エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 北関東 > 水戸・大洗・日立 > 水戸 > 水戸市街・偕楽園

水戸市街・偕楽園

水戸市街・偕楽園のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した水戸市街・偕楽園のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。梅が咲き誇る天下の名園「偕楽園」、茨城を代表するビッグイベント「水戸の梅まつり」、水戸の名菓がいろいろそろう「亀印本店」など情報満載。

水戸市街・偕楽園のおすすめのスポット

  • スポット:84 件
  • 記事:14 件

水戸市街・偕楽園の新着記事

茨城の自然あふれる【公園&レジャースポット】で遊ぶ!

全国区の知名度を誇る国営ひたち海浜公園をはじめ、自然やアトラクションを楽しめる人気スポットがめじろ押し。

茨城で【工場見学】見て、学んで、楽しんで!

子供も大人も楽しめると人気の工場見学。身近な商品がどうやって作られているのか、のぞいてみるとおもしろい!

【茨城】名物グルメ! 4大ブランド肉を味わう

茨城の風土や伝統がはぐくむ銘柄肉は牛、豚、地鶏とどれも逸品ぞろい。こだわりの品質管理で生み出される味は格別です。いつもより少し贅沢して、極上のブランド肉を堪能してみませんか。

【茨城】名物グルメ「あんこう」 冬のごちそうを食べよう!

あんこうの本場で知られる茨城県。今回は、「東のあんこう西のふぐ」と並び称される高級食材、あんこうを使った料理が人気の店を厳選してご紹介します。あんこうの肝の濃厚なうまみを丸ごと味わい尽くすことができる...

常陸秋そばの名店5選!茨城の名物グルメで豊かな風味を楽しもう!

常陸秋そばは、栽培の難しい品種としても知られる常陸太田のブランドそば。手間ひまかけて育てられる香り高いそばは、通をうならせる豊かな風味が特徴です。こちらの記事では、おすすめの名店5店をご紹介します。定...

【茨城】ご当地名物グルメ! 食欲をそそる地域メシ

ご当地グルメの宝庫としても知られる茨城。スパイシーなご当地麺や、個性豊かな「笠間のいなり寿司」など、食べごたえのある絶品メニューがそろいます。特色ある地域の産物や、歴史から生まれた自慢の味を召し上がれ...

【茨城】ドライブナビ! 春夏秋冬のおでかけを満喫!

茨城が誇る魅力的なドライブコースを季節に分けてご紹介。色とりどりの景色を存分に楽しもう!

【茨城】納豆グルメ! 茨城が誇るソウルフード

今なお史跡が残り、歴史スポットが盛りだくさんの茨城県水戸エリア。そんな水戸の名物といえば納豆。今では全国に知られた県民食です。本場では、多彩な納豆料理も楽しめることをご存じでしたか?創作料理、懐石スタ...

水戸のおすすめの観光&グルメスポットをご紹介!偕楽園といっしょに巡りたい名所はここ!

徳川御三家の城下町として知られ、徳川光圀、斉昭、慶喜の名君を輩出した水戸。市内には斉昭の手により造営された偕楽園をはじめ、史跡が点在しています。偕楽園周辺の観光スポットや、合わせてめぐりたいグルメ&み...

【茨城・水戸】偕楽園の周辺観光スポットを楽しむ!

偕楽園の周辺には千波湖をはじめ、徳川家にまつわる施設など観光スポットが集まります。今回は、ミュージアムやひと休みできる休憩スポットもご紹介。歴史に思いを馳せながら、ぐるっと散策してみてはいかがでしょう...
もっと見る

1~20 件を表示 / 全 84 件

水戸市街・偕楽園の魅力・見どころ

水戸藩の城下町として栄えた茨城県の県都

水戸は水戸藩の城下町として栄えたところ。現在の駅前周辺にあった水戸城は、明治期の廃城と戦災により遺構はほとんど残っていないが、近くに藩校の「弘道館」が残る。日本三名園に数えられる「偕楽園」は、天保13(1842)年に徳川斉昭によって造営された。『領民と偕(とも)に楽しむ』という願いがその名の由来で、2月下旬から3月下旬にかけて咲く梅の花は特に有名。すぐ南側には千波湖があり、市民の憩いの場となっている。偕楽園の周辺は、美術館や資料館、博物館などが建ち並ぶ文化地区となっている。

水戸市街・偕楽園のおすすめスポット

偕楽園

梅が咲き誇る天下の名園

日本三名園のひとつに数えられる、水戸を代表する景勝地。約3000本の梅が植えられ、2月20日~3月31日に開催される梅まつりには多くの観光客が訪れる。

偕楽園
偕楽園

偕楽園

住所
茨城県水戸市常磐町1丁目3-3
交通
JR水戸駅から茨城交通偕楽園行きバスで20分、終点下車すぐ
料金
入園料=無料/好文亭入館料=大人200円、小人100円/ (70歳以上と障がい者は好文亭入館料無料)

水戸の梅まつり

茨城を代表するビッグイベント

偕楽園と、弘道館で行われる「水戸の梅まつり」。偕楽園には約100品種・3000本、弘道館には約60品種・800本の梅が咲き誇り、イベント等も開催される。

水戸の梅まつり
水戸の梅まつり

水戸の梅まつり

住所
茨城県水戸市偕楽園、弘道館ほか
交通
JR水戸駅から茨城交通偕楽園行きバスで15分、終点下車すぐ(偕楽園、梅まつり開催期間中の土・日曜、祝日はJR常磐線偕楽園駅<臨時駅>からすぐ)
料金
偕楽園=大人300円、小人150円/弘道館=大人400円、小人200円/

亀印本店

水戸の名菓がいろいろそろう

160余年の歴史を持つ老舗、亀印製菓株式会社。本店のほかにお菓子博物館や吉原殿中 実演工房がある。博物館には見学通路も設けてあり、見て楽しく、食べて楽しいスポット。実演工房では人気商品の吉原殿中の製造工程を見学できる。

亀印本店
亀印本店

亀印本店

住所
茨城県水戸市見川町2139-5
交通
JR水戸駅から茨城交通桜ノ牧高校または水戸医療センター行きバスで20分、桜ノ牧高校入口下車、徒歩5分
料金
みやびの梅=216円(1個)/亀印水戸納豆せんべい=648円(16枚入)/のし梅=756円(10枚入)/水戸の梅=864円(8個入)/

割烹 魚政

水戸の味を守り続ける日本料理店

明治創業の老舗割烹料理店。四季折々の素材を盛り込んだ料理と水戸の地酒が味わえる。食べやすいようにとアンコウの骨を極力外すなどの心遣いがされている。

割烹 魚政
割烹 魚政

割烹 魚政

住所
茨城県水戸市大工町2丁目1-23
交通
JR水戸駅から茨城交通大工町方面行きバスで8分、大工町下車すぐ
料金
あんこう鍋(1人前)=3780円~/あんこう供酢=1944円/あんこう唐揚げ=1620円/あん肝きも=1944円/納豆ごぜん=2160円/会席=5400円~/日替ランチ=1000円/

山翠

夏もあんこう料理を楽しめる貴重なお店

茨城の郷土料理を提供する老舗。人気の「元祖あんこう鍋」をはじめ、夏は鉄鍋の下に氷を敷き、身のしまったあんこうを冷製だしで味わう「あんこうの氷鍋」も登場。

山翠
山翠

山翠

住所
茨城県水戸市泉町2丁目2-40
交通
JR水戸駅から茨城交通大工町方面行きバスで5分、泉町1丁目下車すぐ
料金
あんこう鍋(1人前、9月中旬~4月末頃)=3672円/あん肝=1296円/あんこう供酢=1620円/あんこう柳焼=1620円~/納豆会席 偕楽の宴(1人前、4~10月限定、要予約)=3240円/奥久慈しゃも鍋=2700円/釜めし各種=648円~/あんこうの氷鍋(1人前、5~9月末限定)=2376円/

常磐神社

光圀公と斉昭公を祀る

偕楽園に隣接し、徳川光圀公と徳川斉昭公を祀る神社。義公と呼ばれた光圀、烈公と呼ばれた斉昭の名をとった義烈館には2人の遺品を中心に書画、工芸品などを展示している。

常磐神社
常磐神社

常磐神社

住所
茨城県水戸市常磐町1丁目3-1
交通
JR水戸駅から関東鉄道偕楽園行きバスで15分、終点下車すぐ
料金
入場料=無料/義烈館入館料=300円/ (20名以上の団体は大人250円、小・中学生50円、義烈館入館料は障がい者本人と同伴者1名200円引)

梅酒と酒の資料館 別春館

地酒の魅力に迫る資料館

地酒「副将軍大吟醸」は何度も全国新酒鑑評会で金賞を受賞した名酒。館内には水戸にゆかりのある梅酒についての資料や昔の酒作りの様子、道具を展示している。

梅酒と酒の資料館 別春館
梅酒と酒の資料館 別春館

梅酒と酒の資料館 別春館

住所
茨城県水戸市元吉田町327
交通
JR水戸駅から関東鉄道吉沢車庫行きバスで4分、千波中入口下車、徒歩3分
料金
入館料=無料/百年梅酒=1540円(720ml)/清酒副将軍純米吟醸=1140円(720ml)/

五鐵夢境庵

コクのあるシャモ肉を手軽に味わえる親子丼

池波正太郎の名作『鬼平犯科帳』に登場する名店と同じ屋号のしゃも料理の店。おすすめは、特製スープでしゃも肉を煮る軍鶏鍋。弾力があってうまみが強い。冬場のあんこうも人気。

五鐵夢境庵
五鐵夢境庵

五鐵夢境庵

住所
茨城県水戸市南町1丁目3-27橋本ビル 1階
交通
JR水戸駅から徒歩10分
料金
軍鶏親子丼=1000円/軍鶏鍋(1名、注文は2人前~)=2370円~/あんこう鍋(1名、注文は2人前~)=3240円~/あんこう鍋コース(1名、注文は2人前~)=4750~7180円/

水戸芸術館

塔の上からの景色もおすすめ

市制100周年を記念して建設されたコンサートホール、劇場、美術ギャラリーからなる芸術複合施設。高さ100mのユニークなデザインの塔の上からの眺めは格別だ。

水戸芸術館
水戸芸術館

水戸芸術館

住所
茨城県水戸市五軒町1丁目6-8
交通
JR水戸駅から茨城交通大工町方面行きバスで4分、泉町1丁目下車すぐ
料金
現代美術ギャラリー=大人800円、中学生以下無料/塔入場料=200円/館内見学ツアー(飲み物付)=大人500円、小・中学生400円/ (65歳以上、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名は現代美術ギャラリー入場料無料)

弘道館

水戸藩が誇る日本最大規模の藩校

水戸藩第9代藩主徳川斉昭(なりあき)によって天保12(1841)年に創設された藩校。現存する正門、正庁、至善堂(しぜんどう)は重要文化財に、弘道館公園は特別史跡に指定されている。

弘道館
弘道館

弘道館

住所
茨城県水戸市三の丸1丁目6-29
交通
JR水戸駅から徒歩8分
料金
大人400円、小・中学生200円 (20名以上の団体は大人300円、小人150円、70歳以上200円、障がい者無料)

常陸牛 きくすい

赤身と脂身のバランスが絶妙な料理が自慢

食肉卸の会社が営むレストランだけに、扱う肉の品質の高さとリーズナブルさには驚くほど。すきやき、しゃぶしゃぶ、ステーキ、焼肉、ハンバーグとメニューも豊富に揃っている。

常陸牛 きくすい
常陸牛 きくすい

常陸牛 きくすい

住所
茨城県水戸市西原2丁目16-5
交通
JR水戸駅から茨城交通自由ヶ丘方面行きバスで16分、松ヶ丘二丁目下車すぐ
料金
すきやき=2890円~/サーロインステーキ=4580円~/常陸牛の焼肉=940円~/常陸牛しゃぶしゃぶ(1人前、注文は2人前~)=2300円~/

水戸納豆

大豆の味わいを堪能

創業当時と変わらない製法でわら納豆を作り続けながら、常に新商品の開発にも取り組んでいる。国産大豆を使用した高品質な商品が多数並ぶ。無添加なので安心だ。

水戸納豆

水戸納豆

住所
茨城県水戸市宮町1丁目7-31エクセルみなみ 3階
交通
JR水戸駅からすぐ
料金
そぼろ納豆=252円(丸型)、756円(角型)/手巻き納豆=648円(11本入り)/納豆ふりかけ=540円/経木(国産大豆使用)=216円/雪あかり=267円/四代目=329円/にがり3本束=972円/

