トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陰 > 松江・出雲 > 出雲

出雲

出雲のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した出雲のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。ウミネコの大群が守る島「経島」、穏やかな香りと味わいの出雲のお酒「板倉酒造」、出雲須佐温泉の施設。浴室の窓から山里の景色が見える「出雲市佐田老人福祉センター「潮の井荘」」など情報満載。

出雲のおすすめのスポット

  • スポット:225 件
  • 記事:29 件

221~240 件を表示 / 全 225 件

出雲の魅力・見どころ

神話の国にある縁結びの神様をはじめ、断崖の岬に立つ灯台も

縁結びの神、福の神として全国に知られ、神話の国・出雲を象徴する「出雲大社」。大国主神を祀る本殿は国宝で、日本最古の神社建築の大社造りが見事。神楽殿には長さ13.5メートル、太さ8メートルの大注連縄(おおしめなわ)がかかっている。島根半島の西端の日御碕(ひのみさき)には、石積みの灯台としては日本一の高さの「出雲日御碕灯台」があり、近くには徳川家光の命で造営された権現造りの「日御碕神社」がある。神戸川上流にある立久恵峡は、100メートルもの高さの奇岩・柱石が続く渓谷で、山陰の耶馬溪といわれる。

経島

ウミネコの大群が守る島

出雲日御碕灯台から海沿いにのびる遊歩道から見える岩の島。経本を重ねたように見えることから、この名が付いた。年に一度宮司だけが渡島を許される聖なる島とされている。

経島

経島

住所
島根県出雲市大社町日御碕
交通
一畑電車大社線出雲大社前駅から一畑バス日御碕方面行きで26分、日御碕下車すぐ
料金
情報なし

板倉酒造

穏やかな香りと味わいの出雲のお酒

明治4(1871)年創業の老舗酒造。酒名「天穂」は日連宗の経文から抜粋して命名されたもの。島根県産の酒造好適米と国引神話で有名な北山山系の伏流水で醸した酒は、出雲を代表する銘柄。

板倉酒造
板倉酒造

板倉酒造

住所
島根県出雲市塩冶町468
交通
JR山陰本線出雲市駅から一畑バス上塩治車庫行きで7分、天神団地入口下車、徒歩4分
料金
天穏 純米大吟醸=3456円(720ml)/天穏 純米吟醸佐香錦=1782円(720ml)/天穏 特別純米酒馨=1512円(720ml)/天穏 大吟醸=3240円(720ml)/

出雲市佐田老人福祉センター「潮の井荘」

出雲須佐温泉の施設。浴室の窓から山里の景色が見える

潮の井ふれあいセンターにある出雲須佐温泉の施設。ローカル色あふれる家庭的な雰囲気で、浴室の窓からはのどかな山里の景色が見える。隣接して飲食施設のあづまやがある。

出雲市佐田老人福祉センター「潮の井荘」
出雲市佐田老人福祉センター「潮の井荘」

出雲市佐田老人福祉センター「潮の井荘」

住所
島根県出雲市佐田町須佐749-5
交通
JR山陰本線出雲市駅から一畑バス出雲須佐行きで36分、終点下車、タクシーで5分
料金
入浴料=大人100円、小人(4~14歳)50円/

Cafe 國次郎

Cafe 國次郎

住所
島根県出雲市斐川町上直江1482

鰐淵寺のモミジ

美しいイロハモミジが境内を紅く染める

たくさんのモミジが色づく紅葉の名所で、境内の歴史ある建築物との見事な調和を見せる。参道には苔むした味わい深い石段が続き、舞い落ちたモミジで錦の絨毯ができる。

鰐淵寺のモミジ

鰐淵寺のモミジ

住所
島根県出雲市別所町148
交通
一畑電車北松江線雲州平田駅から市営バス鰐淵線で25分、鰐淵寺駐車場下車、徒歩15分
料金
入山料=大人500円、中・高校生300円、小学生200円/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください