トップ > 全国 > 東北 > 南東北 > 会津・磐梯

会津・磐梯

会津・磐梯のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した会津・磐梯のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。世界的な偉人のルーツをたどる「野口英世青春館」、昔ながらの和菓子を手作りしている「菓子司 熊野屋 七日町店」、名勝伏見ヶ滝を有する小原庄助ゆかりの宿「庄助の宿 瀧の湯」など情報満載。

  • スポット:795 件
  • 記事:60 件

会津・磐梯のおすすめエリア

21~40 件を表示 / 全 795 件

会津・磐梯の魅力・見どころ

自然と歴史が調和した独自の文化が残る

高峻な山々に囲まれていることから独特の文化が育った会津地方。中心地の会津若松は会津藩の城下町で、鶴ヶ城や飯森山など歴史的な見どころが多い。喜多方は米の集積地として栄え、当時の蔵が多数残っている。野口英世の故郷として知られる猪苗代や、民謡で有名な磐梯山は自然の宝庫。南会津には宿場の風景を今に残す大内宿があり、芦ノ牧や湯野上などの温泉地が点在する。『わっぱ飯』や『こづゆ』など会津地方の郷土料理も食べてみたい。

会津・磐梯のおすすめスポット

野口英世青春館

世界的な偉人のルーツをたどる

館内には野口英世が使用していた文机をはじめ、手紙、写真など、英世に関する資料を展示。英世が幼き日のやけどで不自由だった左手の手術を受け、やがて書生となった旧會陽医院の2階にある。

野口英世青春館
野口英世青春館

野口英世青春館

住所
福島県会津若松市中町4-18會津壹番館 2階
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で16分、野口英世青春館前下車すぐ
料金
入館料=大人200円、小・中学生100円/

菓子司 熊野屋 七日町店

昔ながらの和菓子を手作りしている

126年続く和菓子屋で、団子やまんじゅうなど、昔ながらの和菓子を手作りしている。手焼きの皮に、上質の餡と甘さひかえめの生クリームがたっぷり入った生どら焼も人気。

菓子司 熊野屋 七日町店
菓子司 熊野屋 七日町店

菓子司 熊野屋 七日町店

住所
福島県会津若松市七日町5-17
交通
JR只見線七日町駅からすぐ
料金
生どら焼=160円(1個)/會津七日町楽市まんじゅう=500円(8個入)/薯蕷饅頭=700円(6個入)/こしひかりのだんご=100円(7種)/

庄助の宿 瀧の湯

名勝伏見ヶ滝を有する小原庄助ゆかりの宿

名所「伏見ヶ滝」を有する小原庄助ゆかりの宿。川を挟んだ対岸には、毎夜開演されている能舞台がある。庄助見合い大風呂や貸切露天風呂はその景観でも評判だ。料理は郷土料理が中心。

庄助の宿 瀧の湯
庄助の宿 瀧の湯

庄助の宿 瀧の湯

住所
福島県会津若松市東山町湯本108
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「あかべぇ」で15分、東山温泉入口瀧の湯下車
料金
1泊2食付=12950~50000円/外来入浴(12:30~20:00)=1200円(タオル付)/外来入浴食事付(10:00~15:00、専用個室利用、要予約)=3780~10000円/

会津松平氏庭園御薬園

霊泉が湧いたといわれる美しい庭園

広い園内に池や滝を配した、緑あふれる回遊式の日本庭園。室町時代中期に霊泉が湧き疫病から庶民を救ったといわれ、歴代会津藩主の別荘・庭園として愛されてきた。

会津松平氏庭園御薬園
会津松平氏庭園御薬園

会津松平氏庭園御薬園

住所
福島県会津若松市花春町8-1
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で30分、御薬園下車すぐ
料金
入園料=大人330円、高校生270円、小・中学生160円/

鶴乃江酒造

繊細な味の日本酒をおみやげに

杉玉が下がる木造の建物は、寛政6(1794)年創業の老舗酒蔵らしいたたずまい。熟練の会津杜氏の造る「会津中将」のほか、母娘杜氏の造る「ゆり」は女性らしい繊細さと華やかさのある仕上がりと評判。

鶴乃江酒造
鶴乃江酒造

鶴乃江酒造

住所
福島県会津若松市七日町2-46
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で5分、七日町中央下車すぐ
料金
純米大吟醸酒「ゆり」=2750円(720ml)/会津中将 純米酒=1485円(720ml)/会津中将 純米吟醸 夢の香=1540円(720ml)/見学料(要予約)=無料/