水戸黄門茶屋

ちょっとした休憩に

ピューレ状の梅肉を練り込み、酸味をきかせた風味豊かな「梅ソフトクリーム」は濃い味なのに後味はスッキリ。歩き疲れたあとにぜひ食べたい人気スイーツだ。季節によって夏期は梅のかき氷、冬期は甘酒、おだんごなども楽しめる。

水戸黄門茶屋

水戸黄門茶屋

住所
茨城県水戸市常磐町1丁目3-1
交通
JR水戸駅から関東鉄道偕楽園行きバスで15分、終点下車すぐ
料金
フランクフルト=300円/梅ソフトクリーム=320円/梅ジュース=200円/梅干し大福=170円(1個)/甘酒=300円/にごり酒=300円/やきだんご=150円(1本)/かき氷(いちごミルク)=500円/

好文cafe

千波湖のほとりで満足ランチ

水戸市制120年周年を記念して開業したカフェ。全面ガラス張りで、店内からは千波湖を一望。白鳥をかたどったスイーツなどが味わえる。コース料理もあり、パーティーにも向いている。

好文cafe
好文cafe

好文cafe

住所
茨城県水戸市千波町3080
交通
JR水戸駅から関東鉄道千波湖方面行きバスで10分、千波湖下車すぐ
料金
ランチ=1240円~/Dランチ(茨城牛のビーフシチュー)=1530円(変更の場合あり)/千波白鳥シュー=210円/千波黒鳥シュー=210円/カフェラテ=450円/

ホテル シーラックパル水戸

快適に過ごせるサービスが充実

広々とした客室で、観光にもビジネスにも使い勝手がよい。全室VOD(ビデオ・オン・デマンド)完備で映画250タイトルが無料で視聴できるのもうれしい。

ホテル シーラックパル水戸
ホテル シーラックパル水戸

ホテル シーラックパル水戸

住所
茨城県水戸市笠原町中組600-60
交通
JR水戸駅から茨城交通、関東鉄道県庁シャトルバスで23分、終点下車すぐ
料金
シングル=5980円/ツイン=8800円/ダブル=7800円/セミダブル=7600円/映画視聴(全室VOD)=無料/

保和苑

あじさいが咲き競う名園

徳川光圀公が寺の庭を愛し命名したという由緒ある保和苑。苑内には泉水を配する見事な庭園が広がる。6月下旬になると100数種約6000株のあじさいが咲き誇る。

保和苑
保和苑

保和苑

住所
茨城県水戸市松本町13-19
交通
JR水戸駅から茨城交通茨大前営業所行きバスで14分、保和苑入口下車、徒歩3分
料金
情報なし

水府そば 大和屋

飽きずにどんどん食べられる豚しゃぶ

創業約100年を誇る蕎麦店。そばの味も評判だが他の料理にも定評がある。とくに美明豚を使う豚しゃぶは、あっさりと食べやすく、とくに女性に人気の料理となっている。

水府そば 大和屋
水府そば 大和屋

水府そば 大和屋

住所
茨城県水戸市笠原町978-35
交通
JR水戸駅から茨城交通、関東鉄道県庁シャトルバスで23分、終点下車すぐ
料金
豚しゃぶ(2人前)=2400円/

東照宮

朱塗りの社殿がまぶしい

元和7(1621)年に水戸藩初代藩主の徳川頼房(よりふさ)が家康を祀るために建立。戦災で昭和20(1945)年に焼失したが、同37(1962)年に現在の社殿が復元。

東照宮
東照宮

東照宮

住所
茨城県水戸市宮町2丁目5-13
交通
JR水戸駅から徒歩5分
料金
情報なし

メイプルファーム水戸本店

お気に入りが見つかるお店

洋・和雑貨、ウェア、ベビーグッズ、手作り雑貨が並ぶ。敷地内には花屋やレストランも併設されている。

メイプルファーム水戸本店
メイプルファーム水戸本店

メイプルファーム水戸本店

住所
茨城県水戸市米沢町325-1
交通
JR水戸駅から関東鉄道県自動車学校行きバスで9分、米沢工業団地下車すぐ
料金
マグカップ=972円/ワンピース=6480円/エプロン=1404円/おむつケーキ=9720円/

ジャンルで絞り込む