エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 東北 > 南東北 > 福島 > 土湯温泉・高湯温泉

土湯温泉・高湯温泉

土湯温泉・高湯温泉のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した土湯温泉・高湯温泉のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。斎藤茂吉も宿泊した老舗旅館「吾妻屋」、火山性の荒涼とした景観と鮮やかな紅葉のコントラストが見事「磐梯吾妻スカイラインの紅葉」、せせらぎが聞こえる癒しの空間「高湯温泉のんびり館」など情報満載。

  • スポット:86 件
  • 記事:11 件

土湯温泉・高湯温泉のおすすめエリア

土湯温泉・高湯温泉の新着記事

福島【高湯温泉】開場400年を超える古湯!

慶長12(1607)年の開湯という歴史ある温泉で、山形の蔵王、白布と並ぶ奥州三高湯のひとつ。たっぷりと湧き出す白濁の硫黄泉は、薬効成分が高い湯として人気がある。

【福島】人気おすすめグルメみやげ!絶対ハズさない!

福島にはグルメなみやげが盛りだくさん。伝統ある銘菓や現代風のアレンジが楽しいスイーツ、気候風土を生かした美酒など、どれもハズすことのない逸品がそろう。

福島【土湯峠温泉郷】一軒宿が点在する秘湯!

緑豊かで静かな環境の土湯峠周辺には5つのいで湯が湧き、それぞれに異なる趣がある。湯煙を上げる新野地温泉や、山あいの幕川温泉など、秘湯気分を満喫できる。

【磐梯高原】絶景パノラマドライブ! おすすめコースをチェック!

磐梯山を中心に雄大な自然が広がる磐梯高原。広大な山々や湖、渓谷などをめぐるドライブルートは爽快な気分が味わえる。四季が織り成す絶景ビューを満喫しに行こう。

【福島】いつ行く!季節限定の旬情報をチェック!

四季折々に美しい自然があり、地域ごとに独自の歴史と文化が息づく福島。その季節でしか味わえない旅のツボをおさえて、魅力満載の福島を遊びつくそう。

【福島】至福の温泉♪ 泉質よし! 秘湯よし! 景色よし!

福島は国内屈指の温泉パラダイス。個性豊かな温泉が県内のいたるところに湧き、名湯、秘湯も目白押し。歴史ある伝統の湯でほっこり寛ぐか、露天風呂からの雄大なパノラマに癒されるか、楽しみ方も自由自在だ。

【福島タウン】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

自然豊かなフルーツの産地

【福島】道の駅ガイド!美味しいものがいっぱい!

新鮮な採れたて野菜や地元の特産品が集まる道の駅。ご当地グルメを楽しめる施設も多いので、旅の途中に立ち寄りたい必須スポットだ。
もっと見る

21~40 件を表示 / 全 86 件

土湯温泉・高湯温泉の魅力・見どころ

こけしが迎える渓谷沿いの温泉と山中の白濁温泉

土湯温泉は、吾妻連峰西麓の荒川渓谷に沿って温泉宿が軒を連ねる山あいのいで湯。山里の豊かな自然と素朴なこけしが迎えてくれる。いろいろな泉質の湯が湧いているのが特徴で、湯量も豊富だ。高湯温泉は、400年前に開湯した歴史あるいで湯で、深山に覆われた標高750メートルの山中に湧く名湯だ。自噴する白濁した硫黄泉は、アトピーや胃腸病、糖尿病など幅広く効能を持ち、薬効成分の高い湯として知られる。

土湯温泉・高湯温泉のおすすめスポット

吾妻屋

斎藤茂吉も宿泊した老舗旅館

「今昔ギャラリー」と称した展示スペースには、歌人斎藤茂吉が宿泊した際に詠んだ句や、勝海舟の書などを展示。山小屋風に造られた露天風呂は檜造りと石造り。紅葉が見事だ。

吾妻屋
吾妻屋

吾妻屋

住所
福島県福島市町庭坂高湯33
交通
JR福島駅から福島交通高湯温泉方面行きバスで40分、高湯下車すぐ
料金
1泊2食付(12~翌3月)=10950~16350円/1泊2食付(4~11月)=13110~16350円/

磐梯吾妻スカイラインの紅葉

火山性の荒涼とした景観と鮮やかな紅葉のコントラストが見事

吾妻山の北側山麓にある高湯温泉から、標高1240mほどの土湯峠までの全長29kmの山岳自動車道。高湯側から約8kmのつばくろ谷は紅葉の絶景ポイント。

磐梯吾妻スカイラインの紅葉
磐梯吾妻スカイラインの紅葉

磐梯吾妻スカイラインの紅葉

住所
福島県福島市高湯温泉~土湯峠
交通
東北自動車道福島西ICから国道115号、県道5・70号を高湯温泉方面へ車で15km
料金
情報なし

高湯温泉のんびり館

せせらぎが聞こえる癒しの空間

山々に囲まれた高台に建つ。内湯は緑に包まれた景色が窓越しに広がり、露天風呂では渓流のせせらぎに耳を傾けながら、ゆっくりと湯浴みを楽しめる。

高湯温泉のんびり館

高湯温泉のんびり館

住所
福島県福島市町庭坂高湯14-1
交通
東北自動車道福島西ICから国道115号、県道5号、県道70号を磐梯吾妻スカイライン方面へ車で15km
料金
大人700円、小人350円

鷲倉温泉高原旅館(日帰り入浴)

薬効成分が豊かな温泉に癒される

露天風呂は男女別で野趣あふれる造り。貸切で使える露天風呂もある。後方に山々が眺められる。薬湯として知られる岩風呂は胃腸病や便秘などの効能を持っている。

鷲倉温泉高原旅館(日帰り入浴)
鷲倉温泉高原旅館(日帰り入浴)

鷲倉温泉高原旅館(日帰り入浴)

住所
福島県福島市土湯温泉町鷲倉山1
交通
JR福島駅から福島交通吾妻スカイライン観光路線バス(5月上旬~11月上旬、1日2便運行)で1時間5分、鷲倉温泉下車、徒歩3分
料金
入浴料=大人800円、小学生400円/

みちのく観光果樹園

約3万平方メートルの広大な敷地で収穫体験ができる

サクランボは甘くルビーのような「佐藤錦」、ももは福島の代表的な「あかつき」などのフルーツ狩りが楽しめる。産地直送も行っている。

みちのく観光果樹園

みちのく観光果樹園

住所
福島県福島市在庭坂南林51-1
交通
JR福島駅から福島交通上姥堂行きバスで18分、北林下車すぐ
料金
サクランボ=大人1400円、小人1080円/もも=大人860円、小人640円/りんご=大人540円、小人430円/ (食べ放題30分制限)

薬師こけし堂

こけし職人の始祖と薬師如来を祀る

土湯温泉街の片隅にあるこけし堂。土湯こけしを作り続けてきた木地職人たちの始祖とされる惟喬親王と、薬師如来をまつる。

薬師こけし堂
薬師こけし堂

薬師こけし堂

住所
福島県福島市土湯温泉町上ノ町地内
交通
JR福島駅から福島交通土湯温泉行きバスで42分、終点下車、徒歩10分
料金
情報なし

かんの観光果樹園

みずみずしく甘さいっぱいのくだものをたっぷり味わう

県道から少し奥に入った静かな立地にある農園。広い果樹園を開放しており、気兼ねせずにフルーツ狩りが楽しめる。新鮮なもぎたてを食べて感動してもらいたいというのが信条である。

かんの観光果樹園

住所
福島県福島市在庭坂林ノ内16
交通
JR福島駅から福島交通上姥堂行きバスで18分、北林下車すぐ
料金
入園料(モモ・ナシ・リンゴ)=大人500円、小人400円/ (時間制限なし食べ放題、1カゴお土産付コースは1500円)

水戸屋旅館

ブナの原生林を眺めながら湯を愉しむ

樹齢800年の巨大な檜を2つ組み合わせた瓢箪型の露天風呂では森林浴気分で入浴できる。混浴だが女性専用時間もある。料理は旬の山の幸が中心。11月下旬~4月下旬は冬期休業。

水戸屋旅館

住所
福島県福島市土湯温泉町鷲倉山1-3
交通
JR福島駅からタクシーで1時間

微温湯温泉

ぬるめのお湯が特徴。万病に効くといわれ、特に眼病に卓効

吾妻小富士の東側中腹、標高約900mに涌く温泉。ぬるめのお湯が特徴で、長時間入浴がよい。万病に効くといわれ、湯治客も多い。特に細菌性の眼病に卓効といわれている。

微温湯温泉

微温湯温泉

住所
福島県福島市桜本温湯11
交通
JR福島駅から福島交通土船行きバスで20分、水俣下車、タクシーで40分(送迎あり、予約制)
料金
情報なし

双竜の辻

2頭の竜の姿を想像してみよう

大きく曲がる道路沿いに設けられた展望所で、右に磐梯山、左に安達太良山を望むことができる。この2つの秀峰があたかも空で向かい合う2頭の竜に見えることから、その名がつけられたとか。

双竜の辻

双竜の辻

住所
福島県福島市景場平南
交通
東北自動車道福島西ICから国道115号を土湯温泉方面へ車で25km
料金
情報なし

家族旅行村 吾妻高原スカイランド

大自然の中で思いっきり遊ぼう

広大な敷地内にローラー滑り台、多目的広場などがある吾妻高原の総合レジャーランド。

家族旅行村 吾妻高原スカイランド

住所
福島県福島市町庭坂蓬平1-16
交通
東北自動車道福島西ICから国道115号、県道5・70号を吾妻高原牧場方面へ車で23km

福島松川パーキングエリア(下り)

福島の山と緑に囲まれた休憩エリア

味噌味のホルモンと野菜がたっぷり入ったホルモン野菜炒め定食が人気。福島の山と緑に囲まれたパーキングエリア。

福島松川パーキングエリア(下り)
福島松川パーキングエリア(下り)

福島松川パーキングエリア(下り)

住所
福島県福島市松川町上谷地75-1
交通
東北自動車道二本松ICから福島西IC方面へ車で9km
料金
ホルモン野菜炒め定食(スナックコーナー)=780円/

紺野果樹園

季節に応じて旬の果物の味覚狩りが楽しめる

30分の食べ放題ができる果樹園。ネットでフルーツ狩り情報の配信や、販売も行っている。フルーツ狩りのできる旬のフルーツは収穫後に即日発送してくれる。

紺野果樹園

紺野果樹園

住所
福島県福島市在庭坂石方1
交通
JR福島駅から福島交通上姥堂行きバスで16分、五十須場下車すぐ
料金
サクランボ=大人1404円、小人1080円/モモ=大人864円、小人648円/ナシ・リンゴ=大人540円、小人432円/ (食べ放題30分制限、障がい者2割引)

自噴泉の宿 ニュー扇屋

趣の異なった5つの貸切風呂で湯めぐりを楽しむ

温泉街の中央を流れる荒川にかかる月の湯橋のたもとにある旅館。敷地内から湧く良質の純温泉は源泉が2種類あり、大浴場や貸切露天風呂など様々な湯船に注ぎこまれている。

自噴泉の宿 ニュー扇屋
自噴泉の宿 ニュー扇屋

自噴泉の宿 ニュー扇屋

住所
福島県福島市土湯温泉町下ノ町18
交通
JR福島駅から福島交通土湯温泉行きバスで42分、終点下車すぐ
料金
1泊2食付=14000~19590円/外来入浴(14:00~17:00、貸切風呂は要予約)=700円/外来入浴食事付(11:00~15:00、会食場または客室利用、要予約)=5800円~/

あづま総合運動公園

広い敷地に多彩な運動施設

野球場や陸上競技場、室内プールなどのスポーツ施設がある総合運動公園。広い敷地内は4エリアに分かれ、ユニークな自転車に乗って遊べるサイクルスポーツ広場などがある。

あづま総合運動公園
あづま総合運動公園

あづま総合運動公園

住所
福島県福島市佐原神事場1
交通
JR福島駅から福島交通佐原・四季の里行きバスで30分、あづま総合体育館下車すぐ
料金
無料、施設の利用は有料

なかや菓子店

創業以来変わらないまんじゅうが人気

大正時代から、土湯温泉を見守ってきた老舗。創業当時から変わらぬ製法でつくり続けるまんじゅうは無添加で程よい甘さ。さっぱり感の中にまろやかさがある。10月から翌5月の日曜限定で販売する特製どら焼きも好評。

なかや菓子店

なかや菓子店

住所
福島県福島市土湯温泉町八郎畑2
交通
JR福島駅から福島交通土湯温泉行きバスで42分、終点下車、徒歩3分
料金
温泉まんじゅう(こしあん)=70円(1個)、750円(箱入10個)/うす皮まんじゅう=90円(1個)/くるみまんじゅう=90円(1個)/ずんだまんじゅう=80円(1個)/三種餡のどらやき(つぶあん・クルミあん・抹茶あん)=100円(1個)/

野地温泉ホテル(日帰り入浴)

標高1200mに湧く乳白色の名湯

東北の代表的美湯のひとつに数えられる野地温泉の宿。男女別の大浴場「剣の湯」と「扇の湯」は大理石の浴場、そのほかに、3つにわかれた檜の浴槽がある「千寿の湯」、石造りの露天風呂「鬼面の湯」と「天狗の湯」がある。

野地温泉ホテル(日帰り入浴)
野地温泉ホテル(日帰り入浴)

野地温泉ホテル(日帰り入浴)

住所
福島県福島市土湯温泉町鷲倉山1-2
交通
JR福島駅から福島交通吾妻スカイライン観光路線バス(5~9月は土・日曜、祝日のみ、10・11月は毎日運行、1日2便、運行については要確認)で1時間5分、野地温泉下車すぐ
料金
入浴料=大人800円、小人(4歳~小学生)400円/

土湯温泉

荒川の瀬音が響く泉質豊富な温泉地

荒川の上流域の渓谷沿いに旅館が並ぶ。豊富な泉質が特徴で、単純温泉や炭酸水素塩泉などがあり、湯量も豊富。貸切風呂をはじめ、展望と自然美を生かした詩情的な湯殿をもつ宿が多い。

土湯温泉
土湯温泉

土湯温泉

住所
福島県福島市土湯温泉町
交通
JR福島駅から福島交通土湯温泉行きバスで42分、終点下車すぐ
料金
情報なし

源泉湯庵 ニュー扇屋(日帰り入浴)

8つの湯船に3つの貸切風呂と充実の設備。温泉玉子も味わえる

館内には8つの湯船があり、それぞれ趣の異なる3つの貸切風呂がある。気兼ねなく入れるのも人気の秘密。自噴泉を利用しこだわり卵を使った温泉玉子を製造販売している。

源泉湯庵 ニュー扇屋(日帰り入浴)

住所
福島県福島市土湯温泉町下ノ町18
交通
JR福島駅から福島交通土湯温泉行きバスで42分、終点下車すぐ
料金
入浴料=大人700円、小学生500円、幼児400円/貸切風呂(2名より、要予約)=2700円(45分)/

ジャンルで絞り込む