トップ > 全国 x 資料館・文学館など > 関西 x 資料館・文学館など > 滋賀・琵琶湖 x 資料館・文学館など > 彦根・近江八幡 x 資料館・文学館など

彦根・近江八幡 x 資料館・文学館など

彦根・近江八幡のおすすめの資料館・文学館などスポット

彦根・近江八幡のおすすめの資料館・文学館などスポットをご紹介します。近江商人の暮らしを知る「近江八幡市立資料館」、20分の1で再現した安土城を展示「安土城郭資料館」、地元の伝統工芸“八幡瓦”「かわらミュージアム」など情報満載。

  • スポット:15 件
  • 記事:8 件

彦根・近江八幡のおすすめエリア

彦根・近江八幡の新着記事

1~20 件を表示 / 全 15 件

彦根・近江八幡のおすすめの資料館・文学館などスポット

近江八幡市立資料館

近江商人の暮らしを知る

歴史民俗資料館、郷土資料館、旧西川家住宅の3館から成る資料館。近江国を起点に他国に行商した近江商人の仕事や暮らしぶりを、商人屋敷など旧家で紹介している。蚊帳や畳表などのほか当時の商売道具や帳場風景を展示。

近江八幡市立資料館
近江八幡市立資料館

近江八幡市立資料館

住所
滋賀県近江八幡市新町2丁目22
交通
JR琵琶湖線近江八幡駅から近江バス長命寺行きで5分、小幡町資料館前下車すぐ
料金
入館料(近江八幡市立郷土資料館・歴史民俗資料館・旧西川家住宅)=大人500円、小・中学生250円/ (団体10名以上は大人400円、小・中学生200円、障がい者割引あり)

安土城郭資料館

20分の1で再現した安土城を展示

本格的な天主を初めて備えたといわれる安土城を、20分の1スケールで再現。外観5層内部7階建ての個性的な城を細部まで表現している。城や城下町の絵巻は往時の繁栄ぶりを伝える。

安土城郭資料館

安土城郭資料館

住所
滋賀県近江八幡市安土町小中700
交通
JR琵琶湖線安土駅からすぐ
料金
大人200円、高・大学生150円、小・中学生100円 (障がい者手帳持参で無料)

かわらミュージアム

地元の伝統工芸“八幡瓦”

江戸時代から続く八幡瓦を中心に、国内外の瓦や瓦の製造工程を展示紹介している。八幡掘沿いの10棟の建物は瓦葺きで、壮観な瓦屋根の景観にも注目だ。

かわらミュージアム
かわらミュージアム

かわらミュージアム

住所
滋賀県近江八幡市多賀町738-2
交通
JR琵琶湖線近江八幡駅から近江鉄道バス長命寺行きで約10分、大杉町八幡山ロープウェイ口下車、徒歩3分
料金
入館料=大人300円、小・中学生200円/体験工房=1000円~/ (10名以上の団体は50円引、障がい者手帳持参者と介護者1名は入館料半額(小学生以下は入館料無料))

東近江市五個荘近江商人屋敷藤井彦四郎邸

客殿から眺める大庭園は野趣あふれる雄大な雰囲気

藤井糸店を創業し、一代で成功した藤井彦四郎の邸宅。琵琶湖を模した池を中心に設けた池泉回遊式の大庭園をはじめ、主屋、客殿、洋館、土蔵が立ち並ぶ。

東近江市五個荘近江商人屋敷藤井彦四郎邸
東近江市五個荘近江商人屋敷藤井彦四郎邸

東近江市五個荘近江商人屋敷藤井彦四郎邸

住所
滋賀県東近江市宮荘町681
交通
近江鉄道本線五箇荘駅から徒歩12分
料金
入館料=大人300円、小人100円/5館共通券(藤井彦四郎邸・外村宇兵衛邸・外村繁邸・中江準五郎邸・近江商人博物館)=大人1000円、小人430円/ (20名以上の団体は大人250円、小人80円、障がい者手帳持参で無料)

近江上布伝統産業会館

全国でも珍しい麻織物に関する施設

麻の原料、近江の麻織物の歴史、国の伝統工芸品「近江上布」の技術など麻織物の全般にかかわる施設だ。麻の専門Shopを併設しているので、いつでも麻製品、麻生地を産地価格で購入できる。

近江上布伝統産業会館
近江上布伝統産業会館

近江上布伝統産業会館

住所
滋賀県愛知郡愛荘町愛知川13-7
交通
近江鉄道本線愛知川駅から徒歩5分
料金
無料

近江商人郷土館

「丁吟」と呼ばれた小林吟右衛門邸

「丁吟」と呼ばれ、江戸や大坂で織物卸や金融業を営んだ近江商人、小林吟右衛門の屋敷を公開。当時の商売道具、古文書や道中合羽など貴重な資料を展示している。

近江商人郷土館
近江商人郷土館

近江商人郷土館

住所
滋賀県東近江市小田苅町473
交通
近江鉄道本線八日市駅からタクシーで6分
料金
大人500円、中・高校生300円、小学生100円 (団体20名以上は割引あり)

金堂まちなみ保存交流館

商人屋敷を開放

三中井百貨店の経営者である中江四兄弟の三男、富十郎の邸宅を、無料で一般開放している。季節に応じて企画展も実施。館内にはコーヒーやかりんとうなど物産販売もあり、休憩所で疲れた足を癒すのにもおすすめだ。

金堂まちなみ保存交流館

金堂まちなみ保存交流館

住所
滋賀県東近江市五個荘金堂町904
交通
JR琵琶湖線能登川駅から近江鉄道バス八日市駅行きで10分、金堂下車すぐ
料金
無料

愛荘町立歴史文化博物館

金剛輪寺参道沿いにあり、歴史資料や宗教美術品、考古資料を展示

金剛輸寺総門をくぐり左手にある。金剛輸寺はじめ、町内の遺物や美術品を展示する。年間3回の季節特別展示及び3回の企画展示を行う。季節ごとの庭園も美しい。

愛荘町立歴史文化博物館
愛荘町立歴史文化博物館

愛荘町立歴史文化博物館

住所
滋賀県愛知郡愛荘町松尾寺878
交通
近江鉄道本線豊郷駅からタクシーで15分
料金
大人300円、小人150円 (団体20名以上は大人250円、小人100円、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名半額)

豊会館

「あけぼの缶詰」の祖、又十屋敷を公開

幕末に単身で北海道に渡り、又十の名で松前貿易の舞台で活躍した豪商、藤野喜兵衛の旧宅を公開した歴史資料館。書院、本屋、文庫倉庫などを当時のまま保存している。

豊会館
豊会館

豊会館

住所
滋賀県犬上郡豊郷町下枝56
交通
近江鉄道本線豊郷駅から徒歩15分
料金
大人200円、小人100円 (団体15名以上は1割引)

近江日野商人館

日野商人の歴史と商いを紹介

日野商人として活躍し、拠点を静岡に移した山中兵右衛門が邸宅を町に寄贈、資料館として公開している。400年に及ぶ近江日野商人の歴史と商法を学ぶことができる。

近江日野商人館

近江日野商人館

住所
滋賀県蒲生郡日野町大窪1011
交通
近江鉄道本線日野駅から近江鉄道バス北畑口行きで7分、大窪下車、徒歩3分
料金
大人300円、小人(中学生未満)120円 (団体は大人30人以上250円、障がい者と同伴者1名無料)

多賀町立博物館

多賀町産の化石や動植物を紹介

多賀町とその周辺の自然環境や文化をテーマにした博物館。迫力満点のアケボノゾウの全身骨格や古代の動植物に関する展示品のほか、琵琶湖の歴史などを紹介している。

多賀町立博物館
多賀町立博物館

多賀町立博物館

住所
滋賀県犬上郡多賀町四手976-2
交通
JR琵琶湖線彦根駅から湖国バス多賀町役場前行きで20分、あけぼのパーク多賀下車すぐ
料金
大人200円、中学生以下無料 (団体20名以上は150円、障がい者本人と同伴者1名半額)

ダイニックアストロパーク天究館

本格的な天文台。望遠鏡で太陽や星空観察ができる

県下最大の口径60cmの反射望遠鏡をはじめ、各種天体望遠鏡を備えた本格的な天文台。毎週土曜日に昼の太陽観測と夜の天体観測を行っていて、宇宙の神秘を楽しく学ぶことができる。

ダイニックアストロパーク天究館

ダイニックアストロパーク天究館

住所
滋賀県犬上郡多賀町多賀283-1
交通
近江鉄道多賀線多賀大社前駅からタクシーで5分
料金
天体観望料(夜)=大人200円、小・中学生100円、幼児無料/太陽観望料(昼)=無料/

近江鉄道ミュージアム

レトロな鉄道ミュージアム

滋賀県最古の私鉄である近江鉄道のミュージアム。ヒストリーパネルや運転台、実際に使われていた駅名標などを展示し、気軽に歴史や沿線地域について親しむことができる。

近江鉄道ミュージアム

住所
滋賀県東近江市八日市浜野町485近江鉄道 八日市駅内 2階(改札内)
交通
近江鉄道本線八日市駅からすぐ

彦根市俳遊館

蕉門十哲を紹介する

蕉門十哲だった彦根藩士、森川許六にちなんで設けられた。俳句や彦根市内の句碑のほか、彦根の歴史や民話、方言などを紹介。「カロム」というゲームがあり気軽に楽しめる。

彦根市俳遊館
彦根市俳遊館

彦根市俳遊館

住所
滋賀県彦根市本町1丁目3-24
交通
JR琵琶湖線彦根駅から徒歩15分
料金
無料

観峰館

書の文化にふれる博物館

漢字が誕生するまでの歴史や書家、原田観峰氏の約2万5千点のコレクションを順次公開する。瓦当、石碑の拓本体験も人気。平成27年秋には敷地内に新館が誕生した。

観峰館
観峰館

観峰館

住所
滋賀県東近江市五個荘竜田町136
交通
JR琵琶湖線能登川駅から近江鉄道バス八日市駅行きで10分、金堂下車、徒歩15分
料金
入館料=大人500円、高・大学生300円、中学生以下無料、特別展は別料金/ (団体20名以上・65歳以上は2割引、障がい者とその介護者1名無料)