トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 山梨・富士山 > 身延・南アルプス > 市川大門

市川大門

市川大門の概要、観光・旅行情報

市川大門の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

  • スポット:35 件
  • 記事:1 件

2本の川が合流し、舟運と和紙の産地として栄えた地

富士川と笛吹川の合流点に位置し、かつては舟運で栄えた河港が点在する。市川大門は、1200年の伝統を誇る和紙の産地で、現在も昔ながらの和紙生産が行われ、手漉き体験もできる。書道文化も育まれ、中国歴代の書の名碑を復元した「大門碑林公園」がある。三珠地区は江戸歌舞伎の初代・市川団十郎ゆかりの地。「市川三郷町歌舞伎文化公園」には、市川家の歴史やゆかりの品を展示した文化資料館がある。富士川町にある「大法師公園」はソメイヨシノが約2000本植えられている桜の名所。日本さくら名所百選にも選ばれている。

市川大門のおすすめスポット

四尾連湖

神秘と伝説につつまれた湖

標高850m、周囲1.2kmの山上湖で古くは富士五湖と共に龍神が祀られ、富士内八海の霊場の一つに数えられた。尾崎龍王という4つの尾を連ねた龍がいるという龍神伝説から四尾連湖と言われる。湖畔では釣りやボート遊びなどさまざまなレジャーや見事な紅葉も楽しめる。

四尾連湖

四尾連湖

住所
山梨県西八代郡市川三郷町山保
交通
JR身延線市川大門駅からタクシーで30分
料金
情報なし

みはらしの丘 みたまの湯

爽快な景色を望む眺望抜群の湯

露天風呂から見渡す甲府盆地がとても美しい「みたまの湯」。夜には、また違った美しさの眺めも堪能でき、温泉施設としては全国初、2019年3月に「夜景100選」、9月に「日本夜景遺産」に選ばれた。源泉は茶褐色で、その色は太古の植物から溶け出した天然有機物によるもの。

みはらしの丘 みたまの湯

みはらしの丘 みたまの湯

住所
山梨県西八代郡市川三郷町大塚2608
交通
JR身延線甲斐上野駅からタクシーで5分
料金
入浴料=大人780円、小学生500円、小学生未満無料/(回数券11枚綴7800円)

道の駅 富士川

みやげ選びにもぴったり。富士川オリジナル商品も揃う

地元で採れた農産物や、ここでしか買えないオリジナルのみやげ物が豊富にそろう。グラウンドゴルフなどが楽しめる芝生広場もあり、ドライブ途中の癒しのスポットになっている。

道の駅 富士川

道の駅 富士川

住所
山梨県南巨摩郡富士川町青柳町1655-3
交通
中部横断自動車道増穂ICからすぐ
料金
施設により異なる

四尾連湖水明荘キャンプ場

静かな湖畔にテントをたて、釣り、ボート、森林浴が楽しめる

静かな湖畔のテントサイトのほかにバンガローもあり、白樺林の草地では直火ができる。駐車場からキャンプ場まで少し離れているが、荷物運搬用の一輪車が無料で貸し出しされている。

四尾連湖水明荘キャンプ場

四尾連湖水明荘キャンプ場

住所
山梨県西八代郡市川三郷町山保
交通
中部横断自動車道増穂ICから国道52号で身延方面にすぐの富士川大橋西交差点を左折して一般道を市川三郷方面へ。県道409号で四尾連湖を目指し現地へ。増穂ICから13km
料金
サイト使用料=テント専用テント(タープ)1張り大人1500円、小人1000円、小学生未満無料/宿泊施設=ロッヂ1室6000~7000円、別途使用料1人200円必要/駐車料=1台800円(1日400円)/

秋山観光農園

日本では珍しいラ・フランス狩り

なかなか食べられない品種の洋なしがたくさん食べられる農園。食べ方などの説明もしてくれる。特に女性に人気があり、リピーターも多い。

秋山観光農園

秋山観光農園

住所
山梨県南巨摩郡富士川町小室5879
交通
JR身延線市川大門駅からタクシーで10分
料金
ラ・フランス狩り(洋なしたっぷり試食、ラ・フランス2個もぎとり、洋なしジャム付)=2000円/

おすすめスポットをもっと見る

市川大門のおすすめの記事

【南アルプス市・市川三郷】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

南アルプス市はサクランボなどの果樹生産地として知られる。かつて舟運で栄えた富士川流域は、手漉き和紙などの伝統産業が盛んだ。

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください