トップ > 全国 > 関西 > 神戸・姫路・淡路島 > 姫路・播磨 > 龍野

龍野

龍野の概要、観光・旅行情報

龍野の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

龍野の概要、観光・旅行情報

  • スポット:36 件
  • 記事:2 件

醤油の故郷に残る古い街並みと白砂青松の海岸と梅林で知られる

龍野は脇坂藩の城下町として栄えた街。小豆島と並んで醤油造りで名を馳せ、関西で愛用される薄口醤油発祥の地とされる。『播磨の小京都』と呼ばれる美しい街並みは武家屋敷跡と古い醤油蔵が印象的。瀬戸内海国立公園に含まれる新舞子浜は播磨灘に面した御津にあり、白砂青松で遠浅の美しい海岸。春は干潟で潮干狩りが楽しめ、夏は海水浴場として賑わう。近くにある播州綾部山梅林はひと目2万本、西日本一といわれ、例年2月中旬から3月上旬が見ごろとなる。

龍野のおすすめスポット

因念寺

龍野城の面影を今に伝える山門が建つ

龍野城の大手門を明治12(1879)年に移築したとされる。山門(市指定文化財)の軒丸瓦には龍野藩主脇坂家の「輪違」の家紋が刻まれている。

因念寺

因念寺

住所
兵庫県たつの市揖保川町野田293
交通
JR山陽本線竜野駅からタクシーで10分
料金
情報なし

龍野城

白亜の城壁が美しい町のシンボル

室町時代に築かれた鶏籠山山頂の山城だったが、後に山麓の平山城となった。寛文12(1672)年に脇坂安政が築いた本丸御殿、多門櫓、埋門などが復元され、今に残る。

龍野城

龍野城

住所
兵庫県たつの市龍野町上霞城128-1
交通
JR姫新線本竜野駅から徒歩20分
料金
無料(別途部屋使用料あり)

聚遠亭

心洗われる美しい景観

旧龍野藩主脇坂氏の上屋敷跡。瀬戸内海、淡路島の遠望が素晴らしく、「聚遠」の名もそこにちなむ。心字池に浮かぶ浮堂は、書院造を模した風雅な数寄屋風の茶室となっている。

聚遠亭

聚遠亭

住所
兵庫県たつの市龍野町中霞城6
交通
JR姫新線本竜野駅からタクシーで5分
料金
入館料=無料/お茶席=300円(1服)/(部屋使用料別)

道の駅 みつ

海を眺めながらドライブの休憩地点に

瀬戸内海国立公園に位置し、近隣には古くから海の玄関口として栄えた室津港がある。近くの港で水揚げされた新鮮な水産物や地元特産品の直売所や瀬戸内海を望めるレストランがある。

道の駅 みつ

道の駅 みつ

住所
兵庫県たつの市御津町室津896-23
交通
山陽自動車道龍野西ICから県道121号、国道2号、県道442号、国道250号を播磨灘方面へ車で11km
料金
施設により異なる

カネヰ醤油

伝統の味を守りつつ、新しい味を作る

脇坂藩のゐ蔵を譲り受け、明治2(1869)年に創業。淡口醤油の伝統を守りつつ、現代の味覚に合う新しい商品の開発にも力を入れる。本醸造醤油に昆布とカツオ節を漬けこんだ風味しょうゆ「うまみ」が有名。

カネヰ醤油

カネヰ醤油

住所
兵庫県たつの市龍野町上川原81
交通
JR姫新線本竜野駅から徒歩20分
料金
風味しょうゆ「うまみ」=1296円(700ml)/本醸造しょうゆ=594円(1リットル)/菜もろみ=216円(140g)/

おすすめスポットをもっと見る

龍野のおすすめの記事

【姫路・播磨】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

播磨エリアの中心は姫路城がある姫路市。周辺には良港を持つ明石や赤穂、日本の中心西脇があり、ほかにも魅力いっぱいのスポットが点在。

【龍野】閑静なしょうゆの里!播磨の小京都を町歩き♪

脇坂藩の城下町として栄えた龍野。「播磨の小京都」と呼ばれる美しい町は、武家屋敷跡と醤油蔵が印象的だ。町並みと、龍野淡口醤油の名産品を楽しむ旅にでかけよう。

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください