トップ > 全国 x 橋 > 中国・四国 x 橋 > 山陽・瀬戸内 x 橋

山陽・瀬戸内 x 橋

山陽・瀬戸内のおすすめの橋スポット

山陽・瀬戸内のおすすめの橋スポットをご紹介します。コバルトブルーの海を駆け抜ける「角島大橋」、優美なたたずまいの五連アーチ橋「錦帯橋」、世界初の3連吊り橋の上を自転車で快走「来島海峡大橋」など情報満載。

  • スポット:17 件
  • 記事:7 件

1~20 件を表示 / 全 17 件

山陽・瀬戸内の魅力・見どころ

穏やかな気候に育まれた長い歴史と風情を持つ街が点在

瀬戸内海に面した、長い日照時間と温暖な気候に恵まれたエリア。中心都市の広島は被爆地という歴史を持ち、平和記念公園には世界平和を願い、その歴史を伝える施設が多く残っている。長い歴史を誇る巖島神社は世界遺産にも登録されている。また白壁土蔵が並ぶ倉敷や坂の街・尾道、海峡を望む下関など、旅情たっぷりの散策が楽しめる街も点在。鞆の浦をはじめ、いにしえの交通拠点であった風情を残す港町も数多い。

角島大橋

コバルトブルーの海を駆け抜ける

コバルトブルーの海の上に延びる角島大橋は全長1780mで、通行無料の橋としては日本屈指の長さを誇る。橋の両端に整備された公園は、撮影ポイントに最適。

角島大橋
角島大橋

角島大橋

住所
山口県下関市豊北町神田~角島
交通
JR山陰本線特牛駅からブルーライン交通角島行きバスで15分、西長門リゾート入口下車、徒歩5分
料金
情報なし

錦帯橋

優美なたたずまいの五連アーチ橋

日本三名橋の一つに数えられている木造橋。精巧かつ独創的で強靭な五連アーチで構成されている。春の桜や秋の紅葉など、四季折々の自然と調和した美しい風景が楽しめる。

錦帯橋
錦帯橋

錦帯橋

住所
山口県岩国市岩国、横山
交通
JR山陽本線岩国駅からいわくにバス新岩国駅行きで15分、錦帯橋下車すぐ
料金
入橋料=大人310円、小学生150円/

来島海峡大橋

世界初の3連吊り橋の上を自転車で快走

大島と今治を結び、鳴門海峡、関門海峡と並んで日本三大急潮に数えられる来島海峡に架かる橋。全長約4kmの橋は、自転車だと約25分で走破できる。

来島海峡大橋
来島海峡大橋

来島海峡大橋

住所
愛媛県今治市砂場町、吉海町
交通
瀬戸内しまなみ海道今治北ICから大島南IC方面へ車で1km
料金
通行料=歩行者無料、自転車200円/今治北IC~大島南IC間(普通車)=1780円/(自転車料金はクレジットカード使用不可)

瀬戸大橋

巨大な橋の連続は迫力満点

岡山県と香川県をつなぐ、瀬戸中央自動車道。その海峡部9.4kmに架かる6つの橋を総称して「瀬戸大橋」と呼ぶ。吊橋、斜張橋、トラス橋など世界最大級の橋梁が連なる姿は圧巻。途中の与島PAは絶好のビューポイント。ここで折り返すことができるので、瀬戸内海の多島美を堪能したい。

瀬戸大橋
瀬戸大橋

瀬戸大橋

住所
岡山県倉敷市
交通
瀬戸中央自動車道児島ICからすぐ
料金
児島IC~与島PA普通車(往復)=3300円/

尾道大橋・新尾道大橋

「瀬戸内しまなみ海道」の本州側の起点

尾道と向島を結んで並行して架かる兄弟橋。1968(昭和43)年に尾道大橋が開通した。1999年に開通した新尾道大橋は一本塔柱のハープ形斜張橋で自動車専用道路。

尾道大橋・新尾道大橋
尾道大橋・新尾道大橋

尾道大橋・新尾道大橋

住所
広島県尾道市尾道~向島
交通
瀬戸内しまなみ海道西瀬戸尾道ICから瀬戸内しまなみ海道を因島方面へ車で3km
料金
新尾道大橋(普通・片道)=300円/

多々羅大橋

不思議な「鳴き龍」体験ができる橋

橋長1480mの白鳥が羽を広げたような美しいフォームの多々羅大橋。フランスのノルマンディー橋とは姉妹橋。潮風を受けながら走るしまなみサイクリングのハイライト。

多々羅大橋
多々羅大橋

多々羅大橋

住所
愛媛県今治市上浦町井口、尾道市瀬戸田町
交通
瀬戸内しまなみ海道大三島ICから生口島南IC方面へ車で1km
料金
通行料=歩行者無料、自転車100円/大三島IC~生口島南IC間(普通車)=800円/(自転車料金はクレジットカード使用不可)

生口橋

鳥の羽ばたく姿を連想させる美しいファン型斜張橋

因島と生口島を結ぶファン型斜張橋として開通。橋長は790m。空中から放射されたようなケーブルが、優雅なハープや鳥の羽ばたく姿を連想させる美しい橋だ。

生口橋

生口橋

住所
広島県尾道市因島~生口島
交通
瀬戸内しまなみ海道因島南ICからすぐ
料金
通行料(片道)=350円(普通車、因島南IC~生口島北IC)、50円(125cc以下の二輪車、原付、自転車)、歩行者無料/

伯方・大島大橋

伯方橋は桁橋、大島大橋は吊り橋で、異なる橋が連続している

伯方橋は325mの桁橋、大島大橋は840mの吊り橋で、異なる構造の橋が連続する。別に設けられた自転車歩行者道を歩けば、徒歩20分ほどで大島から伯方島へ渡れる。

伯方・大島大橋
伯方・大島大橋

伯方・大島大橋

住所
愛媛県今治市宮窪町、伯方町
交通
瀬戸内しまなみ海道大島北ICから伯方島IC方面へ車で2km
料金
通行料=歩行者無料、自転車50円/大島北IC~伯方島IC間(普通車)=550円/(自転車料金はクレジットカード使用不可)

関門橋

雄大な関門海峡のシンボル

関門海峡をまたぐ自動車専用の吊り橋。全長1068m、海面からの高さ約60m、昭和48(1973)年に完成。当時は東洋一の吊り橋だった。日本有数のスケールをもつ。

関門橋
関門橋

関門橋

住所
福岡県北九州市門司区和布刈
交通
JR鹿児島本線門司港駅から西鉄バス和布刈行きで15分、終点下車、徒歩10分
料金
情報なし

大島大橋

全長1000m以上ある橋のシルエットは美しい

淡いグリーンの色と美しいシルエットが印象的な大島大橋。柳井市大畠と屋代島を結ぶこの橋は全長1000m以上で、連続トラス橋としては、わが国では上位に入る長さだ。

大島大橋

大島大橋

住所
山口県柳井市神代~大島郡周防大島町
交通
JR山陽本線大畠駅からすぐ
料金
情報なし

夢吊橋

ギネス認定の吊り橋

世界一の長さを誇る夢吊り橋。美しい弧を描きながら八田原ダム(芦田湖)にかかる歩道橋で支間長は約147mに及ぶ。鮮やかな赤い欄干が背景の緑と湖の青色によく映える。

夢吊橋

夢吊橋

住所
広島県世羅郡世羅町小谷
交通
山陽自動車道尾道ICから国道184号、県道404号を芦田湖方面へ車で35km
料金
情報なし

因島大橋

吊り橋特有の優雅な曲線とタワーが特徴。橋長1270m

昭和58(1983)年に開通した、向島と因島間に架かる橋長1270mの吊り橋。吊り橋特有の優雅な曲線とタワーが特徴だ。橋は上下2段構造で下段は歩行者、軽車両道となっている。

因島大橋

因島大橋

住所
広島県尾道市因島~向島
交通
瀬戸内しまなみ海道向島ICからすぐ
料金
通行料(片道)=700円(普通車、向島IC~因島北IC)、50円(125cc以下の二輪車、原付、自転車)、歩行者無料/

宝来橋

柳井川に架かる橋で一番最初に架けられている

宝来橋は柳井川に架かる7つの橋のうち、一番最初に架けられた橋。左岸の橋のたもとには約300年前の船着場の跡や沖見石灯篭が残り、柳井の歴史を感じさせる。

宝来橋

宝来橋

住所
山口県柳井市古市
交通
JR山陽本線柳井駅から徒歩5分
料金
情報なし

上関大橋

海峡にかかる大橋は橋上からの眺めもすばらしい

室津半島と長島を結ぶ全長約200mの橋。昭和44(1969)年の開通以来、島民の交通要路として欠かせないものとなっている。橋上からの眺めもすばらしい。

上関大橋

住所
山口県熊毛郡上関町室津半島
交通
JR山陽本線柳井駅から防長交通上関行きバスで52分、瀬戸下車すぐ
料金
情報なし

笠戸大橋

本土と笠戸島を結ぶ真紅のかけ橋は四季の美しい景色が見られる

本土と瀬戸内海に浮かぶ笠戸島を結んでいる真紅のかけ橋。全長約156m。四季それぞれに美しい景色が見られる。笠戸島は瀬戸内海国立公園に指定されている。

笠戸大橋
笠戸大橋

笠戸大橋

住所
山口県下松市洲鼻
交通
JR山陽本線下松駅から防長交通深浦行きバスで10分、洲鼻下車すぐ
料金
情報なし

備前日生大橋

日生諸島の2島が本土と陸続きに

備前市日生町と鹿久居島を結ぶ765mの橋。本土への交通手段が定期船しかなかった日生諸島の人々の生活道として開通。サイクリングやウォーキングを楽しみながらゆっくり渡るのもおすすめ。

備前日生大橋

備前日生大橋

住所
岡山県備前市日生町寒河~鹿久居島
交通
JR赤穂線日生駅から徒歩15分
料金
情報なし

大三島橋

本四架橋最初の橋。自転車や歩行者も通行できる

昭和54(1979)年に開通した本四架橋最初の橋。完成当時は日本一長いアーチ橋として名を馳せた。自転車や歩行者の通行も可能で、橋の下は急流として知られる鼻栗瀬戸。

大三島橋

大三島橋

住所
愛媛県今治市伯方町、上浦町
交通
瀬戸内しまなみ海道大三島ICから国道317号を大三島橋方面へ車で5km
料金
通行料=歩行者無料、自転車50円/伯方島IC~大三島IC間(普通車)=450円/(自転車料金はクレジットカード使用不可)

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください