トップ > 全国 x 植物園 > 関東・甲信越 x 植物園

関東・甲信越 x 植物園

関東・甲信越のおすすめの植物園スポット

関東・甲信越のおすすめの植物園スポットをご紹介します。ハーブガーデンのある道の駅「池田町ハーブセンター」、3万株ものクルメツツジをはじめ、様々な春の花が咲き誇る植物園「群馬フラワーハイランド」、花いっぱいの心和むスポット「水戸市植物公園」など情報満載。

  • スポット:59 件
  • 記事:30 件

関東・甲信越のおすすめエリア

21~40 件を表示 / 全 59 件

関東・甲信越のおすすめの植物園スポット

池田町ハーブセンター

ハーブガーデンのある道の駅

200種以上のハーブを栽培している。ラベンダーの見頃は5月下旬~6月下旬だが、温室のハーブ観賞園では年中花が見られる。ハーブを入れた足湯もおすすめ。

池田町ハーブセンター
池田町ハーブセンター

池田町ハーブセンター

住所
長野県北安曇郡池田町会染6330-1
交通
JR大糸線穂高駅から池田町町営バス安曇総合病院行きで13分、ハーブセンター下車すぐ
料金
入園料=無料/ハーブ苗=200円~/ラベンダーつみとり(5月下旬~6月下旬、コップ1杯)=500円/

群馬フラワーハイランド

3万株ものクルメツツジをはじめ、様々な春の花が咲き誇る植物園

1月8日からは寒紅梅やロウバイが、4月上旬から5月中旬にかけては約3万株ものクルメツツジが咲き誇る。この時期は秋間つつじまつりも開催される。1万5000坪の大自然の中、観賞コース2kmの散策が楽しめる。

群馬フラワーハイランド
群馬フラワーハイランド

群馬フラワーハイランド

住所
群馬県安中市西上秋間森熊1339
交通
JR北陸新幹線安中榛名駅からタクシーで6分
料金
中学生以上500円、園児以上300円 (20名以上の団体は1割引)

水戸市植物公園

花いっぱいの心和むスポット

テラスガーデン、花の回廊・カクタス室などがある観賞大温室や、熱帯果樹温室、芝生園、ロックガーデン、植物館などがある洋風の庭園。ショップもあり1日のんびり過ごせる。

水戸市植物公園

水戸市植物公園

住所
茨城県水戸市小吹町504
交通
JR水戸駅から茨城交通桜ノ牧高校前経由水戸医療センター行きバスで25分、小吹神社前下車、徒歩15分
料金
大人300円、小・中学生150円 (県央地域在住の60歳以上150円)

とちぎ花センター

一年中花いっぱいの植物園

約1200種の植物が繁り熱帯植物園としては国内でも最大級。季節に合わせた花の特別展示や園芸相談、展示会など、花の総合施設として知られている。

とちぎ花センター
とちぎ花センター

とちぎ花センター

住所
栃木県栃木市岩舟町下津原1612
交通
JR両毛線岩舟駅からタクシーで10分
料金
入園料=無料/大温室=大人400円、小・中学生200円/ (団体割引あり、75歳以上は証明書持参で大温室入館料無料)

敷島公園門倉テクノばら園

洋風ガーデンに薫る色とりどりのバラの花

5月中旬から6月上旬、10月中旬から11月上旬と、年に2回見ごろを迎える、敷島公園内にあるバラ園。600種7000株あまりのバラが咲き、訪れた人の目を楽しませてくれる。

敷島公園門倉テクノばら園
敷島公園門倉テクノばら園

敷島公園門倉テクノばら園

住所
群馬県前橋市敷島町262
交通
JR前橋駅から関越交通川原町北・総合スポーツセンター行きバスで21分、老人センター入口下車すぐ
料金
無料

那須 花と体験の森

四季折々の草花を楽しめるガーデンと森林浴が人気

季節ごとの花に囲まれる庭や、木道が整備された自然の森を散策することができる。カフェ、子供たちがお菓子作りを学べるリトルパティシエ教室も人気。

那須 花と体験の森

那須 花と体験の森

住所
栃木県那須郡那須町高久甲4588-10
交通
JR宇都宮線黒磯駅から東野交通那須湯本方面行きバスで10分、田代南下車すぐ
料金
入園料(4月21日~11月)=大人500円、小・中学生250円/入園料(12~翌4月20日)=大人300円、小・中学生150円/

山中湖 花の都公園フローラルドーム「ふらら」

ドーム内には四季の花がいっぱい

山中湖 花の都公園内にある花いっぱいの温室ドーム。常時500種類以上の植物があり、初夏から秋には屋外のテラスやロックガーデンでハーブや山野草300種類以上も楽しめる。

山中湖 花の都公園フローラルドーム「ふらら」
山中湖 花の都公園フローラルドーム「ふらら」

山中湖 花の都公園フローラルドーム「ふらら」

住所
山梨県南都留郡山中湖村山中1650
交通
富士急行河口湖線富士山駅から富士急山梨バス内野経由御殿場駅行きで20分、花の都公園下車すぐ
料金
入園料(清流の里と共通)=大人500円、小・中学生200円/入園料(10月16日~11月、3月16日~4月15日)=大人300円、小・中学生120円/入園料(12月~翌3月15日)=無料/ (障がい者手帳持参で入園料大人300円、小・中学生120円)

上三依水生植物園

約300種類の草花に癒される

約300種類、3万本もの湿生・水生植物が栽培されている。広大な園内はロックガーデン、湿生地、日本庭園などに分けられる。6月はヒマラヤの青いケシの見学者で賑わう。

上三依水生植物園
上三依水生植物園

上三依水生植物園

住所
栃木県日光市上三依682
交通
野岩鉄道会津鬼怒川線上三依塩原温泉口駅から徒歩5分
料金
入園料=大人510円、300円(9~11月)、小・中学生150円、小学生未満無料/ (20名以上の団体は2割引)

富士竹類植物園

約1万2000坪に500種類もの竹笹が茂る。竹製品も展示

約1万2000坪の敷地におよそ500種類もの竹笹が茂る植物園。世界の竹の分布を紹介するコーナーや竹製品などを展示する。

富士竹類植物園
富士竹類植物園

富士竹類植物園

住所
静岡県駿東郡長泉町南一色885
交通
JR東海道新幹線三島駅から富士急シティバス駿河平行きで20分、富士竹類植物園入口下車、徒歩15分
料金
大人500円、小・中・高校生200円、小学生以下無料 (団体割引あり、インターネット画面のコピー持参または携帯の画面提示で割引あり)

東京大学大学院理学系研究科附属植物園

日本で最も歴史ある植物園

貞享元(1684)年に麻布南薬園を小石川の地に移したのが始まり。園内には約3000種類の樹木・草本植物、約1100種類の熱帯・亜熱帯の植物が栽培されている。

東京大学大学院理学系研究科附属植物園
東京大学大学院理学系研究科附属植物園

東京大学大学院理学系研究科附属植物園

住所
東京都文京区白山3丁目7-1
交通
地下鉄白山駅から徒歩10分
料金
入園料=大人400円、小人130円/ (20名以上で団体割引あり)

板橋区立 熱帯環境植物館

熱帯ジャングルを体験

約700種2000本の植物を温室・冷室の「潮間帯植生」「熱帯低地林」「集落景観」「雲霧林」の4ゾーンに展示。水族館とあわせ東南アジアの環境を立体的に再現していて、リアルな自然が体験できる。

板橋区立 熱帯環境植物館

板橋区立 熱帯環境植物館

住所
東京都板橋区高島平8丁目29-2
交通
地下鉄高島平駅から徒歩7分
料金
入館料(平日)=大人260円、小・中学生130円、未就学児無料/入館料(土・日曜、区立小学校の夏休み期間)=大人260円、小・中学生無料/ (65歳以上130円)

水郷佐原あやめパーク

日本有数規模のハナショウブが水辺をやさしい色合いに染める

昭和44(1969)年に開園。約8haの広大な園内に、アヤメ科の植物や蓮など水辺の植物を中心に、季節の花々が植えられている。6月に見ごろを迎えるハナショウブは目を奪う美しさだ。

水郷佐原あやめパーク
水郷佐原あやめパーク

水郷佐原あやめパーク

住所
千葉県香取市扇島1837-2
交通
JR成田線佐原駅から関鉄観光バス与田浦経由潮来行きで25分、水生植物園入口下車、徒歩5分
料金
入園料=大人600円、小・中学生300円/入園料(あやめ祭り期間)=大人800円、小・中学生400円/入園料(4・9~11月)=大人200円、小・中学生100円/入園料(12~翌3月)=無料/ (65歳以上・団体割引あり、障がい者手帳持参で入園料金無料)

堀切菖蒲園

花菖蒲の種類は約200種6000株におよぶ

戦後唯一復興した堀切園の一部が母体となっており、江戸系を中心に約200種6000株の花菖蒲がある。見頃は6月初旬から中旬で、花菖蒲が朝露や雨に濡れた様子は情緒がある。

堀切菖蒲園
堀切菖蒲園

堀切菖蒲園

住所
東京都葛飾区堀切2丁目19-1
交通
京成本線堀切菖蒲園駅から徒歩10分
料金
無料

高尾山さる園・野草園

かわいいサルと珍しい野草

約70頭の猿を間近で見ることができる。係員による猿たちの個性あふれる行動の説明も好評だ。2800平方メートルと広大な野草園では、約400種もの野草を目にすることができる。

高尾山さる園・野草園
高尾山さる園・野草園

高尾山さる園・野草園

住所
東京都八王子市高尾町2179
交通
京王高尾線高尾山口駅から徒歩5分の高尾登山電鉄清滝駅から高尾山ケーブルカー高尾山駅行きで6分、終点下車、徒歩3分
料金
大人420円、小人(3歳以上)210円 (障がい者手帳持参で大人210円、小人110円)

国立科学博物館附属自然教育園

武蔵野の豊かな自然が残る

昭和24(1949)年に天然記念物・史跡に指定された、武蔵野の景観が残る森林緑地。四季にわたってさまざまな草花や、昆虫などの生きものを身近に観察できる。

国立科学博物館附属自然教育園

国立科学博物館附属自然教育園

住所
東京都港区白金台5丁目21-5
交通
JR山手線目黒駅から徒歩9分
料金
大人310円、高校生以下無料 (65歳以上は証明書持参で無料、障がい者手帳持参で本人と介護者1名無料)

松田山ハーブガーデン

四季折々のハーブの香りとパノラマの景色を楽しむ

松田山の西平畑公園の南斜面一帯に約180種、16500本のハーブが植栽され、園内からは相模湾、箱根連山、富士山が望める風光明媚なハーブ園。ハーブ館にはレストラン・工房・売店もある。

松田山ハーブガーデン
松田山ハーブガーデン

松田山ハーブガーデン

住所
神奈川県足柄上郡松田町松田惣領2951
交通
JR御殿場線松田駅から徒歩20分
料金
無料

ぐんまフラワーパーク

オールシーズン花パラダイス

赤城山南麓にある、県内屈指の規模の施設。花園各種や温室、花時計、大花壇、日本庭園、イングリッシュガーデンなどからなる。子どもを連れての散策にも最適だ。

ぐんまフラワーパーク
ぐんまフラワーパーク

ぐんまフラワーパーク

住所
群馬県前橋市柏倉町2471-7
交通
上毛電鉄大胡駅からタクシーで15分
料金
入園料=大人600~700円、中学生以下無料/ (時期により異なる、障がい者手帳持参で割引あり)

ガーベラ団地

温室でガーベラを年間700万本以上生産。見学や購入ができる

彩り豊かな花として知られるガーベラを、4棟のガラス温室で年間700万本から1000万本生産している。温室内の見学のほか、花摘み体験ができる。

ガーベラ団地

住所
千葉県長生郡白子町五井2425
交通
JR外房線茂原駅からタクシーで20分
料金
入場料=無料/花摘み体験=500円/

都立八丈植物公園

島の中央にある植物公園

八丈の森、日本の森など8つのテーマに分かれた、約22haの広さをもつ公園。熔岩原の自然林のなかに亜熱帯植物が繁茂し、温室ではハイビスカスなど約1000種400株の花木類も。

都立八丈植物公園
都立八丈植物公園

都立八丈植物公園

住所
東京都八丈町大賀郷2843
交通
八丈島空港から徒歩15分
料金
情報なし

富士 花めぐりの里

富士山2合目に広がる絶景の花畑

広大な敷地内の花畑では、夏から秋にかけて、色鮮やかなヒャクニチソウ、ヒマワリ、曼珠沙華、コキアが咲き誇る。敷地内をカートでめぐることもできる。

富士 花めぐりの里

住所
静岡県裾野市須山藤原2428
交通
JR御殿場線御殿場駅から富士急行バス遊園地ぐりんぱ方面行きで1時間、イエティ・花めぐりの里下車すぐ
料金
入園料=550円/