エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 関西 > 南紀 > 和歌山・高野 > 海南 > 海南市街・黒江

海南市街・黒江

海南市街・黒江のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した海南市街・黒江のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。見る、学ぶ、自然を探る「和歌山県立自然博物館」、熊野古道藤白坂上り口に鎮座する「藤白神社」、景観美に心安らぐ「琴ノ浦温山荘園」など情報満載。

海南市街・黒江のおすすめのスポット

  • スポット:21 件
  • 記事:1 件

海南市街・黒江の新着記事

1~20 件を表示 / 全 21 件

海南市街・黒江の魅力・見どころ

趣ある街並みが印象的な紀州漆器の街は熊野古道の要衝

海南は熊野古道要衝の地として古くから栄えた街で、古道沿いには数々の王子や有間皇子の悲劇で知られる「藤白坂」などの見どころが点在している。また日本三大漆器といわれた黒江塗の産地である黒江には、古い趣ある街並みが残る。メインストリートの川端通りの周辺は紀州連子格子の町家が並び、「紀州漆器伝統産業会館(うるわし館)」や「黒江ぬりもの館」などの施設がある。

海南市街・黒江のおすすめスポット

和歌山県立自然博物館

見る、学ぶ、自然を探る

和歌山県の海や山川の自然を紹介する博物館。那智の原生林を再現したコーナーや、エイやサメが自然のままに泳ぐ黒潮の海を再現した幅15mの大水槽などがある。

和歌山県立自然博物館
和歌山県立自然博物館

和歌山県立自然博物館

住所
和歌山県海南市船尾370-1
交通
JRきのくに線海南駅から和歌山バス和歌山市駅行きで10分、琴の浦下車すぐ
料金
大人470円、高校生以下無料 (障がい者手帳持参で無料、65歳以上無料、20名以上で団体割引あり)

藤白神社

熊野古道藤白坂上り口に鎮座する

熊野九十九王子のなかでも格式が高い五躰王子のひとつである藤白王子跡であり、境内の大楠は樹齢1000年を超えるといわれる。神仏霊場として熊野本地仏を祀る。全国鈴木姓のルーツでもある。

藤白神社
藤白神社

藤白神社

住所
和歌山県海南市藤白448
交通
JRきのくに線海南駅から徒歩15分
料金
情報なし

琴ノ浦温山荘園

景観美に心安らぐ

大正時代に愛媛県松山市出身の新田長次郎が造園した14000坪の潮入式池泉回遊庭園。9mの長寿橋やハートマークの灯篭などもある。国指定名勝庭園。主屋、茶室、浜座敷等は重要文化財。

琴ノ浦温山荘園
琴ノ浦温山荘園

琴ノ浦温山荘園

住所
和歌山県海南市船尾370
交通
JRきのくに線海南駅から和歌山バス和歌山市駅行きで10分、琴の浦下車すぐ
料金
入園料=大人400円、小・中・高校生200円、園児100円/座敷使用料(要予約)=10000円(1日)、5000円(半日)/ (65歳以上300円、障がい者と介護者1名200円、20人以上の団体は大人300円、小・中・高校生150円、座敷は本館和室3室と茶室1室を各4名以上で利用可)

きのくに温泉

エステサロンが好評。季節料理を楽しむ食事処も併設

温泉付きマンション内のスパ施設。完全プライベート空間のエステサロン、ストレッチを取り入れたマッサージも好評だ。また食事処「魚彩酒うたげ」では季節料理をリーズナブルに楽しめる。

きのくに温泉
きのくに温泉

きのくに温泉

住所
和歌山県海南市日方1274-76ウェルネス・コート海南 2階
交通
JRきのくに線海南駅から徒歩10分
料金
入浴料=大人730円、小人(3歳~小学生)500円/ (障がい者・高齢者は会員価格を適用(詳細は要問い合わせ))

中言神社

名水「黒牛の水」が湧く、町の産土神

境内に紀の国名水に選ばれた「黒牛の水」が湧く。黒江の町の産土神で町を見下ろす高台にある。万葉の時代にはこの神社のふもとあたりまで入江だったといわれる。

中言神社

中言神社

住所
和歌山県海南市黒江933
交通
JRきのくに線黒江駅から徒歩15分
料金
情報なし

紀州漆器まつり

紀州漆器の即売ほか、地元物産品や屋台も並ぶ賑やかなイベント

古い街並みの残る黒江の川端通りで行われる。50店を超す紀州漆器の即売テントが並び、地元の物産店や飲食店の屋台も勢揃いする。多彩なイベントも楽しみ。

紀州漆器まつり
紀州漆器まつり

紀州漆器まつり

住所
和歌山県海南市黒江川端通り周辺
交通
JRきのくに線黒江駅から徒歩15分(JR海南駅からシャトルバスあり)
料金
情報なし

健康ロード

軌道跡を活用した市民憩いの歩行者用道路

海南市と野上町を結んでいた野上電鉄の軌道跡を利用して作られた、自転車歩行者専用道路。春日駅跡、幡川駅跡、重根駅跡を利用したポケットパークが設けられている。

健康ロード

健康ロード

住所
和歌山県海南市名高
交通
JRきのくに線海南駅からすぐ
料金
情報なし

紀州漆器伝統産業会館(うるわし館)

日本三大漆器と称される紀州漆器の展示販売

江戸時代の貴重な作品をはじめ、古今の紀州漆器を展示販売する。土・日曜の13時~15時は紀州漆器の代表技術「蒔絵」による絵付け体験(要予約)も出来る。

紀州漆器伝統産業会館(うるわし館)
紀州漆器伝統産業会館(うるわし館)

紀州漆器伝統産業会館(うるわし館)

住所
和歌山県海南市船尾222
交通
JRきのくに線海南駅から和歌山バス和歌山マリーナシティ行きで5分、黒江下車、徒歩10分
料金
入館料=無料/漆器蒔絵体験=1000~1600円/ (蒔絵体験は要予約)

登利久

名物小鯛の笹寿司をぜひ味わいたい

明治13(1880)年創業の海南の老舗寿司屋。ここの名物はクマ笹で小鯛を巻いた小鯛の笹寿司で、この店のオリジナル。笹の香りと小鯛の味わいがベストマッチ。じゃこずしもおいしい。

登利久

住所
和歌山県海南市日方375-1
交通
JRきのくに線海南駅から徒歩10分
料金
小鯛笹寿司=1404円(6個入り)/じゃこずし=216円(1個)/柚子大根寿司(11~翌2月)=140円/太巻寿司=1188円(1本)/

温故伝承館

昔の酒造り道具を展示する

幕末から続く海南の老舗地酒メーカーが、江戸時代からの精米所を改造して伝統の酒造りに関する資料を展示。銘酒「黒牛」などが味わえるきき酒コーナーも設置されている。

温故伝承館

温故伝承館

住所
和歌山県海南市黒江846
交通
JRきのくに線黒江駅から徒歩12分
料金
大人400円、小人100円 (10名以上の団体は350円)

木地屋漆器店

気軽なものから伝統品まで紀州漆器を豊富にそろえる

漆器問屋の直営店で、伝統の「紀州びな」や「うるし桶」から、箸や椀、盆など日常使いの小物まで幅広く取りそろえる。和歌山県の根来寺が発祥とされる根来塗(ねごろぬり)や曙塗(あけぼのぬり)の技法を用いた漆器が人気。

木地屋漆器店
木地屋漆器店

木地屋漆器店

住所
和歌山県海南市黒江661川端通り
交通
JRきのくに線黒江駅から徒歩13分
料金
要問合せ

黒牛茶屋

昔の酒造り道具を展示する

老舗酒造メーカー、名手酒造の直売店。純米酒「黒牛」などの自家製品をはじめ、酒袋で作ったバッグなどユニークな製品を販売。地酒が味わえる、きき酒コーナーもある。

黒牛茶屋
黒牛茶屋

黒牛茶屋

住所
和歌山県海南市黒江846
交通
JRきのくに線黒江駅から徒歩12分
料金
純米酒黒牛(720ml)=1240円/黒牛カップ(180ml)=310円/黒牛仕立て梅酒(720ml)=1440円/

藤白坂

有間皇子の悲劇を秘めた熊野古道

藤白坂は、後鳥羽上皇の熊野御幸に随行した藤原定家が「よじ登った」と『後鳥羽院熊野御幸記』に表現する険しい道だが、山道を上りつめた「御所の芝」からは和歌浦湾が一望できる。

藤白坂

藤白坂

住所
和歌山県海南市藤白
交通
JRきのくに線海南駅から徒歩40分(藤白坂上り口まで)
料金
情報なし

黒江の町並み

のこぎり形の家並み

江戸時代初期からの紀州漆器の伝統を守り続ける町。黒江の川端通りには連子格子の町家が残り、とくに裏道には、道に対してのこぎり歯状に並ぶ独特の家並みを見ることができる。

黒江の町並み
黒江の町並み

黒江の町並み

住所
和歌山県海南市黒江ほか
交通
JRきのくに線黒江駅から徒歩20分
料金
情報なし

藤白の獅子舞

後鳥羽院の熊野御幸でも披露された優美な獅子舞

後鳥羽院が熊野御幸の途中、藤白王子で開いた歌会の時に催されたのが初めと伝わる獅子舞。元旦は午前0時から行われ、10月の秋祭りには市内巡行も行われる。

藤白の獅子舞
藤白の獅子舞

藤白の獅子舞

住所
和歌山県海南市藤白466藤白神社
交通
JRきのくに線海南駅から徒歩10分
料金
要問合せ

中野BC(見学)

酒蔵見学では日本庭園も楽しめ、試飲販売も好評

日本酒をはじめ、さまざまな酒類を製造販売。見学は日本酒の仕込み蔵や貯蔵庫などを見ることができる。梅酒・梅酒シロップ漬け込み体験など有料体験コースもある。

中野BC(見学)

中野BC(見学)

住所
和歌山県海南市藤白758-45
交通
JRきのくに線海南駅から徒歩15分
料金
無料

長久邸

美しい大庭園を酒蔵見学とともに楽しめる

海南市の地酒「長久」の醸造元、中野BC(株)の敷地内に造られた別邸で、3000坪を超す大庭園がある。売店では清酒などの試飲ができるほか、工場見学工程には健康コーナーもある。

長久邸
長久邸

長久邸

住所
和歌山県海南市藤白758-45
交通
JRきのくに線海南駅から徒歩15分
料金
無料

黒江ぬりもの館

紀州漆器とカフェの店

黒江らしいのこぎり状の家並みが残る裏通りにある、江戸時代の塗師の仕事場を使った紀州漆器直売の店。根来塗り研ぎ出し体験もできる。カフェ、ギャラリーも人気だ。

黒江ぬりもの館
黒江ぬりもの館

黒江ぬりもの館

住所
和歌山県海南市黒江680
交通
JRきのくに線黒江駅から徒歩15分
料金
入館料=無料/根来とぎ体験教室(要予約)=1000円~/アクセサリー=1000円~/うるし椀=700円~/カフェランチ(カレー)=850円/ケーキセット=600円/コーヒー=400円/黒江カレー=1000円/

池庄漆器店

全国の伝統工芸品をセレクト

明治9(1877)年創業の漆器卸問屋で、家屋は国の登録有形文化財に指定されている。紀州漆器をメインに、山梨の印傳や曲げわっぱなど、全国を探し訪れ、惚れ込んだ伝統工芸品が多数そろっている。6・11月に催される展示会は多くの人で賑わう。

池庄漆器店

住所
和歌山県海南市黒江692
交通
JRきのくに線黒江駅から徒歩15分

ジャンルで絞り込む