芸品スポットをご紹介します。将棋駒を描いてみよう「栄春堂」、工房を兼ねた陶器ショップ「陶アトリエ・花*花」、「尚美堂 七日町店」など情報満載。

  • スポット:8 件
  • 記事:3 件

山形・蔵王のおすすめエリア

1~20 件を表示 / 全 8 件

山形・蔵王のおすすめの工芸品・民芸品スポット

栄春堂

将棋駒を描いてみよう

駒彫師の製作実演と、将棋に関する歴史資料を見ることができる。将棋駒のほか、開運の「左馬(ひだりうま)」などのみやげ品も揃う。飾り駒の書き駒体験(要予約、所要時間約30分)もできる。

栄春堂
栄春堂

栄春堂

住所
山形県天童市鎌田本町1丁目3-28
交通
JR山形新幹線天童駅から徒歩10分
料金
飾り駒の書駒体験(予約制)=860円/左馬のキーホルダー=860円~/こけし絵付け体験(予約制)=1150円/

陶アトリエ・花*花

工房を兼ねた陶器ショップ

陶器の器やアクセサリーが並ぶ、工房を兼ねたショップ。描きたいものを自然に描いたという作品は、どれもぬくもりが感じられるものばかり。絵付け体験も行なっている。

陶アトリエ・花*花

陶アトリエ・花*花

住所
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉旭町22
交通
JR東北新幹線白石蔵王駅からミヤコーバスアクティブリゾーツ宮城蔵王行きで47分、遠刈田温泉下車すぐ
料金
マトリョーシカのハットピン=1500円/マトリョーシカ小物=300円~/陶器のアクセサリー=1000円~/陶器のうつわ=300円~/陶のお雛さま=500円~/

きちみ紙子工房

白石みやげをチェック

水質と原料に恵まれた白石地方では、良質の和紙を産出してきた。強度と耐久性に優れ、ふくよかな和紙は紙子、紙布にも用いられる。

きちみ紙子工房

住所
宮城県白石市南町1丁目2-7
交通
JR東北本線白石駅から徒歩10分
料金
御札入=1800円/和紙の名刺入=1000円/和紙の印鑑入=1500円/

蔵王焼 万風窯

日常の様々なシーンで活躍する万能アイテムが揃う店

淡い色合いの六文銭が配された小皿が人気。一品料理にはもちろん、小物いれとしても活用でき、日常の様々なシーンで活躍するアイテムが手に入る。

蔵王焼 万風窯

住所
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉下の原8-3
交通
JR東北新幹線白石蔵王駅からミヤコーバスアクティブリゾーツ宮城蔵王行きで42分、千間下車、徒歩3分
料金
六文銭小皿=864円/

くだものうつわ

フルーツの木がおしゃれなお皿に

果樹の間伐材などで作った皿やマグカップなど、食卓になじむアイテムが揃う。世界にたったひとつのオリジナルオーダーも受け付けている。

くだものうつわ

くだものうつわ

住所
山形県上山市金瓶水上6-2
交通
JR山形新幹線かみのやま温泉駅からタクシーで15分
料金
木の葉皿(中)=5940円/さくらんぼのスプーン=1945円/マグカップ=7560円~/

十三時

山伏が営む個性派雑貨のショップ

出羽三山で修行をしている山伏・坂本大三郎さんが営む店。山形の文化に根ざした山グッズをはじめ、ユニークな雑貨や日用品などを扱う。

十三時

十三時

住所
山形県山形市七日町2丁目7-23とんがりビル 1階
交通
JR山形駅からベニちゃんバス中心市街地行きで8分、七日町下車、徒歩4分
料金
アカオニでぬぐい=1296円/

能登屋 こけし工房 栄治郎

名工のこけしが並ぶ店

「内閣総理大臣賞」の受賞歴があるこけし工人・岡崎幾雄氏の店。店内には、素朴で味わい深いこけしがずらりと並ぶ。おみやげを選びながら絵付けを見学したり、名人の話が聞けるのも楽しみのひとつ。

能登屋 こけし工房 栄治郎

住所
山形県山形市蔵王温泉36
交通
JR山形駅から山交バス蔵王温泉行きで37分、終点下車、徒歩5分
料金
こけし=1500円(1体)~/