トップ > 全国 x 記念館 > 東海・北陸 x 記念館 > 名古屋・愛知 x 記念館

名古屋・愛知 x 記念館

名古屋・愛知のおすすめの記念館スポット

名古屋・愛知のおすすめの記念館スポットをご紹介します。新美南吉記念館,旧豊田佐助邸,海辺の文学記念館など情報満載。

名古屋・愛知のおすすめの記念館スポット

  • スポット:4 件
  • 記事:3 件

1~20 件を表示 / 全 4 件

新美南吉記念館

新美南吉の文学の世界に浸ろう

新美南吉の作品の世界を、南吉の生涯を追いながら紹介。貴重な直筆資料や作品のジオラマなどが見学でき、カフェも併設。名鉄半田口駅そばにある南吉の生家も合わせてめぐってみては。

新美南吉記念館
新美南吉記念館

新美南吉記念館

住所
愛知県半田市岩滑西町1丁目10-1
交通
名鉄河和線半田口駅から徒歩20分
料金
高校生以上210円、中学生以下無料(高校生以上の20名以上の団体は170円、身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳持参で本人と介護者1名無料)

旧豊田佐助邸

偉人・豊田佐助の邸宅

豊田佐助はトヨタグループの創始者である豊田佐吉の弟。大正時代に建てられた邸宅は、タイル貼りの洋館と和館で構成されている。火・木・土曜は、ボランティアによる建物ガイドも。

旧豊田佐助邸
旧豊田佐助邸
旧豊田佐助邸
旧豊田佐助邸

旧豊田佐助邸

住所
愛知県名古屋市東区主税町3丁目8
交通
地下鉄高岳駅から徒歩15分
料金
無料

海辺の文学記念館

文豪に愛された名館をしのぶ

大正・昭和の文人たちに愛された施設「常磐館」の跡地に建つ記念館。当時の備品などが置かれた和室から眺める竹島は往時そのままだ。未来に届く時手紙も人気。

海辺の文学記念館

海辺の文学記念館

住所
愛知県蒲郡市竹島町15-62
交通
JR東海道本線蒲郡駅から徒歩15分
料金
入館料=無料/抹茶=300円/時手紙=500円~/

旧春田鉄次郎邸

陶磁器を輸出する貿易商として成功した春田鉄次郎の邸宅

陶磁器の輸出商社を営んだ春田鉄次郎の邸宅。建築家武田五一の設計により大正13(1924)年に建てられたと言われる。手前に洋館、奥に和館を配した構成だ。

旧春田鉄次郎邸
旧春田鉄次郎邸

旧春田鉄次郎邸

住所
愛知県名古屋市東区主税町3丁目6-2
交通
地下鉄高岳駅から徒歩15分
料金
無料

条件検索

エリアとジャンルを指定してください