トップ > 全国 x 陶器・漆器・磁器 > 関西 x 陶器・漆器・磁器

関西 x 陶器・漆器・磁器

関西のおすすめの陶器・漆器・磁器スポット

関西のおすすめの陶器・漆器・磁器スポットをご紹介します。トンネル窯跡に出現した信楽焼とアートの拠点「かまーとの森」、暮らしを彩る雑貨たち「gallery & design uruno」、やさしい顔の陶人形が並ぶ「陶房「準」」など情報満載。

関西のおすすめの陶器・漆器・磁器スポット

  • スポット:33 件
  • 記事:13 件

1~20 件を表示 / 全 33 件

かまーとの森

トンネル窯跡に出現した信楽焼とアートの拠点

全長80mの長いトンネル窯を改装した空間に、信楽焼の植木鉢ブランド「プラスガーデン」のショールーム、若手陶芸作家のほか写真家などの作品を展示するギャラリー、さらに雑貨ショップや日替ランチが人気のカフェが集まる。大きなタンクを利用したライブイベントなども要チェック。

かまーとの森
かまーとの森

かまーとの森

住所
滋賀県甲賀市信楽町長野1361-4
交通
信楽高原鐵道信楽駅から徒歩20分
料金
限定ランチ=1000円~/ワッフル=600円~/ドリンク=350円~/

gallery & design uruno

暮らしを彩る雑貨たち

店主が本当に好きなものをていねいに選び、みずから使いごこちを確かめてから販売。滋賀県内や近隣エリアで暮らす作家の器を中心に、手仕事ならではの風合いをもつ雑貨や日用品が並ぶ。

gallery & design uruno

住所
滋賀県長浜市相撲庭町1185-1
交通
北陸自動車道長浜ICから県道37号、国道365号を伊吹山方面へ車で5km

陶房「準」

やさしい顔の陶人形が並ぶ

陶芸作家の葛原準子さんが営む陶人形の工房。しぐさや表情が素朴で愛らしく、思わずほほえんでしまう人形がそろう。干支や動物、童のほか、なむなむ地蔵も好評だ。陶人形の作陶教室もある。

陶房「準」
陶房「準」

陶房「準」

住所
滋賀県甲賀市信楽町長野1423-10
交通
信楽高原鐵道信楽駅から徒歩17分
料金
なむなむ地蔵=2600円/お雛様=3000円~/うさぎ雛=3000円~/お地蔵様=800円~/

登り窯gallery miharu

親子3人の多彩な作品がそろう

3代目当主・神崎継春さんと4代目夫婦が制作を行う窯。土味を活かす継春さんの作品や信楽焼らしい器をはじめ、黒や白の釉薬を使う作品が特徴的な息子・秀策さんの作品など、多彩な作風が楽しめる。

登り窯gallery miharu
登り窯gallery miharu

登り窯gallery miharu

住所
滋賀県甲賀市信楽町長野1388-1
交通
信楽高原鐵道信楽駅から徒歩20分
料金
鳳彩四方皿=3500円/アレチノギク鉢=50000円/灰釉平向=5000円/

くらわんかギャラリー

江戸時代の商家をギャラリーに

江戸時代中期(享保年間)の創業。代々、瀬戸物を商っていたことから、くらわんか碗を復元し、現代風の創作くらわんか陶器を販売している。

くらわんかギャラリー

くらわんかギャラリー

住所
大阪府枚方市三矢町4-4
交通
京阪本線枚方市駅から徒歩6分
料金
くらわんか茶碗各種=500円~/

市野悟窯

線を生かしたデザインと色彩のコントラスト

白い泥に色を混ぜ、滑らかなラインや幾何学模様を描いていく技法「彩色線象嵌(ぞうがん)」。青や赤、緑やピンクなどの差し色が楽しい作品は、鑑賞陶器から日常使い用まで、おしゃれなものがいっぱい。

市野悟窯
市野悟窯

市野悟窯

住所
兵庫県丹波篠山市今田町上立杭398
交通
JR宝塚線相野駅から神姫グリーンバス陶芸美術館経由清水行きで10分、陶の郷前下車、徒歩6分
料金
ワインカップ=5000円/とっくり=12000円/ウォーターボトル=7000円/

大小屋

住空間を潤すあらゆる陶器、雑貨を販売

信楽焼などの陶器や雑貨、食品を販売するほか、ギャラリーやレストランカフェ、陶芸教室もあるバリアフリー対応施設。ドッグランも併設され、あらゆる場所でペットの同伴が可能。

大小屋
大小屋

大小屋

住所
滋賀県甲賀市信楽町勅旨2349
交通
信楽高原鐵道玉桂寺前駅から徒歩10分
料金
花器=540円~/食器=324円~/湯呑み=440円~/

みのる窯

温かく手になじむ自然釉にこだわった器たち

陶芸作家、松川実、京子夫妻の店。民家を用いたギャラリーで、使いやすくシンプルな器を販売。天然の草木や貝殻を釉薬に使った器や、壺、茶器などが豊富に並ぶ。企画展や陶芸教室も開催。

みのる窯
みのる窯

みのる窯

住所
滋賀県甲賀市信楽町長野676-1
交通
信楽高原鐵道信楽駅から徒歩18分
料金
長鉢=3600円/愛らしい絵付けのカップ=2260円/ビードロが美しい小皿=1800円/ビードロが美しい小鉢=1870円~/窯変皿=3000円/コーヒーカップ=3600円/絵付カップ=1400円/絵付マグ=1800円/

あんず舎

やさしい風合の器たち

作家モノの陶器を中心に、カトラリーや季節の山野草も扱う器ショップ。店主の山下さんがセレクトするのは、現代の生活スタイルになじむ、温かみのあるもの。手ざわりを確かめながら、じっくりと選びたい。

あんず舎
あんず舎

あんず舎

住所
奈良県奈良市高畑町1237-7
交通
近鉄奈良線近鉄奈良駅から奈良交通市内循環外回りバスで6分、破石町下車、徒歩5分
料金
コーヒーカップ=1404円~/ポット=6480円/茶碗=1080円~/布雑貨=200円~/ポストカード=150円~/

赤膚焼窯元 小川二楽

陶芸体験もできる焼物工房

素朴でぬくもりのある器に奈良絵が描かれた赤膚焼が購入できるほか、陶芸体験ができる。成形コースは所要時間2時間、前日までの予約制で、送料別。

赤膚焼窯元 小川二楽
赤膚焼窯元 小川二楽

赤膚焼窯元 小川二楽

住所
奈良県大和郡山市朝日町4-18
交通
近鉄橿原線近鉄郡山駅から徒歩3分
料金
ぐい呑み=3240円~/金魚の土鈴=864円(小)、972円(大)/奈良絵湯のみ=3240円/奈良絵マグカップ=5400円/陶芸体験(成形コース、2時間、前日までの予約制)=3500円~/

essence kyoto

essence kyoto

住所
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町36-12階

今村陶器店

高価な清水焼から手頃な陶器まで、店内には様々な陶器が揃う

茶わん坂に面した陶器の店で、少し高価な清水焼から手ごろな値段の陶器まで、さまざまな陶器が店内にどっさり。ピンからキリまであるので、好みと金額で選ぼう。

今村陶器店

住所
京都府京都市東山区清水新道1-287
交通
JR京都駅から市バス206系統東山通北大路バスターミナル行きで15分、五条坂下車、徒歩5分
料金
お醤油入れ=4200円~/茶碗=1050円~/お湯のみ=1200円~/

漆器のアソベ

漆器の老舗で、選りすぐりの漆器や生活雑貨が並ぶ

文化4(1807)年創業の漆器の老舗。店内には手頃なものから、数百万の輪島塗まで、選りすぐりの漆器が並ぶ。ワインカップやティースプーンなどの生活雑貨もある。

漆器のアソベ
漆器のアソベ

漆器のアソベ

住所
京都府京都市下京区東洞院四条下ル元悪王子町47-5
交通
地下鉄四条駅から徒歩3分
料金
ワインカップ=21600円/ティースプーン=864円/盆=4320円~/

HOTOKI

HOTOKI

住所
京都府京都市左京区岩倉西五田町17-2

井助商店

色漆の技法を生かしたポップな豆皿

創業180年余りの漆器の老舗。近年では新たな漆器ブランド「isuke」を立ち上げ、漆にしか出せない和の色合いや風合いなどをさまざまな商品を通して発信している。海外のデザイナーとのコラボも展開中。

井助商店

住所
京都府京都市下京区柳馬場通五条上ル柏屋町344
交通
京阪本線清水五条駅から徒歩5分
料金
漆まめさら(全6種)=2700円(1枚)/

永澤兄弟製陶所

伝統工芸の出石焼の絵付け体験

伝統の技法と斬新なデザインの永澤流出石焼の製陶所。4代目当主・永澤永信さんの製陶所前にショップ兼ギャラリーがある。出石焼の絵付け体験をすることができる。

永澤兄弟製陶所
永澤兄弟製陶所

永澤兄弟製陶所

住所
兵庫県豊岡市出石町内町92-1
交通
JR山陰本線豊岡駅から全但バス出石行きで30分、終点下車すぐ
料金
湯のみ=1296円~/花瓶=1296円~/絵付け体験=各1620円(湯のみ、花瓶)、1728円(皿)/ (送料別(絵付け体験))

鶴来窯

幻の古伊賀は素朴でエネルギッシュ

安土桃山時代に24年間だけ存在した「古伊賀」の再生に取り組む。釉薬をいっさい使わず1400度の高温で4昼夜かけて焼かれた作品は、素朴でエネルギーに満ちあふれている。薪窯焼成による一点もののなかからお気に入りを探してみよう。

鶴来窯
鶴来窯

鶴来窯

住所
兵庫県南あわじ市志知中島626
交通
JR神戸線舞子駅から淡路交通福良行きバスで48分、陸の港西淡でらんらんバス中央循環線反時計回りに乗り換えて5分、志知中島下車、徒歩6分
料金
湯のみ=3000円~/一輪挿し=4000円~/コーヒーカップ=3500円~/オーレボール=3000円~/陶芸教室(見学など、要予約)=5000円/

Awabi ware

Awabi ware

住所
兵庫県淡路市大町上507-1

うつわ京都やまほん

大切に使っていきたい暮らしを彩るお気に入りの一点と出会う

陶磁器や木工といったさまざまなジャンルで活躍する全国各地の作家の展覧会を月ごとで行う。展示するもののほか、ストックしている品もあるのでスタッフへ気軽に声を掛けてみて。

うつわ京都やまほん

うつわ京都やまほん

住所
京都府京都市中京区榎木町95-3延寿堂南館 2階
交通
地下鉄京都市役所前駅から徒歩5分
料金
横山秀樹「倉コップ菜の花」=3888円/城進「粉引飯椀」=3240円~/

末晴窯

三世代で作る多彩な作品が並ぶ

親子三代が作陶に励む窯元。二代目の正さんが作る赤土部という江戸時代にあった技法で焼かれた花器や茶器、三代目の春奈さんの女性らしいデザインの食器など、個性あふれる作品がギャラリーに並ぶ。

末晴窯
末晴窯

末晴窯

住所
兵庫県丹波篠山市今田町上立杭2-9
交通
JR宝塚線相野駅から神姫グリーンバス陶芸美術館経由清水行きで15分、兵庫陶芸美術館下車、徒歩15分
料金
箸置=540円/皿=2160円/カップ=3240円/赤土部器=130000円/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください