トップ > 全国 x 城・城址 > 関東・甲信越 x 城・城址 > 首都圏 x 城・城址

首都圏 x 城・城址

首都圏のおすすめの城・城址スポット

首都圏のおすすめの城・城址スポットをご紹介します。城下町の歴史をうかがい知る「千葉県立中央博物館 大多喜城分館」、貴重な本丸御殿の遺構「川越城本丸御殿」、城主北条氏照が築城した関東屈指の山城「八王子城跡」など情報満載。

首都圏のおすすめの城・城址スポット

  • スポット:12 件
  • 記事:1 件

1~20 件を表示 / 全 12 件

千葉県立中央博物館 大多喜城分館

城下町の歴史をうかがい知る

千葉県指定史跡「上総大多喜城本丸跡」に建てられた城郭様式の特色ある博物館。館内には房総の中世・近世の城郭とそれに関わる武器・武具や調度品、古文書、および武家社会や城下町の生活などに関する資料が展示されている。

千葉県立中央博物館 大多喜城分館
千葉県立中央博物館 大多喜城分館

千葉県立中央博物館 大多喜城分館

住所
千葉県夷隅郡大多喜町大多喜481
交通
いすみ鉄道大多喜駅から徒歩15分
料金
大人200円、高・大学生100円、中学生以下無料、企画展は別料金(20名以上の団体は大人160円、高・大学生80円、65歳以上無料、障がい者と同伴者無料)

川越城本丸御殿

貴重な本丸御殿の遺構

現存する本丸御殿は嘉永元(1848)年に時の藩主、松平斉典が造営。藩政が行なわれた家老詰所、36畳の広間、立派な唐破風の玄関が現在も残っている。

川越城本丸御殿

川越城本丸御殿

住所
埼玉県川越市郭町2丁目13-1
交通
西武新宿線本川越駅から小江戸巡回バス喜多院先回りで25分、本丸御殿下車すぐ
料金
大人100円、高・大学生50円、中学生以下無料(20名以上の団体は大人80円、高・大学生40円、精神障がい福祉手帳、療育手帳持参で本人と介護者1名無料)

八王子城跡

城主北条氏照が築城した関東屈指の山城

小田原に本拠をおいた後北条氏の三代目氏康の三男、北条氏照が築いた関東屈指の山城。氏照が構想していた城郭は壮大で、落城時はまだ未完成の状態であったと考えられている。また、近くに見学の拠点として八王子城跡のガイダンス施設があり、歴史学習や休憩スペースとして活用できる。

八王子城跡

住所
東京都八王子市元八王子町3丁目
交通
JR中央線高尾駅から西東京バスグリーンタウン高尾行きで15分、霊園前下車、徒歩20分
料金
情報なし

佐倉城址

房総随一を誇った城跡を楽しむ

日本百名城にも選ばれた佐倉城は、かつては房総随一の規模。現在は天守閣跡、空掘など城の遺構が多数のこされ、桜や菖蒲、スイレンや紅葉といった四季折々の自然が楽しめる。

佐倉城址

佐倉城址

住所
千葉県佐倉市城内町
交通
京成本線京成佐倉駅から徒歩20分
料金
情報なし

城山公園(館山城)

『南総里見八犬伝』の舞台、里見氏の居城跡を訪れる

戦国時代の武将、里見氏の居城跡にある城山公園。晴れた日には市内と館山湾が一望できる場所だ。四季折々の花が咲き、桜の名所としても知られている。園内芝生広場には売店「里見茶屋」がある。

城山公園(館山城)
城山公園(館山城)

城山公園(館山城)

住所
千葉県館山市館山362-1
交通
JR内房線館山駅からJRバス関東洲の崎方面行きで10分、城山公園前下車、徒歩5分
料金
公園入園料=無料/博物館入館料=一般400円、小・中・高校生200円、特別展は別料金/(20名以上の団体は一般300円、小・中・高校生150円、市内在住の65歳以上博物館入館料無料、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)

久留里城・久留里城址資料館

名水の里として知られるのどかな雰囲気の久留里へ

城下町の雰囲気が今なお残る久留里。街を散策してみると、いたるところに竹ヒゴ式突掘り技術が発達してできた「上総(かずさ)掘り」の井戸が点在。今も酒造の仕込み水や生活用水として活躍している。久留里城址資料館には「上総掘り」の復元模型などが展示されている。

久留里城・久留里城址資料館
久留里城・久留里城址資料館

久留里城・久留里城址資料館

住所
千葉県君津市久留里内山
交通
JR久留里線久留里駅からタクシーで5分
料金
無料

鉢形城公園

発掘調査をもとに鉢形城の石積みの土塁や門、池などを園内に復元

発掘調査の成果をもとに、戦国時代の築城技術を伝える石積みの土塁や門、池などを復元。遊歩道にはカタクリが群生し、四季折々の景観が楽しめる。

鉢形城公園

鉢形城公園

住所
埼玉県大里郡寄居町鉢形2692-2
交通
JR八高線寄居駅から徒歩15分
料金
入園料=無料/入館料(鉢形城歴史館)=大人200円、高・大学生100円/(団体割引あり、70歳以上入館料無料、障がい者手帳持参で入館料無料)

石神井城跡

今も空堀の一部が残る鎌倉時代の城跡

小高い丘に建てた居館のまわりを土塁や空壕で防備を固めた、中世前期の方形居館城。太田道灌との戦いに敗れ落城した。現在は内郭の空堀の一部が残っている。

石神井城跡

石神井城跡

住所
東京都練馬区石神井台1丁目26-1石神井公園
交通
西武池袋線石神井公園駅から徒歩20分
料金
無料

松山城跡

北武蔵地方屈指の平山城

平成20(2008)年に国指定史跡となった比企城館跡群のひとつ、松山城。西から東に向かって曲輪が一直線に並び、大規模な空堀と切り落としがある。

松山城跡

住所
埼玉県比企郡吉見町南吉見城山
交通
東武東上線東松山駅から川越観光バス鴻巣免許センター行きで5分、百穴入口下車すぐ
料金
情報なし

江戸城

かつては将軍の広大な居城、今は皇居

江戸開府以降大々的に改修され、将軍の居所として政治の中心をなした。維新後は、皇居となり、東御苑が一般に公開されている。皇居外苑は、都民憩の場としていつでも利用できる。

江戸城

江戸城

住所
東京都千代田区千代田
交通
地下鉄大手町駅から徒歩12分
料金
無料

八幡岬公園

城炎上の際に家康の側室お万の方がこの断崖から海へ逃れたという

室町から江戸初期まで続いた、勝浦城主・正木氏の居城跡地に整備された自然公園。徳川家康の側室お万の方が、炎上する城を背に布を垂らして断崖から海へ逃れたという言い伝えがある。

八幡岬公園
八幡岬公園

八幡岬公園

住所
千葉県勝浦市浜勝浦221
交通
JR外房線勝浦駅からタクシーで5分
料金
情報なし

津久井城址

急斜面を登った山頂にある要害堅固な城

城は城山山頂付近にあり、急な斜面と河川で囲まれた天然の要害となっていた。城址は住時の景色を今も留めている。

津久井城址

津久井城址

住所
神奈川県相模原市緑区根小屋
交通
JR横浜線橋本駅から神奈中バス三ヶ木行きで22分、津久井湖観光センター前下車、徒歩40分
料金
情報なし

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください