エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 関西 > 大阪 > 大阪 > 鶴見緑地

鶴見緑地

鶴見緑地のおすすめご当地グルメ・名物・名産品・お土産

鶴見緑地のおすすめのご当地グルメや名物・名産品、お土産をご紹介します。大阪のお好み焼き、北摂のハナショウブ・カキツバタ、鶴見緑地のチューリップなど情報満載。

鶴見緑地のおすすめご当地グルメ・名物・名産品・お土産

  • スポット:17 件
  • 記事:2 件

1~20 件を表示 / 全 4 件

大阪のお好み焼き(おおさかのおこのみやき)

全国的に名高い大阪を代表する味

  • ご当地名物料理

数ある名物料理の中でも、大阪を代表する名物グルメであるお好み焼きは、生地、ソース、具に店ごとの特徴があり、違った味わいを楽しめる。普通のお好み焼きよりもあっさり食べられるネギ焼きもおすすめ。

大阪のお好み焼き

北摂のハナショウブ・カキツバタ(ほくせつのはなしょうぶかきつばた)

微妙な色合いの白や紫の花が水辺を彩る

いずれもアヤメ科の花で、湿地や水辺に生育するので見分けはむずかしいが、ハナショウブは花が比較的大きくて弁元が黄色い。カキツバタは弁元に細長い白い筋がある。池田・水月公園が有名で6月の開花時期には賑わいを見せる。

北摂のハナショウブ・カキツバタ

鶴見緑地のチューリップ(つるみりょくちのちゅーりっぷ)

童謡にも歌われる色とりどりの花

育てやすく種類も豊富で根強い人気がある、春花壇の代表格。5000品種を超すといわれ、花の色や形、香りや開花時期もさまざまだ。鶴見緑地周辺でも赤や黄色、白のチューリップが咲き誇る光景が見られる。見頃は4月中旬。

北摂・鶴見緑地の菜の花(ほくせつつるみりょくちのなのはな)

黄色に染まった菜の花畑は春の光景として親しまれる

「春の使者」として親しまれるアブラナ科の一年草。花菜(ハナナ)、油菜(アブラナ)などの別名がある。種子は絞って菜種油に、花序や若芽は食用にする。花期は12月~5月。明るい黄色の花が群生する景色はほのぼのとした趣がある。花博記念公園鶴見緑地では、桜やチューリップなどとともに菜の花が楽しめる。