エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 東海・北陸 > 岐阜・飛騨 > 飛騨・白川郷 > 高山 > 櫻山八幡宮

櫻山八幡宮

櫻山八幡宮のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した櫻山八幡宮のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。早朝からにぎわう人気スポット「宮川朝市」、ダイナミックな立体交差が生む繊細で美しい吹き抜けは必見「吉島家住宅」、懐かしい昭和30年代へタイムスリップ「高山昭和館」など情報満載。

櫻山八幡宮のおすすめのスポット

  • スポット:63 件
  • 記事:15 件

櫻山八幡宮の新着記事

【飛騨高山】和のおやつ!定番から話題の新名物まで!

飛騨高山には、昔から親しまれる和のおやつが満載。和の要素を取り入れた新しいスイーツも続々と登場している。注目の逸品を高山みやげとして持ち帰ろう。

【飛騨高山】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

岐阜【飛騨高山】パン&スイーツがハイレベル! 話題のお店をチェック!

飛騨牛や漬物など、高山を代表するグルメは多いが、最近話題になっているのがパンやスイーツ。実力派からトレンド系まで、おすすめの店をご紹介します。全国からもパン好きが足を運ぶ有名店など、高山の人気の店をチ...

【高山祭】日本三大美祭のひとつ!見どころをチェック!

一年に2回、春と秋に開催され、毎年数十万人が訪れる高山祭。日本三大美祭のひとつに数えられる華麗な祭りの魅力と見どころを紹介!

岐阜【飛騨高山】吉島家住宅を見学! 明治時代の豪商の家とは?

軒高など、江戸幕府の制限がなくなった明治期の町家建築。豪商の旦那衆のセンスと匠の技が光る、高山を代表する名建築をすみずみまで見学しよう!

飛騨高山【さんまち】和カフェ♪こだわり空間とスイーツで寛ぐ

和のたたずまいが魅力のカフェが多く集まる、さんまち。歴史や趣を感じながら、こだわりスイーツを味わえば、心和むひとときが満喫できそう。高山のおすすめカフェをご紹介します。

【飛騨高山】朝市へ出かけよう!高山名物とふれあいがいっぱい!

高山市街地を流れる宮川沿いの鍜治橋から弥生橋の間で早朝から行われる朝市。30~40軒ほどの出店が並び、地元の買い物客だけでなく観光客も多く集います。30分程度で一回りできる規模で、同じ商品を扱う店もあ...

【飛騨高山】居酒屋グルメ!酒×肴でうまさが倍増!

高山の地酒と地の食材を生かした肴がそろう居酒屋は、地元で人気のグルメスポット。旬の味と気さくな雰囲気を味わいながら、高山の夜を楽しもう!

【飛騨牛】高山名物グルメNo.1! 絶対食べたい!

多彩な味で旅人をもてなしてくれる飛騨高山で、もっとも人気を集めているグルメと言えば、飛騨牛。全国的にも名高いブランド牛のとろけるような食感と甘みを、さまざまなメニューで満喫しよう。こちらの記事ではぜい...

岐阜【飛騨高山】見たい! 撮りたい! フォトジェニックなスポット!

もっと見る

1~20 件を表示 / 全 63 件

櫻山八幡宮の魅力・見どころ

秋の高山祭の舞台となる古社と、伝統の朝市

市街地の北に位置する「櫻山八幡宮」は、秋の高山祭の舞台として有名な古社。境内には「高山祭屋台会館」があり、11台の屋台を年3回、4台ずつ交替で展示している。「日下部民藝館」と「吉島家住宅」では、高い吹き抜けを持つ高山の町家の建築美を存分に堪能できる。2つの大邸宅の雰囲気の違いも大きな見どころだ。鍛冶橋と弥生橋のあいだの宮川沿いには毎日「宮川朝市」が立ち、旬の野菜や漬物、みやげものなどが売られる。

櫻山八幡宮のおすすめスポット

宮川朝市

早朝からにぎわう人気スポット

宮川に沿って、鍛冶橋から弥生橋までの間で毎日実施されている朝市。新鮮な野菜や季節の果物、民芸品、漬物などを求めて、地元の人や観光客で賑わう。

宮川朝市
宮川朝市

宮川朝市

住所
岐阜県高山市鍛冶橋~弥生橋宮川沿い
交通
JR高山本線高山駅から徒歩10分
料金
要問合せ

吉島家住宅

ダイナミックな立体交差が生む繊細で美しい吹き抜けは必見

明治40(1907)年に再建された日本を代表する町家建築。重要文化財に指定されており、立体的な格子の美しさは海外からも評価が高い。漆塗が施された柱や梁など繊細で優美な意匠にも注目を。

吉島家住宅
吉島家住宅

吉島家住宅

住所
岐阜県高山市大新町1丁目51
交通
JR高山本線高山駅から徒歩15分
料金
入館料=大人500円、小・中学生300円/ (団体30名以上は50円引)

高山昭和館

懐かしい昭和30年代へタイムスリップ

昭和30~40年代の町並み(昭和横丁)や子供広場などが再現され、古き良き昭和の時代にタイムスリップ。1階はタバコ店や電気店などの商店、2階は学校や民家が展示されており、実際に見て触れて体感できる。また入口には駄菓子屋もあり大人から子供まで楽しめる。

高山昭和館
高山昭和館

高山昭和館

住所
岐阜県高山市下一之町6
交通
JR高山本線高山駅から徒歩15分
料金
大人800円、中・高学生500円、4歳~小学生300円 (20名以上で割引あり、障がい者割引あり、詳細は要問合せ)

匠館

飛騨の匠の魅力を多彩に

飛騨家具メーカーが手がけるショールームやショップ、カフェ、レストランを併設。オリジナルの家具はもちろん、家具用の一枚板から、手軽なみやげまで幅広くそろう。

匠館
匠館

匠館

住所
岐阜県高山市下三之町1-22
交通
JR高山本線高山駅から徒歩10分
料金
楕円皿ライン入り=3100円~/森人=2270円/チェア=34560円~/ダイニングセット=547560円/

夢工場飛騨

自分で焼いたせんべいは格別の味

4倍にふくらむせんべいの手焼き体験ができる。たまり、塩、ゴマ、イカ、ハートすべてにチャレンジでき、焼き上がりは認定証とともに持ち帰れるのもうれしい。

夢工場飛騨
夢工場飛騨

夢工場飛騨

住所
岐阜県高山市桜町52
交通
JR高山本線高山駅から徒歩20分
料金
入館料=無料/たっぷり体験コース(せんべい8枚、約15分)=400円/

桔梗屋

後味さっぱりの濃厚スープに定評があるラーメン店

10時間かけて煮込むスープは、鶏ガラや煮干しの旨みが豊かで、細めのちぢれ麺とよく絡む。濃厚でコクがあるが、後味は不思議なくらいさらりとして飲み干せそうなほど。

桔梗屋

桔梗屋

住所
岐阜県高山市本町3丁目58
交通
JR高山本線高山駅から徒歩10分
料金
中華そば(並)=650円/ワンタン麺=750円/チャーシュー麺=1000円/

右衛門横町

高山名物が勢ぞろい

築120年以上の酒蔵を改装した館内には、手軽に名物グルメを味わえるテイクアウトコーナーや高山みやげの売店、食事処など8店舗が集結。宮川散策の途中で立ち寄るのに便利。

右衛門横町

右衛門横町

住所
岐阜県高山市下三之町19
交通
JR高山本線高山駅から徒歩9分
料金
飛騨牛まん=430円(1個)/五平餅=300円/

京や

多彩な山里料理の数々を築百六十余年の古民家で食す

季節の野菜を使った保存食や飛騨伝統の漬物料理、朴葉味噌焼きなど、ここだけで高山の味があれもこれもと楽しめる。飛騨牛や富山湾直送の海産物の炉端焼きほか一品料理も豊富で、地元の常連客も多い。高山の食文化に詳しい気さくな女将も魅力的。

京や
京や

京や

住所
岐阜県高山市大新町1丁目77
交通
JR高山本線高山駅から徒歩15分
料金
在郷定食=2500円/朴葉みそ定食=1300円/飛騨牛あみ焼き=1500円/京や御膳=3500円/京や自家製鶏ちゃん=650円/豆腐ステーキ=550円/漬け物ステーキ=550円/

なべしま銘茶

飛騨紅茶をみやげに

飛騨紅茶は奥飛騨の温泉を利用して作った純国産紅茶。無香料、無着色で、ストレートティがおすすめ。飛騨で育った大麦のみを使用した飛騨麦茶は、昔懐かしい色と香り。

なべしま銘茶

住所
岐阜県高山市下一之町12
交通
JR高山本線高山駅から徒歩15分
料金
飛騨紅茶=864円~(2.5g、8包入)/飛騨紅茶ファーストフラッシュ=1296円(30g)/飛騨紅茶ファーストフラッシュティーバッグ=1296円(2.5g×8個)/飛騨麦茶=324円(300g)、432円(10g×20個)/

分隣堂

ふんだんに入った栗は香りの良さも格別

大正15(1926)年の創業以来、昔ながらの味を守る和菓子店。麦落雁やしお落雁、和三盆製のうすゆきなどの銘菓のほかに、四季折々の干菓子や生菓子、冬には駄菓子のこくせんなども並ぶ。

分隣堂
分隣堂

分隣堂

住所
岐阜県高山市下二之町70
交通
JR高山本線高山駅から徒歩15分
料金
栗よせ=1050円(半棹)、2100円(1棹)/麦落雁=650円~(12個入)/しお落雁=500円(1本)/うすゆき=600円/

茶房 布久庵

上品な和のしつらえの中、静寂に包まれて甘味を楽しむ店

明治29(1896)年創業の呉服屋の座敷と蔵を利用し、それぞれ趣の異なる席を用意。季節を感じる中庭を眺め、情緒あるしつらえの中、上質な本葛やわらび粉などを用いた甘味を味わえる。

茶房 布久庵
茶房 布久庵

茶房 布久庵

住所
岐阜県高山市下一之町17
交通
JR高山本線高山駅から徒歩15分
料金
布久パフェ=1100円/飛騨米粉のクレープ=600円~/わらびセット(抹茶付き)=1100円/白玉クリームあんみつ=850円/きなこわらびパフェ=950円/くずきりセット=1350円/

高山祭屋台会館

豪華な祭屋台をじっくり見学

国の重要文化財で、高山祭に曳き出される実物屋台を展示。一年中、高山祭の雰囲気が味わえる。400年の歴史と技が光る豪華な屋台は必見だ。音声ガイドの機器を無料で貸し出ししている。

高山祭屋台会館
高山祭屋台会館

高山祭屋台会館

住所
岐阜県高山市桜町178
交通
JR高山本線高山駅から徒歩20分
料金
入館料(桜山日光館と共通)=大人1000円、高校生600円、小・中学生500円/ (高校生以外団体割引あり、20名以上大人880円、小・中学生450円、障がい者は500円、介護者については窓口にて要確認)

やよいそば

昔ながらの原点を追求する

カツオ節が香るあっさりスープは、地元のたまり醤油をベースに、選りすぐりの魚醤を隠し味として加えている。自家製チャーシューは、ほろっとくずれるほどのやわらかさ。

やよいそば
やよいそば

やよいそば

住所
岐阜県高山市七日町1丁目1
交通
JR高山本線高山駅から徒歩15分
料金
中華そば=580円(小盛)・750円(並盛)・850円(大盛)/チャーシューメン=1050円/味あげ定食=1050円/味あげラーメン=900円/ねぎラーメン=900円/大判チャーシューメン=1100円/

広重スイーツマジック

えごまみそのカラメル&もちふわ新食感

宮川朝市から生まれたバームクーヘン専門店。えごまみそを使用した、ほろ苦い大人味のカラメルをまとった「魔法のバームクーヘン」や、ふわもち食感の生バームクーヘンも大人気。

広重スイーツマジック

住所
岐阜県高山市下三之町59
交通
JR高山本線高山駅から徒歩13分
料金
魔法のバームクーヘン=1480円/生バームクーヘン=1380円/

かじ橋食堂

地酒ソフトが名物

宮川朝市に近く、観光客でにぎわう。地酒「深山菊」入りの地酒ソフトクリームは、ほのかな酒の風味がさわやか。朝定食をはじめ定食メニューも人気。飛騨牛朴葉味噌定食がおすすめ。

かじ橋食堂

かじ橋食堂

住所
岐阜県高山市下三之町1
交通
JR高山本線高山駅から徒歩10分
料金
朝定食=600円/飛騨牛朴葉味噌定食=1600円/その他定食=850円/牛丼=700円/地酒ソフトクリーム=300円/桃のソフトクリーム=300円/コーヒーソフトクリーム=300円/

飛騨高山獅子会館からくりミュージアム

日本唯一のからくり師による実演

からくり人形の実演を一年中楽しめる日本唯一のからくり実演場。常時5種類のからくりを実演している。国指定重要有形民俗文化財の獅子頭も展示。

飛騨高山獅子会館からくりミュージアム
飛騨高山獅子会館からくりミュージアム

飛騨高山獅子会館からくりミュージアム

住所
岐阜県高山市桜町53-1
交通
JR高山本線高山駅から徒歩20分
料金
大人600円、小・中学生400円 (15名以上の団体は大人500円、小・中学生360円)

ver kLar

新鮮な果物を使った自家製デザート

階下にくだもの店を併設していて、新鮮なくだものを使った自家製デザートが楽しめる。店内奥にはテラス席があり、宮川を見下ろしながらのティータイムもおすすめだ。

ver kLar
ver kLar

ver kLar

住所
岐阜県高山市本町3丁目3-2
交通
JR高山本線高山駅から徒歩10分
料金
ケーキセット=680円~/クリームあんみつ豆=700円/オリジナルティー=400円/マロンパフェ=800円/

PenShop IMAI

店主の文具愛が詰まった店

実家が大正時代から続く文具店の店主が営む文具屋。海外からの輸入品やユニークなアイテムなど、さまざまな商品が並ぶ。とくに万年筆の品揃えが豊富で、リーズナブルなものから高級品まで幅広い。ペンを購入すると無料で名前入れをしてくれるサービスも。

PenShop IMAI

PenShop IMAI

住所
岐阜県高山市本町3丁目5
交通
JR高山本線高山駅から徒歩10分
料金
高山の四季ポストカード=各150円/

飛騨牛料理店 鳩谷

本物の味を追求し、上質な飛騨牛をシンプルに提供する専門店

しゃぶしゃぶ、すき焼き、ステーキの3種類を提供する、飛騨牛料理の専門店。店は明治初期の町家を利用しており、すべてが個室の座敷になっている。厳選された本物の飛騨牛をじっくりと味わいたい。

飛騨牛料理店 鳩谷
飛騨牛料理店 鳩谷

飛騨牛料理店 鳩谷

住所
岐阜県高山市大新町3丁目110
交通
JR高山本線高山駅から徒歩20分
料金
しゃぶしゃぶ=6578円~/すき焼き=6578円~/和風ステーキ=7678円~/

ジャンルで絞り込む