手作り体験ひろば・番匠

首をふる姿がかわいい厄除けの赤べこ

お守りとして親しまれる赤べこの製造・販売を行なう。赤べこやだるま、会津若松市のキャラクター「あかべぇ」の絵付けなどの工芸体験や、職人の作業風景を見学できる。

手作り体験ひろば・番匠
手作り体験ひろば・番匠

手作り体験ひろば・番匠

住所
福島県会津若松市和田1丁目6-3
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「あかべぇ」で7分、和田下車すぐ
料金
赤べこ=540円~/千両赤べこ=540円~/絵付け体験各種(赤べこ1個、ダルマ1個、切り絵1枚)=各860円/会津塗り絵付け体験=1150円(ペン立て)、1500円(宝箱)/オカリナの絵付け体験(10名以上は要予約)=1420円/あかべえ土鈴作り体験=1200円/

食堂はせ川

キレのある淡麗醤油スープと中太縮れ麺との絶妙な調和を楽しむ

キレのある淡麗醤油スープ、もっちり食感の中太縮れ麺、自家製チャーシューが一体となったラーメンは地元でも評判の味。全国からラーメン好きが訪れる。

食堂はせ川
食堂はせ川

食堂はせ川

住所
福島県喜多方市大荒井6
交通
JR磐越西線喜多方駅からタクシーで10分
料金
淡麗醤油中華そばチャーシュー麺=980円/淡麗醤油中華そば=580円/追加特大チャーシュー(数量限定)=450円/

御宿東鳳

大展望露天風呂からの絶景は圧巻

趣の異なる2つの大展望風呂が魅力的。180度広がる会津の絶景を余すことなく楽しむことができる。バイキングが楽しめるレストラン「あがらんしょ」も好評。

御宿東鳳
御宿東鳳

御宿東鳳

住所
福島県会津若松市東山町石山院内706
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「あかべぇ」で15分、下車会津武家屋敷前バス停(会津若松駅から無料シャトルバスあり、迎え4便、送り2便)
料金
1泊2食付=11550~33000円/外来入浴(13:30~20:00、平日、状況により不可)=1000円/外来入浴(12:30~20:00、土・日曜、祝日、休前日、状況により不可)=1500円/

蔵喫茶 杏

和モダンな雰囲気と酒スイーツにうっとり

末廣酒造嘉永蔵に併設されているカフェで、蔵座敷ならではの和の風情が魅力。酒の仕込み水で淹れたすっきりした味のコーヒーは、日本酒を使った酒蔵らしいスイーツとともにいただきたい。

蔵喫茶 杏
蔵喫茶 杏

蔵喫茶 杏

住所
福島県会津若松市日新町12-38
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で12分、大和町下車すぐ
料金
大吟醸シフォンケーキ=500円(セットの場合100円引き)/酒ゼリー=530円/オリジナルブレンド=500円/仕込み水の水出しカフェ=600円/姫の白ざけ膳=750円/

満田屋

囲炉裏でじっくり焼く田楽

天保5(1834)年に味噌屋として創業。注文を受けてから囲炉裏で1本ずつ焼く田楽は、生揚げや丸餅、里芋、身欠きニシンなど。4種類の味噌を使い分けて仕上げている。

満田屋
満田屋

満田屋

住所
福島県会津若松市大町1丁目1-25
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で4分、七日町白木屋前下車、徒歩3分
料金
田楽単品=280円(1串)/田楽コース(田楽6種盛り合わせ)=1500円/にしんの山椒漬=480円/紅しぐれ(自家製梅ジュース)=280円/

会津東山温泉

文人墨客が愛した歴史ある温泉地

約1300年前、名僧行基によって発見されたと伝えられる。傷や打ち身に効能があり、戊辰戦争時には負傷した新撰組・土方歳三がここで傷を癒したといわれている。

会津東山温泉
会津東山温泉

会津東山温泉

住所
福島県会津若松市東山町湯本滝ノ湯110
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「あかべぇ」で15分、東山温泉駅下車すぐ
料金
情報なし

くつろぎ宿 新滝

趣の異なるお風呂めぐりが好評

モダンな外観ながら、館内随所に歴史を残す新滝では、源泉100%掛け流しの3ヵ所の風呂を湯めぐりできる。湯川に面したせせらぎ奏でる露天風呂は、貸切風呂としても人気。

くつろぎ宿 新滝
くつろぎ宿 新滝

くつろぎ宿 新滝

住所
福島県会津若松市東山町湯本川向222
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「あかべぇ」で15分、東山温泉駅下車、徒歩3分
料金
1泊2食付=11800円~/外来入浴(15:00~20:00、平日)=1000円/外来入浴(15:00~20:00、土・日曜、祝日・繁忙シーズン)=1500円/外来入浴食事付(11:00~15:00、食事処利用、要予約)=5000円~/外来入浴食事付(15:00~21:00、食事処利用、要予約)=7000円~/

阿弥陀寺

新選組屈指の剣の達人が眠る

戊辰戦争の戦死者が多数埋葬される寺院。新撰組隊士で会津藩とともに戦った斎藤一の墓もある。境内の御三階は鶴ヶ城にあった建物で外観は三階だが内部は四層になっている。拝観は事前に七日町観光案内所に問合せるのが好ましい。

阿弥陀寺

阿弥陀寺

住所
福島県会津若松市七日町4-20
交通
JR只見線七日町駅からすぐ
料金
情報なし

会津のうつわ 工房鈴蘭

コンセプトは「かわいい漆器」

ガラスに漆塗りを施した器を中心に、カラフルな色合いで親しみやすく、いろいろな用途に使える器を揃えている。センスが光るオリジナルの器は、プレゼントにも喜ばれそう。

会津のうつわ 工房鈴蘭
会津のうつわ 工房鈴蘭

会津のうつわ 工房鈴蘭

住所
福島県会津若松市七日町3-29
交通
JR只見線七日町駅からすぐ
料金
ミニグラス=2160円/お月見グラス=2592円(小)/八重セレクションフリーカップ=1944円~/マグカップ耐熱ガラス=2700円~/フリーボウル=2808円~/サラダボウル=4860円/サーバー=1512円/フリーカップ=1512円~/レーザー加工グラスすずらん=3024円(小)/お月見シリーズカラープレート=1944円/

道の駅 猪苗代

アクセス至便な道の駅

猪苗代磐梯高原ICそばの国道115号沿いに位置し、猪苗代の手打ちそばなどが味わえるメインダイニングのほか、地場産品が豊富にそろう。

道の駅 猪苗代

道の駅 猪苗代

住所
福島県耶麻郡猪苗代町堅田五百苅1
交通
磐越自動車道猪苗代磐梯高原ICから車ですぐ
料金
施設により異なる

やまでら茶屋

ジャズが流れるモダンな茶屋で名物の団子を

ご主人の奥様の実家から取り寄せたコシヒカリ100%の団子を、甘味噌のたれでいただく茶屋だんごが美味。アンティーク調の店内には、BGMでジャズが流れる。

やまでら茶屋
やまでら茶屋

やまでら茶屋

住所
福島県会津若松市七日町3-32
交通
JR只見線七日町駅からすぐ
料金
茶屋だんごセット=470円/スイーツセット=500円/ところてん=320円/ホットコーヒー=400円/

駅カフェ

七日町駅舎内にあるくつろぎカフェ

JR七日町駅舎内のアンテナショップ兼カフェ。どこか大正時代を思わせる雰囲気。会津の名水で淹れたコーヒーが、日替わりのケーキなどと一緒に味わえる。

駅カフェ
駅カフェ

駅カフェ

住所
福島県会津若松市七日町5-1
交通
JR只見線七日町駅構内
料金
自家製パウンドケーキセット=648円/スコーンセット=626円/そば粉マフィンセット=626円/特製ブラウニーセット=594円/会津木綿マカロン=648円/粕愛ス(ブルーベリー、ピーチ、アップル)=各411円/会津みしらず乾燥柿=515円/プレーンスコーン=620円(5個入)/水出しコーヒー=453円/会津産のジャム=540円/からむしコースター=810円~(1枚)/瀧之湯せっけん=771円/木履庵会津木綿グラニューバッグ=1998円/会津木綿柄ノートA5サイズ=258円/

山田木綿織元

長い歴史を誇る丈夫で素朴な会津木綿

蒲生氏郷が綿花の栽培を奨励したのが始まりといわれる会津木綿。厚地で丈夫なのが特徴で、普段着や日常着に使われた。ギャラリーでは100年前の自動織機が現在も稼働しており、作業風景も見学できる。

山田木綿織元
山田木綿織元

山田木綿織元

住所
福島県会津若松市七日町11-5
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で5分、七日町中央下車、徒歩4分
料金
巾着袋=864円~/反物=9720円~/テディベアー=2700円~/ブックカバー=972円~/キルトバッグ=12960円~/リバーシブル手さげバッグ=2592円/スマホケース=2592円/

旧滝沢本陣

白虎隊士がここから出陣した

古くは参勤交代の休息所などで利用されていたが、戊辰戦争時は会津藩本営となった。当時のままの建物には刀傷や弾痕が残っている。

旧滝沢本陣
旧滝沢本陣

旧滝沢本陣

住所
福島県会津若松市一箕町八幡滝沢122
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「あかべぇ」で5分、飯盛山下下車、徒歩5分
料金
大人300円、高校生250円、中学生150円、小学生100円 (20名以上の団体は割引あり、大人270円、高校生220円、中学生130円、小学生90円)

ジャンルで絞り込む