トップ > 全国 > 東海・北陸 > 名古屋・愛知 > 西三河

西三河

西三河の概要、観光・旅行情報

西三河の観光・旅行はこれでOK。おすすめのスポットやガイド記事などで西三河をご案内します。

西三河の概要、観光・旅行情報

  • スポット:240 件
  • 記事:20 件

家康とトヨタだけではない魅力的な観光エリア

西三河の中心都市・岡崎は家康が生まれた「岡崎城」を中心とする城下町で、戦国武将ゆかりの寺や史跡をめぐる歴史探索が楽しめる。豊田はトヨタ自動車の発祥の地であり、江戸時代には三州街道の宿場町として栄えたところ。市内には国の伝統的建造物群保存地区に指定されている足助や、紅葉の名所として名高い香嵐渓などもある、歴史と文化に彩られた街だ。またアートの島・佐久島や、全国有数の抹茶生産量を誇る西尾、農業が盛んで『日本デンマーク』とも呼ばれた安城など、魅力ある街が集まっている。

西三河の観光まとめ記事

愛知観光はこれでOK!おすすめ観光&グルメスポット40選

中部・東海エリアの中心地である愛知県。金のシャチホコで名高い名古屋城や、古くから皇室や朝廷、武家から信仰を集めた熱田神宮などの歴史スポットがあり、きしめんや味噌煮込みうどん、ひつまぶしに味噌カツなど、...

西三河のおすすめスポット

カクキュー八丁味噌(八丁味噌の郷)(見学)

江戸初期から伝統製法で八丁味噌を造る「カクキュー八丁味噌」

愛知県岡崎市八帖町(旧・八丁村)で江戸時代初期から伝統製法で八丁味噌を造り続けている。大豆と塩を原料に大きな木桶に仕込み、職人の手で重石を円錐状に積み上げ、天然醸造で二夏二冬(2年以上)じっくりと熟成させている。八丁味噌の歴史と製造工程が学べる工場見学では、実際に味噌を仕込んでいる蔵の中も見学できる。品ぞろえ豊富な売店や味噌料理を堪能できる食事処も併設。

カクキュー八丁味噌(八丁味噌の郷)(見学)

カクキュー八丁味噌(八丁味噌の郷)(見学)

住所
愛知県岡崎市八帖町往還通69
交通
名鉄名古屋本線岡崎公園前駅から徒歩5分
料金
見学料=無料/カクキューの田楽味噌=360円(130g)/味噌カツのたれ=540円/

岡崎城

家康の生誕の地を散策

徳川家康が生まれた城として有名。2階から4階は歴史資料館、5階は岡崎市街を一望する展望室になっている。岡崎公園内にあり、園内には岡崎城のほか「三河武士のやかた家康館」や「岡崎城二の丸能楽堂」など家康公に関連した施設が並ぶ。桜の名所としても有名。

岡崎城

岡崎城

住所
愛知県岡崎市康生町561岡崎公園内
交通
名鉄名古屋本線東岡崎駅から徒歩15分
料金
大人200円、小人(5歳~小学生)100円(団体割引あり、岡崎市内在住の65歳以上、障がい者手帳持参者無料)

佐久島

佐久島

住所
愛知県西尾市一色町佐久島

大樹寺

歴代将軍の位牌を安置

松平・徳川将軍家の菩提寺として名高い大樹寺には、松平8代の墓、歴代将軍の等身大の位牌が納められ、ゆかりの寺宝類も数多く収蔵されている。多宝塔は重要文化財に指定。

大樹寺

大樹寺

住所
愛知県岡崎市鴨田町広元5-1
交通
名鉄名古屋本線東岡崎駅から名鉄バス大樹寺行きで15分、終点下車、徒歩10分
料金
文化財宝物館入館料=大人400円、小・中学生200円/(15名以上の団体は350円、障がい者手帳持参で50円引)

香積寺

香嵐渓発祥の寺へ

応永34(1427)年に創建された曹洞宗の古刹。江戸時代初期、三栄和尚が経を詠むごとにカエデや杉を植えたのが香嵐渓の紅葉の始まりと伝えられている。

香積寺

香積寺

住所
愛知県豊田市足助町飯盛39
交通
名鉄豊田線浄水駅からとよたおいでんバス百年草行きで1時間、香嵐渓下車、徒歩10分
料金
情報なし

おすすめスポットをもっと見る

西三河のおすすめの記事

【愛知】おすすめプレイスポット&美術館をチェック!

ディノアドベンチャー名古屋あいち航空ミュージアム南知多ビーチランド&南知多おもちゃ王国安城産業文化公園デンパークワンダーフォレストきゅりおのんほいパーク(豊橋総合動植物公園)愛知牧場あいち健康の森公園...

【香嵐渓~茶臼山】高原ドライブ!おすすめスポット!

紅葉の名所として知られる香嵐渓をはじめ、南アルプスの壮観な景色を望む茶臼山を目指すドライブコース。四季折々で異なる表情を見せる山並みをバックに、絶景やグルメ、温泉を楽しむ旅へ出かけよう!

【足助】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

塩の道、中馬街道の拠点として栄えた宿場町。香嵐渓のもみじまつりなど、祭事や催しも多い。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された足助の町並みも堪能しよう。

もっと記事を見る

条件検索

エリアとジャンルを指定してください