トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 箱根・湯河原

箱根・湯河原

箱根・湯河原のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

箱根・湯河原のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。真鶴のアジのまご茶漬け、箱根の豆腐料理、箱根のそばなど情報満載。

箱根・湯河原のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:914 件
  • 記事:80 件

1~20 件を表示 / 全 27 件

真鶴のアジのまご茶漬け(まなづるのあじのまごちゃづけ)

地元の漁師が好んだぜいたくすぎるお茶漬け

  • ご当地名物料理

地元の漁師が好んで食べたぜいたくなお茶漬け。特製タレで味付けしたアジのたたきを、ご飯の上にのせてお茶を注ぐ。ネギやショウガ、ワサビがアクセントになり、酒の後の一杯に最適。

真鶴のアジのまご茶漬け

箱根の豆腐料理(はこねのとうふりょうり)

美しい湧き水が生んだ数々の豆腐料理

  • ご当地名物料理

箱根の湧き水で作る自家製豆腐は名物の一つ。豆腐懐石として、豆腐のおいしさを堪能できる店が多い。ゆば料理やしゃくり豆腐など、そのレパートリーは多岐にわたる。

箱根の豆腐料理

箱根のそば(はこねのそば)

自然薯から作られ、栄養も豊富に含まれる

  • ご当地名物料理

小麦粉の代わりに自然薯を使って作ったのが箱根のそば。戦後、食糧難の時に地元箱根の山でとれる自然薯を使ったのが始まりとされている。ミネラルやビタミンなども豊富に含まれる。

箱根のそば

たんたんたぬきの担々やきそば(たんたんたぬきのたんたんやきそば)

温泉を発見したタヌキの伝説にあやかって

  • ご当地名物料理

タヌキにより発見されたという伝説がある湯河原温泉。そのタヌキにあやかり、加えて『たんたんタヌキ~』の歌からピリ辛の「担々やきそば」を考案。店により柑橘系または温泉卵系の2タイプがある。

たんたんたぬきの担々やきそば

小田原おでん(おだわらおでん)

辛子ではなく梅みそで食べるおでん

  • ご当地名物料理

相模湾でとれる海産物、足柄平野で得られる農産物や畜産物、そして全国的にも知名度の高い小田原かまぼこ。これらをいかして新しい食文化を作れないかと、生産者や料理店がやさしい、楽しい、おいしいおでんを提案。

小田原おでん

芦ノ湖のワカサギ(あしのこのわかさぎ)

シーズンには食べたい箱根の旬の味

芦ノ湖でとれ箱根の郷土料理となっているワカサギは、箱根神社に奉納され宮内庁に献上されることから「公魚」と書かれる。箱根の料理店ではワカサギの天ぷらなどで、そのおいしさを堪能できる。

芦ノ湖のワカサギ

小田原の梅・梅製品(おだわらのうめうめせいひん)

梅の名所には数々の梅製品が並ぶ

  • おみやげ

小田原は2月になると「梅祭り」が行われる梅の名所。じっくり漬けて寝かせた深い味わいが定評ある梅干しやゆかりのほか、梅ジャムなどいろいろな梅製品が販売されている。

小田原の梅・梅製品

真鶴の干物(まなづるのひもの)

ありとあらゆる魚介の干物が並ぶ

  • おみやげ

魚介豊富な真鶴にはさまざまな魚の干物がそろい、遠方から買い求めに来る人がいるほど。鮮度のよい魚をひらいて干物にするので、魚の旨みが凝縮。アジやエボ、カマスなどが人気。

真鶴の干物

黒たまご(くろたまご)

寿命が延びるといわれる黒い茹で卵

  • おみやげ

大涌谷の硫黄泉で茹でた卵で、1個食べれば寿命が7年延びるといわれている。殻が真っ黒になることからこの名になった。観光シーズンには黒たまごを求め行列ができる人気商品。

小田原のういろう(おだわらのういろう)

小田原から全国に広まった懐かしの味

  • おみやげ

室町時代に作られたお菓子。小田原の外郎家創製のものが蒸し菓子「ういろう」の元祖といわれる。白、黒、茶、アズキ、栗と5種類あり、いずれもどこか懐かしい味。

小田原のういろう

箱根の温泉饅頭(はこねのおんせんまんじゅう)

全国有数の温泉街が生んだ名物おみやげ

  • おみやげ

餡はこし餡で皮の色が2色。茶色の皮は黒砂糖の蜜が、白い皮は白砂糖の蜜が練り込んであり、それぞれの味わいがある。行列のできる店もある、箱根みやげの定番。

箱根の温泉饅頭

寄木細工(よせぎざいく)

独特の精緻な模様に伝統の技が光る

  • おみやげ

サクラやミズキ、タモなどのさまざまな雑木を寄せ合わせて作る伝統工芸品。木片を寄せ合わせてできる模様が特徴。海外にもあるが、日本では箱根が盛ん。

寄木細工

箱根のスイーツ(はこねのすいーつ)

温泉のあとは、おみやげのお菓子選びが楽しみ

  • おみやげ

レジャーや温泉など楽しみがいっぱいの箱根には、おまんじゅうや焼き菓子など、おみやげにぴったりの和洋のスイーツが充実。老舗ホテルのベーカリーやオーベルジュのフルーツケーキなど、箱根ならではの味を買い求めたい。

箱根のスイーツ

箱根のパン(はこねのぱん)

人気温泉地、箱根のこだわりパン

  • おみやげ

温泉めぐりの後は、パンをおみやげに。箱根の歴史を感じる老舗ホテル直営ベーカリーのパンや、創業は明治時代という地元のベーカリーを巡って、おいしいパンを探してみよう。

箱根のパン

小田原のかまぼこ(おだわらのかまぼこ)

プリプリの弾力と魚のうまみを堪能できる

  • おみやげ

漁業が盛んだった小田原で220年ほど前から作られている。参勤交代で小田原を訪れた大名や箱根の宿に泊まった旅人らにより全国に知られることになった。店ごとに使用する魚や製法に工夫を凝らし、定番のかまぼこのほかにも多彩な商品を生み出している。

小田原のかまぼこ

湘南のブドウ(しょうなんのぶどう)

つぶつぶがたっぷり集まった形がかわいい

巨峰、デラウェア、ロザリオ、マスカットと、7~10月頃までさまざまな品種が旬を迎える。高糖度のもの、上品な甘みのもの、みずみずしさが特徴のものなど、品種によって風味もさまざま。湘南周辺にも観光農園があり、8月~10月にかけてヒムロット、巨峰などさまざまな品種のもぎとりが楽しめる。

伊豆・箱根のミカン(いずはこねのみかん)

美肌作りに欠かせないビタミン豊富なフルーツ

日本の冬に欠かせないフルーツ。「愛媛みかん」「有田みかん」「三ヶ日みかん」などが有名だが、これはすべて温州みかんのこと。温州みかんは日本原産で、宮川早生、南柑20号などさまざまな品種がある。形が扁平で皮の粒がはっきりしているものが良い。伊豆・箱根エリアでは湯河原、小田原、伊豆の東海岸などが有名スポット。

伊豆・箱根のミカン

小田原のミカン(おだわらのみかん)

美肌作りに欠かせないビタミン豊富なフルーツ

日本の冬に欠かせないフルーツ。「愛媛みかん」「有田みかん」「三ヶ日みかん」などが有名だが、これはすべて温州みかんのこと。温州みかんは日本原産で、宮川早生、南柑20号などさまざまな品種がある。形が扁平で皮の粒がはっきりしているものが良い。小田原でもミカン狩りが体験できる。

小田原のブルーベリー(おだわらのぶるーべりー)

眼によいといわれる、愛らしい果実

7~8月が旬のブルーベリーは香りと適度な甘酸っぱさが特徴。そのまま食したり、ヨーグルトのトッピングやケーキに入れたりと、用途も多彩。小田原では7月~8月に摘み取り体験が楽しめる。

小涌谷のツツジ・サツキ(こわくだにのつつじさつき)

一斉に咲きそろう目にもあざやかな花

園芸品種が多く、公園や庭園に栽植されるほか、山で自生するツツジ。サツキはツツジの一種で、旧暦の皐月に咲くことからサツキと命名された。箱根・蓬来園では4月下旬から5月中旬にツツジが艶やかに咲き乱れる。

小涌谷のツツジ・サツキ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください