トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 西伊豆・中伊豆 > 天城湯ヶ島

天城湯ヶ島

天城湯ヶ島のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

天城湯ヶ島のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。天城湯ヶ島の猪鍋、修善寺のズガニ、修善寺のアユなど情報満載。

天城湯ヶ島のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:85 件
  • 記事:6 件

1~20 件を表示 / 全 7 件

天城湯ヶ島の猪鍋(あまぎゆがしまのいのししなべ)

あっさりした味わいとクセのなさが魅力

天城山は猪の産地として有名で、古くから猪鍋が親しまれてきた。イノシシの肉は煮込むほどに柔らかくなり、クセがなく食べやすい。晩秋からが猪鍋のシーズンとなる。

天城湯ヶ島の猪鍋

修善寺のズガニ(しゅぜんじのずがに)

冬の料理に彩りをそえる地元の名物

狩野川沿いに伝わるズガニ(モクズガニ)料理は、秋から冬がシーズン。地域の民宿や旅館では、茹でガニやカニ汁の会席料理が楽しめる。地域を代表する季節の味覚。

修善寺のズガニ

修善寺のアユ(しゅぜんじのあゆ)

上質なアユ料理を心ゆくまで堪能しよう

  • 旬魚介

狩野川はアユが生息するのに適しており、友釣りのメッカとして有名である。狩野川でとれた新鮮な天然アユの料理は多彩で味わい豊か。5~10月がアユのシーズンとなる。

修善寺のアユ

天城のワサビ(あまぎのわさび)

辛さの中に甘みをもつ高品質のワサビ

  • おみやげ

天城山では冷涼な源流を利用したワサビ栽培が盛んに行われており、とれたばかりの生ワサビを販売している。強い辛みはもちろん、ほんのりとした甘さと豊かな香りが特徴。

天城のワサビ

伊豆のワサビ漬け(いずのわさびづけ)

鼻にツンとくるさわやかな刺激を味わう

  • おみやげ

独特の香味ある日本原産の香辛料・ワサビは、伊豆の特産品。名物のワサビ漬けは、刻んだワサビを酒粕に混ぜて漬け込んだもの。酒のつまみやご飯の副菜となり、みやげとして人気。

伊豆のワサビ漬け

天城のキウイ(あまぎのきうい)

レモンより多いビタミンCを有する

ニュージーランド産がもっとも多く出回っているが、11月頃には愛媛や福岡、和歌山など国内産が店頭に並ぶことも。ビタミンCが豊富で、さわやかな酸味と食べやすさから、ヘルシーフルーツとして女性に人気。中伊豆・天城では例年、11月中旬からキウイ狩りが始まり多くの人が訪れる。収穫時にはまだ硬い果肉も、収穫後2週間ほど追熟させるととろりと熟し、新鮮な酸味と甘みが楽しめる。

天城のキウイ

修善寺のシャクナゲ(しゅぜんじのしゃくなげ)

神秘の花から、身近な花となったシャクナゲ

ツツジ属の中でも冷涼で高湿度の土地に育ち、人の足の踏み入れにくい深い山中に咲くことから「神秘の花」とされていた。見ごろは4月中旬~5月上旬で、品種改良により赤、白、グラデーションなど花の色はさまざま。修善寺の虹の郷「しゃくなげの森」では3月下旬~5月下旬にかけてシャクナゲが咲き誇る。

修善寺のシャクナゲ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください