トップ > 全国 > 関西 > 神戸・姫路・淡路島 > 姫路・播磨 > 佐用・上郡

佐用・上郡

佐用・上郡の概要、観光・旅行情報

佐用・上郡の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

  • スポット:19 件

ひまわり畑がある宿場町とボタン寺と呼ばれる行基ゆかりの寺

智頭街道随一の宿場町として栄えたのが佐用町平福。南北約12キロメートル続く街道沿いには千本格子や連子窓、蔵造りの家並みが今も残る。旧南光町には休耕田を利用したひまわり畑が広がる。栽培面積は、総計約30万平方メートルで日本有数の規模。ボタンで知られる「萬勝院」は上郡町の北端、佐用町との町境にある。行基により奈良時代に創建された寺で、かつては西の高野山とも称されたほどの広大な寺域を持っていた。

佐用・上郡のおすすめスポット

利神城跡

時期によって雲海に浮かぶ絶景も楽しめる

標高373mの利神山の山頂付近にある城跡で、石垣などの貴重な遺構が残る。平成29(2017)年10月に国史跡指定を受けた。利神城跡への登山は現在不可。城下町など周辺まで見学しに行ってみるのがおすすめ。

利神城跡

住所
兵庫県佐用郡佐用町平福
交通
智頭急行平福駅から徒歩3分(城下町まで)

瑠璃寺

行基によって開創したと伝えられている寺

高野山真言宗の別格本山。728(神亀5)年、聖武天皇の勅願によって行基が開いたという。現在も多くの堂塔が残り、境内は厳かな雰囲気。バードウォッチングの名所でもある。

瑠璃寺

住所
兵庫県佐用郡佐用町船越877
交通
JR姫新線播磨新宮駅からウイング神姫山崎行きバスで23分、山崎下車、西河内行きバスに乗り換えて30分、船越下車、徒歩15分

平福川端風景

千本格子や蔵造りの家並み、川座敷の風景が旅情を誘う

因幡街道随一の宿場町として栄えた佐用町平福。千本格子や蔵造りの家並みや、佐用川に影を落とす川座敷の風景が旅情を誘う。軒下を流れる清流は生活水に利用されていた。

平福川端風景

平福川端風景

住所
兵庫県佐用郡佐用町平福
交通
智頭急行平福駅から徒歩10分
料金
情報なし

上三河の舞台

国指定の重要有形民俗文化財

茅葺き入母屋造り、桁行が10.9m、梁行は10.3mある国指定重要有形民俗文化財の農村舞台。二段式回り舞台などの貴重な舞台機構を備えている。

上三河の舞台

上三河の舞台

住所
兵庫県佐用郡佐用町上三河117-2
交通
JR姫新線播磨徳久駅からコミュニティバス船越行きで30分、上三河下車すぐ
料金
情報なし

上月パーキングエリア(下り)

のんびりとちょっと一服、山間の静寂がここちよい

佐用産の野菜や丹波の鶏肉。秘伝の醤油ベースのタレを使用した地元名物の絶品ホルモン焼うどんなど、ご当地メニューが豊富。

上月パーキングエリア(下り)

上月パーキングエリア(下り)

住所
兵庫県佐用郡佐用町本郷
交通
中国自動車道佐用ICから作東IC方面へ車で7km
料金
ホルモン焼うどん定食(スナックコーナー)=900円/

おすすめスポットをもっと見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください