トップ > 全国 x 灯台 > 関東・甲信越 x 灯台 > 首都圏 x 灯台

首都圏 x 灯台

首都圏のおすすめの灯台スポット

首都圏のおすすめの灯台スポットをご紹介します。房総最南端で絶景を望む「野島埼灯台」、東京湾と太平洋が望める「洲埼灯台」、灯台資料展示室が併設された日本最古の西洋式灯台「観音埼灯台」など情報満載。

首都圏のおすすめの灯台スポット

  • スポット:5 件
  • 記事:3 件

1~20 件を表示 / 全 5 件

野島埼灯台

房総最南端で絶景を望む

房総半島の最南端に建つ、八角形をした白亜の灯台は、日本で最も古い洋式灯台のひとつ。最上部(灯塔踊り場)からは広大な太平洋が一望できる。野島崎公園には房総半島最南端の碑もある。

野島埼灯台
野島埼灯台

野島埼灯台

住所
千葉県南房総市白浜町白浜630
交通
JR内房線館山駅からJRバス安房神戸経由安房白浜行きで36分、野島埼灯台口下車、徒歩10分
料金
灯台参観寄付金=中学生以上200円/

洲埼灯台

東京湾と太平洋が望める

房総半島の南西端に位置し、航行する船に、東京湾の東の出入口を知らせる。灯台付近からは三浦半島や伊豆大島、富士山などが望める。国登録有形文化財。

洲埼灯台
洲埼灯台

洲埼灯台

住所
千葉県館山市洲崎1043
交通
JR内房線館山駅からJRバス洲の崎経由安房白浜方面行きで27分、洲の崎灯台前下車、徒歩5分
料金
情報なし

観音埼灯台

灯台資料展示室が併設された日本最古の西洋式灯台

明治2(1869)年、日本最初の西洋式灯台としてフランス人技師によって建設、初点灯。初代の灯台はレンガ造の洋館建てで現在はコンクリート造の3代目。天気のいい日は東京湾の彼方に房総半島を望むことができる。灯台資料展示室を併設。

観音埼灯台
観音埼灯台

観音埼灯台

住所
神奈川県横須賀市鴨居4丁目1187
交通
京急本線浦賀駅から京急バス観音崎行きで20分、終点下車、徒歩10分
料金
参観寄附金=大人(中学生以上)200円、小学生以下無料/

城ヶ島灯台

関東大震災時崩壊後、昭和初期に再建された東京湾入口に建つ灯台

東京湾入口に建つ高さ11.5mの灯台で、観音埼灯台と同じヴェルニーによる設計。明治3(1870)年の竣工だが、大正12(1923)年の関東大震災で崩壊し、昭和2(1927)年に再建された。

城ヶ島灯台
城ヶ島灯台

城ヶ島灯台

住所
神奈川県三浦市三崎町城ヶ島地内
交通
京急久里浜線三崎口駅から京急バス城ヶ島行きで30分、終点下車、徒歩10分
料金
情報なし

太東埼灯台

散策ルート上にある断崖に立つ白亜の灯台。太平洋が眺望できる

九十九里浜の南端・太東崎の断崖にそびえ立つ白亜の灯台。太平洋が一望できる人気の散策ルートになっている。

太東埼灯台
太東埼灯台

太東埼灯台

住所
千葉県いすみ市岬町和泉2650-2
交通
JR外房線長者町駅からタクシーで10分
料金
情報なし

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください