トップ > 全国 x 城・城址 > 東海・北陸 x 城・城址 > 名古屋・愛知 x 城・城址 > 名古屋・瀬戸・犬山 x 城・城址

名古屋・瀬戸・犬山 x 城・城址

名古屋・瀬戸・犬山のおすすめの城・城址スポット

名古屋・瀬戸・犬山のおすすめの城・城址スポットをご紹介します。400年の歴史を感じる旅へいざ参らん「名古屋城」、現存する日本最古の天守を持つ、国宝五城のひとつ「国宝犬山城」、清洲城の跡地。信長を祀る小社や石碑がある「清洲古城跡公園」など情報満載。

名古屋・瀬戸・犬山のおすすめの城・城址スポット

  • スポット:4 件
  • 記事:9 件

1~20 件を表示 / 全 4 件

名古屋城

400年の歴史を感じる旅へいざ参らん

慶長17(1612)年、徳川家康の命によって築城。日本三名城のひとつにも数えられる。大天守に輝く金のシャチホコをはじめ、見事な石垣など至るところに徳川家の威光を感じる。平成30年(2018)年に完成公開を迎えた本丸御殿にも注目。

名古屋城
名古屋城

名古屋城

住所
愛知県名古屋市中区本丸1-1
交通
地下鉄市役所駅から徒歩5分
料金
入場料=大人500円、中学生以下無料/ガイド=無料/(名古屋市内在住の高齢者は本人確認書類等持参で100円、各種手帳・受給者証持参で無料)

国宝犬山城

現存する日本最古の天守を持つ、国宝五城のひとつ

天文6(1537)年、織田信長の叔父である織田信康が築城。国宝五城のひとつに数えられ、天守は現存する日本の城の中で最古といわれる。木曽川沿いの高台に建つことから李白の詩になぞらえ「白帝城」とも呼ばれる。

国宝犬山城
国宝犬山城

国宝犬山城

住所
愛知県犬山市犬山北古券65-2
交通
名鉄犬山線犬山駅から徒歩20分
料金
大人550円、小・中学生110円(団体は要問合せ、障がい者手帳持参で本人と介護者1名無料(車いすは2名無料))

清洲古城跡公園

清洲城の跡地。信長を祀る小社や石碑がある

清須越しにより廃城となった清洲城の跡地。静かな公園となっており、信長を祀る小社や石碑などが点在する。現在の清洲城天主閣とは五条川を隔てた対岸にあり、頂上付近から見渡す風景は抜群だ。

清洲古城跡公園
清洲古城跡公園

清洲古城跡公園

住所
愛知県清須市清洲古城448
交通
JR東海道本線清洲駅から徒歩15分
料金
情報なし

清洲城

織田信長ゆかりの名城は眺望が自慢

3層4階建ての天主閣をはじめ、芸能文化館、清洲城広場、遊歩道がある。天主閣の最上階からは清須市はもちろん、伊吹山や御嶽山まで望むことができる。

清洲城
清洲城

清洲城

住所
愛知県清須市朝日城屋敷1-1
交通
JR東海道本線清洲駅から徒歩15分
料金
大人300円、小・中学生150円(30名以上の団体は50円引、障がい者手帳持参で本人無料・介護者1名半額)

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください