トップ > 全国 x 銘木 > 関東・甲信越 x 銘木 > 信州・清里 x 銘木 > 清里・八ヶ岳 x 銘木

清里・八ヶ岳 x 銘木

清里・八ヶ岳のおすすめの銘木スポット

清里・八ヶ岳のおすすめの銘木スポットをご紹介します。樹齢約400年の小淵沢の巨木「神田の大イトザクラ」、「」、「」など情報満載。

  • スポット:1 件

1~20 件を表示 / 全 1 件

清里・八ヶ岳の魅力・見どころ

八ヶ岳の裾野に広がる、満天の星に包まれるリゾート

名峰・八ヶ岳の麓に広がる清涼な高原のエリア。山すそを巻くように走るのがJR小海線で、日本で一番標高が高い野辺山駅がある。南麓に広がる清里は高原リゾートとして知られ、シンボルの「清泉寮」を中心にさまざまな観光施設が充実。夜になると都会では味わえない満天の星を眺めることができる。小淵沢には「星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳」と「八ヶ岳リゾートアウトレット」といった大規模施設があり、多くの人が訪れている。そのほか、名水の里・白州やヒマワリの里・明野、巨大なパラボラアンテナが立つ野辺山など見どころは数多い。

神田の大イトザクラ

樹齢約400年の小淵沢の巨木

県内でもまれに見る巨木で、樹高約9m、幹囲約8m、枝張り20m余り、樹齢約400年のエドヒガンザクラの変種。地元では「花が一斉に開くときは豊年」といい伝えられている。1959(昭和34)年、山梨県の天然記念物に指定された。現在は樹を保護するために、風除のネットを設置している。

神田の大イトザクラ

神田の大イトザクラ

住所
山梨県北杜市小淵沢町松向2767
交通
JR中央本線小淵沢駅からタクシーで10分
料金
情報なし

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください