エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 関西 > 京都 > 京都・宇治 > 京都駅・河原町・二条城 > 四条・三条河原町

四条・三条河原町

四条・三条河原町のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した四条・三条河原町のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。カラフルでキュートな生八ッ橋「nikiniki」、地元客も通う親しみある居酒屋「おうちごはんここら屋 烏丸店」、うどん屋さんのラーメンが話題!「英多朗」など情報満載。

四条・三条河原町のおすすめのスポット

  • スポット:654 件
  • 記事:43 件

四条・三条河原町の新着記事

京都でランチをするなら、地元で愛され続ける街なかの名店へ

京都のランチはどうしてますか?歴史あるお店が多い京都のグルメはとっても魅力的。ランチのお店もしっかりこだわって決めないと、もったいないですよ!今回は、京都でランチをするならおすすめの街なかのお店をいく...

【京都】秋の味覚が詰まった!おすすめ京懐石!

ちょっと背伸びして行ってみたいのが京懐石の店。伝統の技から生まれる味をリーズナブルに味わいましょう。

京都の和雑貨はキュート&ポップが合言葉! おみやげにも自分にも♪

京都のおみやげとして人気の和雑貨。はるか昔から日本人が愛用してきた手ぬぐいや地下足袋などの和のファッション雑貨が、キュート&ポップに大変身!京都には、老舗の綿布商が展開する新ブランドや、伝統的な模様を...

【京都】おすすめの宿をご紹介

京情緒あふれる町家宿、モダンで機能的なホテル、個性的なゲストハウスなど泊まることが楽しみになる宿をご紹介。あなた好みの宿はどこ?

【京都駅近】おすすめホテルをチェック!

どこへ行くのにも、アクセスの起点となる京都駅周辺。初日も、最終日も荷物の移動が少なく楽々♪バスも便利な京都だけど、春や秋の観光シーズンは電車が安心。繁華街や観光スポットに近い宿をまとめてご紹介。

【京都】日本茶vs珈琲!ティターイムはどちらにする?

茶道の息づく京都は茶房もカフェも「道」を究める名店ぞろい。特別な一杯と出会ったら、人生まで変わるかも!?さて、今日の気分はどちら?

【京都】味みやげ♪旅で出会った味を持ち帰り!

プロの料理人も愛用する調味料や、老舗の名品をおみやげに。ふだんの料理にちょっと加えるだけで、食卓があっという間に京風になる!

【京都】チョコレート専門店♪世界中の超一流が大集合!

今や京都は、チョコレート専門店の激戦区なのをご存じですか?和菓子や抹茶スイーツのイメージが強い京都ですが、じつはチョコレート専門店がとても多いんです。海外からも多くの観光客が訪れるということもあり、国...

京都の文具でワンランク上のおみやげを♪

京都の文具は、おみやげとしても自分用としても、とても人気があります。京都の文具は、はるか昔から脈々と受け継がれている伝統工芸品の技術を生かし、現代風にアレンジしたものが数多くあり、とても魅力的。職人が...

京都コスメでべっぴんさんに!美の街京都ならではのコスメグッズたち

京都みやげとして注目されているのが京都コスメ。全国的に有名な「よーじや」のあぶらとり紙や、京都屈指の名宿「俵屋旅館」のもてなしの心が込められた石鹸といった名の知れたコスメはもちろん、知る人ぞ知る京都生...
もっと見る

61~80 件を表示 / 全 654 件

四条・三条河原町の魅力・見どころ

歴史と伝統の中にモダンさも同居する、京都一の繁華街

伝統を受け継ぐ老舗とモダンでおしゃれな新しい店が違和感なく軒を並べる、京都随一の繁華街・四条河原町。中には、創業1200年などという店も混じっており、そぞろ歩くほどにさすが京都と思わずにはいられない。河原町通から四条通や三条通を東に進むと、飲食店が集まる木屋町があり、鴨川に架かる四条大橋や三条大橋へと続く。その手前に南北に細長く延びる路地が先斗町(ぽんとちょう)で、こちらも風情いっぱいの歓楽街。新京極、寺町界隈はみやげ物店も多く、観光客に人気が高い。

四条・三条河原町のおすすめスポット

nikiniki

カラフルでキュートな生八ッ橋

聖護院八ッ橋総本店がプロデュースする新感覚の店。生八ッ橋で作る季節の生菓子は食べるのがもったいないほどのかわいさ。八ッ橋を薄くスティック状に焼いたカネールも人気。

nikiniki
nikiniki

nikiniki

住所
京都府京都市下京区四条西木屋町北西角
交通
阪急京都線京都河原町駅からすぐ
料金
季節の生菓子=324円/カレ・ド・カネール(テイクアウト)=1188円~/

おうちごはんここら屋 烏丸店

地元客も通う親しみある居酒屋

京野菜を使ったおばんざいなど地元京都の素材にこだわる料理が楽しめる。京の地酒を始めとした約15種類の日本酒が常備されている。

おうちごはんここら屋 烏丸店
おうちごはんここら屋 烏丸店

おうちごはんここら屋 烏丸店

住所
京都府京都市中京区新町通東錦小路下ル観音堂町471-1
交通
地下鉄四条駅から徒歩5分
料金
おばんざい三種盛り合わせ=1069円/京都産豚ロースの塩焼き=961円/生麩の二色田楽=745円/名物ここら焼き京豆腐と山芋とろろの陶板バター焼き=1069円/

英多朗

うどん屋さんのラーメンが話題!

人気手打ちうどん屋の店主のラーメン好きが高じて誕生した本格味。和風出汁に背脂を効かせた京都ならではの一杯を味わえる。

英多朗

住所
京都府京都市中京区錦烏丸東入ル元法然寺町683烏丸錦ビル 1階
交通
地下鉄四条駅から徒歩3分
料金
ゆずラーメン=820円/

志る幸

茶事風弁当と汁でほっこり

昭和7(1932)年創業以来、店名のとおりに汁ものが名物の店。汁ものは白味噌、赤味噌、すましの3種類から、12~13種用意される季節の具材も好みに応じて選べる。白味噌は上品な甘さが京都ならではの味わいだ。

志る幸
志る幸

志る幸

住所
京都府京都市下京区河原町通四条上ル一筋目東入ル
交通
阪急京都線京都河原町駅から徒歩3分
料金
懐石料理(座敷)=9040円~/利久辨當=2500円/かやくごはん=750円~/一品料理=650円~/味噌汁=550円~/

鳩居堂

洗練された上質の香と和文具

寛文3(1663)年創業の香と和文具の老舗。富岡鉄斎ら文人墨客がひいきにしたことでも知られ、店内には、頼山陽の筆による「筆硯紙墨皆極精良」の額が伝わっている。

鳩居堂
鳩居堂

鳩居堂

住所
京都府京都市中京区寺町通姉小路角下本能寺前町520
交通
地下鉄京都市役所前駅から徒歩5分
料金
硬貨入れ=702円、486円/豆折本=各324円/ひとこと銀流=302円/ひとこと木立=302円/ひと絵ひと筆=356円/ことの葉彩り=378円/花の文香=324円/香炉=3000円前後~/お香=432円~/匂い袋=324円~/

三木鶏卵

新鮮な卵の味に感動

名物の京だし巻は、上質の卵と秘伝のダシで作ったもので、ふんわりとした食感と香りが存分に楽しめる。三つ葉や人参などの野菜を入れたものなど、多彩なだし巻がそろう。

三木鶏卵
三木鶏卵

三木鶏卵

住所
京都府京都市中京区錦小路通富小路西入ル東魚屋町182
交通
阪急京都線京都河原町駅から徒歩10分
料金
小玉黄味あんぱん=450円(5個)/だし巻=1100円(大)/京だし巻き=480~1360円/かやく巻き=1050円/鰻巻=1360円/たまちゃん(ふりかけ)=300円/

FLY ME TO THE MOON

大人のバーで甘く酔いしれる

シェイカーを振るのは、ホテルのバーで腕を磨いたオーナー。季節のフレッシュフルーツを使うカクテルで女性ファンの心をつかむ。50種のチーズをはじめ、おつまみも充実。

FLY ME TO THE MOON
FLY ME TO THE MOON

FLY ME TO THE MOON

住所
京都府京都市中京区四条先斗町上ル弥栄ビル先斗町 3階
交通
阪急京都線京都河原町駅からすぐ
料金
チーズの盛り合わせ=1500円(5種類)・2800円(10種類)/ジントニック=800円/ピニャコラーダ=1000円/グラスワイン=700円/キウイのフローズンカクテル=1000円/洋梨のマティーニ=1100円/チャージ=400円/ (サービス料別400円)

先斗町通

舞妓さんとすれ違うレトロな石畳の道

江戸時代に護岸工事をして造られた、鴨川の西側の通り。石畳の道に町家が並ぶ風雅な花街は、歩いてみるだけでも楽しい。

先斗町通

先斗町通

住所
京都府京都市中京区若松町ほか
交通
京阪本線三条駅から徒歩5分
料金
情報なし

Okaffe Kyoto

バリスタ日本一のコーヒーショップ

バリスタ界のエンターテイナーとして国内外から注目を集める岡田章宏氏が地元京都にカフェを開業した。モーニングやランチ、スイーツも充実。

Okaffe Kyoto
Okaffe Kyoto

Okaffe Kyoto

住所
京都府京都市下京区綾小路通東洞院東入ル神明町235-2
交通
地下鉄四条駅から徒歩3分
料金
エスプレッソ=400円/ダンディブレンド=550円/カプチーノ=650円/プリンハードボイルド=450円/

染殿院

安産祈願のお地蔵さん

文徳天皇の皇后藤原明子(染殿皇后)が、この地蔵に祈願して清和天皇を産んだといわれる。現在では安産のご利益で名高く、女性の参拝者が絶えない。

染殿院
染殿院

染殿院

住所
京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町562
交通
阪急京都線京都河原町駅から徒歩5分
料金
無料

亀屋良長

醒ヶ井の名水が演出する美しき和菓子の味

京の名水のひとつ、醒ヶ井の水を使った和菓子の店。代表銘菓の烏羽玉は、一口サイズの黒砂糖の生菓子。賞味期間が14日なのでおみやげにも最適。豆せんべい一陽来福も評判。

亀屋良長
亀屋良長

亀屋良長

住所
京都府京都市下京区四条通油小路西入ル柏屋町17-19
交通
地下鉄四条駅から徒歩5分
料金
まろん=1296円(9個)/四ひら=378円/かきつばた=376円/焼きあずき=540円(10個)/宝ぽち袋=756円/錦秋=378円/烏羽玉=486円(6個)/一陽来福=432円(8枚)/

旬菜 いまり

炊きたての土鍋ご飯と多彩なおばんざいで栄養満点な一食を

京にちなんだ食材を使ったおばんざいが、常時10~15種類並ぶ。朝の定食では土鍋で炊き上げたアツアツのご飯が、西京漬けと共に楽しめる。

旬菜 いまり

旬菜 いまり

住所
京都府京都市中京区六角通新町西入ル西六角町108
交通
地下鉄烏丸御池駅から徒歩10分
料金
京の土鍋朝定食=1382円/

鮮魚 木村

老舗の人気店で新鮮な魚串をいただく

威勢の良い掛け声が響く店先では、鮮度抜群の生マグロ、トロサーモンなどの魚串を販売。お好みでレモンをかけて。

鮮魚 木村
鮮魚 木村

鮮魚 木村

住所
京都府京都市中京区中魚屋町486
交通
地下鉄四条駅から徒歩6分
料金
カルパッチョ串=250円/ヅケ串=250円/

SOU・SOU着衣

ポップでカラフルなオリジナルテキスタイルが人気

SOU・SOU流の着付けのいらない進化した和装を提案するショップ。新しい日本文化の創造をコンセプトに、地下足袋や和服、家具等を製作、販売している。

SOU・SOU着衣

住所
京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町583-6
交通
阪急京都線京都河原町駅から徒歩5分
料金
高島縮長方形衣=9612円/高島縮薙刀長方形衣=10368円/

鈴木松風堂 売店

日常生活にしっくりなじむデザインが人気

店内にはさまざまな和紙の雑貨がそろう。カラフルで愛らしい図案の和紙で包んだ紙管は、まったく古さを感じさせない優秀なデザイン。現代の家にもしっくりと馴染む逸品だ。

鈴木松風堂 売店
鈴木松風堂 売店

鈴木松風堂 売店

住所
京都府京都市中京区柳馬場六角下ル井筒屋町409・410
交通
地下鉄四条駅から徒歩12分
料金
エコペン=330円/角皿=440円/お茶缶80g=1430円/御朱印帳=1760円/

sour

sour

住所
京都府京都市中京区裏寺町通四条入ル裏寺町607-19ヴァントワビル 1階

築地

創業当初から変わらない中世ヨーロッパ風の老舗カフェ

昭和9(1934)年創業当時の面影を残すアンティークな老舗カフェ。ここの「コーヒー」とは上質の生クリームを使ったウィンナーコーヒーをいう。BGMはクラシック。

築地

住所
京都府京都市中京区米屋町384-2
交通
阪急京都線京都河原町駅からすぐ

魚力

京都の味覚を堪能

約90年前に仕出し屋として店を出し、今では錦市場きっての焼魚専門店に。一年中はもの天ぷらや照焼きが並び、持ち帰りはもちろん、揚げたてをその場で食べるのもおすすめ。

魚力

魚力

住所
京都府京都市中京区東魚屋町176-1
交通
阪急京都線京都河原町駅から徒歩7分
料金
はもの照り焼き(串)=500円/はもかつ(串)=500円/

ジャンルで絞り込む