トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 尾道・しまなみ海道 > 竹原

竹原

竹原の概要、観光・旅行情報

竹原の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

  • スポット:51 件
  • 記事:2 件

江戸期から製塩と酒造で栄え、現在もその面影が残る美しい街並み

平安時代には京都・下鴨神社の荘園であった竹原。江戸時代には製塩業と酒造業で栄えた。現在も竹原本通りを中心に、当時の商家や屋敷、造り酒屋などの建物が連なる、白壁と格子が美しい街並みが保存され、重要伝統的建造物群保存地区に選ばれている。ニッカウヰスキーの創始者である竹鶴政孝の生家である「竹鶴酒造」は江戸時代から続く造り酒屋。街並みのなかにひときわ威厳のある建物が建つ。竹かごや食器など竹工芸品も特産品で、工房や専門店も多い。

竹原のおすすめスポット

休暇村 大久野島

瀬戸内の楽園、ウサギと出会う島

周囲約4.3kmの大久野島は、700羽もの野生のウサギが棲む島。休暇村の本館には、展望温泉浴場やレストランを備える。サイクリングや海釣りなどもできのんびりと過ごせる。

休暇村 大久野島

休暇村 大久野島

住所
広島県竹原市忠海町大久野島
交通
JR呉線忠海駅から徒歩7分の忠海港から大三島フェリーまたは休暇村客船で15分、大久野島桟橋下船、1番桟橋から徒歩5分、2番桟橋から徒歩15分(2番桟橋から送迎あり、予約不要)
料金
レンタサイクル(電動自転車、2時間)=800円/入浴料=大人410円、小人360円/1泊2食付=9200円~/(レンタルサイクルは宿泊者600円、ビジターのみ1台につき保証金1000円(返却時に返金))

西方寺・普明閣

竹原の町並みを一望する

江戸時代前期に建立された浄土宗の寺院。境内南側の一段高いところに建つ普明閣は宝形造り、二重屋根を持つ舞台造り風。

西方寺・普明閣

住所
広島県竹原市本町3丁目10-44
交通
JR呉線竹原駅から徒歩15分

松阪邸

江戸時代の重厚な商家を公開

町並み保存地区にある代表的な商家で、公開している2軒のうちの1軒。唐破風の屋根や庇、出格子などは堂々とした構えだ。座敷は数寄屋風の造りになっている。

松阪邸

松阪邸

住所
広島県竹原市本町3丁目9-22
交通
JR呉線竹原駅から徒歩15分
料金
大人200円、18歳以下無料(70歳以上は無料、障がい者と同伴者1名無料)

忠海港

観光に便利なフェリーターミナル

大久野島への出発口。うさぎモチーフのグッズが買えるみやげ店や、船を待つ間に立ち寄れるカフェを併設する。

忠海港

住所
広島県竹原市忠海中町1丁目2-1
交通
JR呉線忠海駅から徒歩7分
料金
手荷物の預かりサービス(1個)=500円/うさぎのペアマグカップ=各1220円/

竹鶴酒造

米の旨みを生かした酒

江戸時代からの銘柄「竹鶴」の醸造元で、ニッカウヰスキー創始者の竹鶴政孝の生家でもある。みやげには「小笹屋竹鶴生もと純米原酒」がおすすめ。

竹鶴酒造

竹鶴酒造

住所
広島県竹原市本町3丁目10-29
交通
JR呉線竹原駅から徒歩15分
料金
小笹屋竹鶴生もと純米原酒=2700円(720ml)、5400円(1800ml)/

おすすめスポットをもっと見る

竹原のおすすめの記事

広島【大久野島】世界が注目する「うさぎ島」ってどんなところ?

たくさんのうさぎが暮らす大久野島。もふもふのうさぎたちに囲まれてめいっぱい癒されよう。

広島【竹原】江戸の面影を残す安芸の小京都

約500mの通りに棒瓦と格子の建物が続き、町歩きが楽しい。一帯は重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください