エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 x 旧家 > 中国・四国 x 旧家 > 山陽・瀬戸内 x 旧家 > 尾道・しまなみ海道 x 旧家 > 尾道 x 旧家

尾道 x 旧家

尾道のおすすめの旧家スポット

尾道のおすすめの旧家スポットをご紹介します。文豪が暮らした旧宅へ「志賀直哉旧居(おのみち文学の館)」、尾道を一望する高台の住居「中村憲吉旧居(おのみち文学の館)」、「」など情報満載。

  • スポット:2 件
  • 記事:1 件

尾道のおすすめエリア

尾道の新着記事

1~20 件を表示 / 全 2 件

尾道のおすすめの旧家スポット

志賀直哉旧居(おのみち文学の館)

文豪が暮らした旧宅へ

おのみち文学の館の施設のひとつ。文豪・志賀直哉が大正元(1912)年から翌年にかけて暮らした棟割長屋で、『暗夜行路』の草稿を練ったとされる旧家だ。

志賀直哉旧居(おのみち文学の館)
志賀直哉旧居(おのみち文学の館)

志賀直哉旧居(おのみち文学の館)

住所
広島県尾道市東土堂町8-28
交通
JR山陽本線尾道駅から徒歩10分
料金
入館料(おのみち文学の館共通)=一般300円、中学生以下無料/ (文学記念室、中村憲吉旧居と共通、20名以上は団体料金一般240円、障がい者手帳持参で本人と介護者1名無料)

中村憲吉旧居(おのみち文学の館)

尾道を一望する高台の住居

中村憲吉は広島県出身のアララギ派の歌人で、静養していた尾道で亡くなった。その旧居(離れ)を公開している。高台にあり尾道の町並みが一望できる。

中村憲吉旧居(おのみち文学の館)

中村憲吉旧居(おのみち文学の館)

住所
広島県尾道市東土堂町15-10
交通
JR山陽本線尾道駅から徒歩15分
料金
入館料(おのみち文学の館共通)=一般300円、中学生以下無料/ (文学記念室、志賀直哉旧居と共通、20名以上の団体は240円)