トップ > 全国 x グルメ > 関東・甲信越 x グルメ > 北関東 x グルメ > 佐野・栃木・足利 x グルメ

佐野・栃木・足利 x グルメ

佐野・栃木・足利のおすすめのグルメスポット

佐野・栃木・足利のおすすめのグルメスポットをご紹介します。江戸前のなめらかな食感が自慢「蕎遊庵」、「佐野青竹 手打ラーメンの店 Ra」、元製麺職人が打つ極上麺をつるっと「ラーメン太七」など情報満載。

  • スポット:65 件
  • 記事:12 件

佐野・栃木・足利のおすすめエリア

1~20 件を表示 / 全 65 件

佐野・栃木・足利のおすすめのグルメスポット

蕎遊庵

江戸前のなめらかな食感が自慢

足利市を一望できる織姫山にある織姫神社境内脇のそば屋。見事な景色を眺めながら、そばを味わうことができる。江戸前のつるりとした食感、打ちたて、茹でたてを提供することにこだわっている。季節に応じた変わりそば、小鉢一品料理等も楽しめる。

蕎遊庵

住所
栃木県足利市西宮町2549
交通
JR両毛線足利駅から徒歩18分
料金
せいろそば=600円/さらしな生一本冷汁=750円/

ラーメン太七

元製麺職人が打つ極上麺をつるっと

以前は製麺会社の職人だった店主が腕をふるう。噛むほどに旨みが増すもちもちの手打ち麺に、あっさり味の魚系醤油スープがよく合う。ねぎみそラーメンほか、メニューの多さも好評。

ラーメン太七
ラーメン太七

ラーメン太七

住所
栃木県佐野市堀米町42-3
交通
JR両毛線佐野駅からタクシーで5分
料金
青ねぎラーメン=830円/みそラーメン=820円/ラーメン=600円/ランチメニュー4品(ラーメン付)=890円/モツ焼き=420円/生ラーメン(おみやげ用、スープ付、2食分)=400円/

赤見屋本店

半世紀以上愛される佐野ラーメンの王道

昭和29(1954)年の創業以来、地元で親しまれ続けるラーメン店。先代から受け継がれた伝統の青竹手打ち麺のコシと、豚ガラと鶏ガラベースのあっさりスープは、まさに佐野ラーメンの王道。

赤見屋本店
赤見屋本店

赤見屋本店

住所
栃木県佐野市久保町214
交通
JR両毛線佐野駅から徒歩5分
料金
チャーシューメン=900円/辛口みそラーメン=900円/タンメン=700円/冷やし中華=800円/ラーメン=600円/餃子=400円/

麺家ゐをり

雰囲気の良さが魅力

醤油ラーメンはあっさりさっぱりの正統派佐野ラーメン。ほかにうま塩ラーメンもあり。トッピングの半熟卵もおすすめ。開放的な空間にアンティークの家具で居心地の良い空間だ。

麺家ゐをり
麺家ゐをり

麺家ゐをり

住所
栃木県佐野市植下町1089
交通
東武佐野線佐野市駅からタクシーで5分
料金
醤油ラーメン=610円/

カフェ・アラジン

屋台で飲む本格コーヒー!

全国から客が来る路上の屋台カフェ。ランプの明かりも印象的だ。この場所で営業を始めたときから、メニューはホットコーヒーのみ。温められたカップに注がれたコーヒーはコクとまろやかさが際立つ。エキゾチックな雰囲気と香に包まれて、何杯でもおかわりしたくなる心地よさ。

カフェ・アラジン
カフェ・アラジン

カフェ・アラジン

住所
栃木県足利市有楽町足利女子高等学校北西路地
交通
JR足利駅から徒歩15分
料金
コーヒー=400円/

万里

奥深いスープが人気の行列のできる有名店

万里

住所
栃木県佐野市越名町2062-5

野村屋本店

郷土料理・耳うどんを食べよう

佐野の仙波地区の郷土料理・耳うどんの店。耳をかたどったうどんには魔除けの意味があるという。具材として、鶏肉、わかめ、伊達巻きが入り、あっさりした味わい。

野村屋本店
野村屋本店

野村屋本店

住所
栃木県佐野市相生町2819
交通
JR両毛線佐野駅から徒歩8分
料金
耳うどん=780円/カレー煮込耳うどん=900円/ソースかつ丼=750円/大根そば=680円/

らーめん源

醤油、塩、味噌、辛味噌とバリエーション豊富

常連客が毎日食べても飽きない、というイチオシは辛味噌ラーメン。濃厚な辛味噌がピリッと際立ちあと引くうまさ。青竹平打ち縮れ麺はモチモチ感抜群で、辛いスープを手繰り寄せる。

らーめん源
らーめん源

らーめん源

住所
栃木県佐野市越名町西久保1183-1
交通
JR両毛線佐野駅から関東自動車佐野新都市循環線右回りバスで20分、佐野アウトレット下車、徒歩5分
料金
塩ラーメン=650円/闘魂らーめん(中辛)=850円/

伊太利亜料理 レストラン ぽるか

老舗のイタリアンレストラン

壁一面をツタが覆い落ち着いた雰囲気。開店当初から人気のナスのグラタン、若鶏のクリームソースガーリック風味などがおすすめ。

伊太利亜料理 レストラン ぽるか

住所
栃木県足利市柳原町862-1
交通
JR両毛線足利駅から徒歩15分
料金
ナスのグラタン=850円/若鶏のクリームソースガーリック風味=1020円/

いちご一会

いちご一会

住所
栃木県小山市大川島408いちごの里内

みかわや

佐野に新名物が登場

名水100選に選ばれた銘水を使い、皮から手焼きで作るどら焼きは、ふんわり柔らかく、素材の味がダイレクトに伝わる逸品。この味を求めて、遠方から来店するファンも多い。

みかわや

みかわや

住所
栃木県佐野市伊賀町85
交通
JR両毛線佐野駅から徒歩5分
料金
どらやき唐澤山=170円/さのまるもなか=130円/

very berry Smoothie

どこまでもとちおとめの大満足な贅沢スイーツ

4月から8月頃までの期間限定で営業する、スムージーとアイスの店。6月頃までは生いちごをトッピング。店舗前にはイスやハンモックが用意され、オープンエアで心地いい。

very berry Smoothie

住所
栃木県小山市鉢形520-4
交通
JR東北新幹線小山駅からタクシーで20分

いもフライ岡本

揚げたてのフライが人気の店

注文してから揚げるこだわりの「いもフライ」が人気。もっちりとした衣に、甘みと酸味のある濃厚なソースがたっぷり。予約、持ち帰りもできる。

いもフライ岡本
いもフライ岡本

いもフライ岡本

住所
栃木県佐野市大橋町1136
交通
JR両毛線佐野駅から徒歩17分
料金
岡本ブレンドソース=350円/いもフライ(1本)=80円/ウインナーフライ(1本)=80円/焼きそば大盛り(土・日曜のみ)=400円/安納芋の焼き芋(11~翌2月、100g)=150円/ソフトクリーム各種=200円/挽きたてコーヒー=100円/自家製ポテトサラダ(1パック)=200円/

はせがわ珈琲店

懐かしい味の本格派

古い日本家屋を改造した喫茶店。1席ごとに違う素朴な木のテーブルが並ぶ。コーヒーやケーキのほかに洋食メニューも人気がある。

はせがわ珈琲店

住所
栃木県足利市伊勢町3丁目6-6
交通
JR両毛線足利駅から徒歩5分
料金
はやしらいす(ドリンク付)=1300円/

銀釜

老舗和食店でいただく釜めし

創業昭和元(1926)年の釜飯と和食の店。具、米、水とすべての食材にこだわった伝統の味を提供してくれる。五目釜めしをはじめ、松茸釜めしなど季節限定釜飯もあり、種類豊富にそろう。

銀釜

銀釜

住所
栃木県足利市通2丁目2627
交通
JR両毛線足利駅から徒歩10分
料金
五目釜めし=1533円/花コース=2160円/

山銀

ラーメン道を極めた店主の至福の一杯

屋台を皮切りに、40年以上、ラーメン道を探求してきたご主人。伝統の青竹打ち麺と、トンコツ・鶏・野菜で作り出す、コクのある澄んだスープのうまさに遠方から足を運ぶファンも多い。

山銀
山銀

山銀

住所
栃木県佐野市赤坂町984-11
交通
東武佐野線佐野市駅から徒歩15分
料金
卵黄トロ~リ玉子ラーメン=830円/手打ちラーメン=680円/味噌チャーシューメン=980円/やわらか焼きモツ=430円/自家製餃子=430円/

コムギ

しっかり麺とシンプルなスープ

中太ちぢれ麺はモチモチ、スープは角がなくまろやか。今や佐野でも数少ない「青竹手打」の昔ながらの佐野ラーメンが味わえる。

コムギ

住所
栃木県佐野市富岡町1690
交通
JR両毛線佐野駅からタクシーで5分
料金
ラーメン=550円/

蜂屋

まろやかな昆布だしスープのラーメン店

北海道直送の昆布を使ったまろやかなスープが特徴のラーメン店。コシのある平打ち麺に合うスープがよくからむ。

蜂屋

蜂屋

住所
栃木県佐野市浅沼町31-3
交通
東武佐野線田島駅から徒歩20分
料金
ラーメン=600円/チャーシューメン=800円/タンメン=800円/餃子=450円/冷やし中華(夏期)=800円/チャーハン・カレーセット=950円/もつ煮セット=850円/ラーメン餃子セット(平日)=1000円/

らーめん処匡

鶏ガラ系のしっかりスープ

佐野ラーメンの王道でもある鶏ガラ系の透明感のあるスープに、つるりとした縮れ麺が絶妙にマッチする。

らーめん処匡

住所
栃木県佐野市大橋町3236-8
交通
JR両毛線佐野駅からタクシーで6分
料金
ラーメン=600円/

ジャンルで絞り込む