トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 尾道・しまなみ海道 > 今治 > 今治市街

今治市街

今治市街のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

今治市街のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。しまなみ海道の水軍料理、今治の焼き鳥、焼き豚玉子飯など情報満載。

今治市街のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:18 件
  • 記事:10 件

1~20 件を表示 / 全 8 件

しまなみ海道の水軍料理(しまなみかいどうのすいぐんりょうり)

昆布だしに魚介たっぷりの豪快な瀬戸内の味

  • ご当地名物料理

広島県と愛媛県の間に位置する芸予諸島の郷土料理。この地域はかつて村上水軍など水軍が活躍した歴史をもつ。水軍料理は、魚介を船上で調理した豪快な料理で、水軍鍋などが知られる。

今治の焼き鳥(いまばりのやきとり)

町の中には焼き鳥専門店が軒を連ねる

  • ご当地名物料理

今治市は焼き鳥の専門店が全国的にも多く、人口当たりの店数では日本一ともいわれる。焼き鳥を鉄板で焼くのが今治のスタイルで、余分な脂がなくあっさりとした味わい。

今治の焼き鳥

焼き豚玉子飯(やきぶたたまごめし)

旨い、安い、そしてボリューム満点

  • ご当地名物料理

焼き豚玉子飯とは、ご飯の上に薄く切った煮豚と半熟の目玉焼きをのせ、焼豚のタレで味付けした丼料理。今は閉店してしまった人気中華料理店、五番閣のまかないを商品化。そのボリュームとお手軽さで一躍人気に。

焼き豚玉子飯

愛媛のイヨカン・ミカン製品(えひめのいよかんみかんせいひん)

おだやかな自然が豊かな甘さを育む

  • おみやげ

愛媛県の名産といえば、イヨカンやミカン。そのままで食べるのもおいしいが、ジュースやゼリー、マーマレードなどの加工品も人気が高い。甘みをいかした作りが魅力。

愛媛のイヨカン・ミカン製品

鶏卵饅頭(けいらんまんじゅう)

二百余年の歴史が詰まった今治の銘菓

  • おみやげ

一口で十分食べられるほど小さなサイズの饅頭。卵から練られた生地のしっとりとした感触と、上質なこし餡が豊潤な甘みを演出する。表面に焼き目のついた「焼鶏卵饅頭」もある。

鶏卵饅頭

今治タオル(いまばりたおる)

世界も認める高品質の日本が誇る特産品

  • おみやげ

江戸時代から綿栽培や綿織物が盛んだった今治地方。タオル製造は明治27(1894)年から始められ、現在は世界最高の産地といわれている。伝統と高い技術に培われた製品は、肌ざわりがよく吸水性も高い一級品だ。

今治タオル

今治のツツジ・サツキ(いまばりのつつじさつき)

一斉に咲きそろう目にもあざやかな花

園芸品種が多く、公園や庭園に栽植されるほか、山で自生するツツジ。サツキはツツジの一種で、旧暦の皐月に咲くことからサツキと命名された。今治・市制50年記念公園などでツツジを楽しめる。

今治のツツジ・サツキ

今治のボタン(いまばりのぼたん)

浮世絵や家紋に描かれることもある花

「座れば牡丹」でおなじみの美人の代名詞。原産地の中国では「花王」と賞される。日本へは平安朝期に渡来した。花は直径20cmにもなる大輪で、一重から千重、万重まであり、紫、桃、白など色も豊富。4月~5月の春牡丹、10月下旬~1月の寒牡丹のほか、春牡丹を1月~2月に咲かせる冬牡丹がある。市制50年記念公園などで楽しめる。