トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 下関 > 下関 > 長府

長府

長府の概要、観光・旅行情報

長府の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

  • スポット:17 件
  • 記事:4 件

今も藩政時代の面影をとどめる毛利氏の城下町

下関の東部に位置する長府は、長府毛利家5万石の城下町として栄えたところ。長屋門や練り塀が続くしっとりとした街並みは、今なお藩政時代の城下町の面影をとどめている。見どころは毛利氏の居館だった「長府毛利邸」や、鎌倉時代に創建された禅寺で長府毛利氏の菩提寺である「功山寺」など。功山寺には国宝指定の仏殿や、明治維新の立役者として活躍した高杉晋作の像がある。往時に思いを馳せながらのんびり散策してみたい。

長府のおすすめスポット

古江小路

格式のある家や代々藩医を務めた家などが並ぶ町並み

練塀が続き城下町らしい雰囲気を醸し出す町並み。通りにある菅家は侍医兼侍講職を務めた格式のある家柄。代々藩医を務めた家としてふさわしい構えを見せる。

古江小路

古江小路

住所
山口県下関市長府古江小路町2
交通
JR山陽本線長府駅からサンデン交通下関駅行きバスで6分、城下町長府下車、徒歩7分
料金
情報なし

功山寺

維新回天の旗揚げが行われた寺

鎌倉期創建の禅寺で長府毛利家の菩提寺。幕末に高杉晋作が維新回天の旗揚げをした場所として知られる。純唐様建築の美しさを保つ無彩色の仏殿は国宝に指定されている。

功山寺

功山寺

住所
山口県下関市長府川端1丁目2-3
交通
JR山陽本線長府駅からサンデン交通下関駅行きバスで6分、城下町長府下車、徒歩15分
料金
拝観料(本堂書院)=大人300円、中・高校生100円/(障がい者拝観料無料)

長府毛利邸

四季の色に染まる自然回廊を歩く

明治36(1903)年に長府毛利家14代元敏公が建てた邸宅。母屋からは池泉回遊式庭園、枯山水庭園、書院庭園を望む。山野草が生けてある部屋で、抹茶や緑茶を飲みながらホッと一息つける。

長府毛利邸

長府毛利邸

住所
山口県下関市長府惣社町4-10
交通
JR山陽本線長府駅からサンデン交通下関駅行きバスで10分、城下町長府下車、徒歩10分
料金
入場料=大人200円、小・中学生100円/(20名以上の団体は大人160円、小・中学生80円、各種障がい者手帳持参で無料、1~4級は同伴者1名無料)

長府庭園

癒しとやすらぎの空間が広がる庭園

長府毛利藩の家老格であった西運長の屋敷跡。小高い山を背にした1万坪の広大な敷地には、池を中心に書院、茶室、あずまや、小川がある。夏には池に孫文ゆかりの蓮の花(孫文蓮)が咲く。

長府庭園

長府庭園

住所
山口県下関市長府黒門東町8-11
交通
JR山陽本線長府駅からサンデン交通下関駅行きバスで10分、市立美術館前下車、徒歩3分
料金
入園料=大人200円、小人100円/(20名以上の団体は2割引、下関市内または北九州市内在住の65歳以上無料、障がい者手帳持参で無料、1~4級までは本人と同伴者1名無料)

喫茶 四季庭

喫茶 四季庭

住所
山口県下関市長府侍町2丁目6-45

おすすめスポットをもっと見る

長府のおすすめの記事

【下関・長府】維新ゆかりの町へ行ってみよう!

下関市東部に位置する長府は、長府毛利家や、高杉晋作をはじめ維新の志士と縁の深い町。当時に思いをはせながら閑静な城下町を歩こう。

【山口観光】幕末〜明治の歴史ツアー 1泊2日モデルプラン!

2018年は明治維新からちょうど150年の記念イヤー。維新の立役者を多く輩出した山口県にはゆかりのスポットが数多く残り、今もその偉業が語り継がれている。そんな激動の幕末の舞台をめぐるおすすめの観光プラ...

下関ご当地グルメ!【ふぐ】おすすめ店をチェック!

下関名物といえばふぐ。日本一の取扱い量を誇り、本場として全国的にも名が知られている。老舗からカジュアルに味わえる店まで、テーマ別にご紹介。

【山口】最新ニュース&トピックス!行く前にチェック!

明治維新から150年のメモリアルイヤーである2018年。幕末維新にゆかりの深い山口では県内各所で歴史にちなんだ特別なイベントが開催される。旅の計画を立てる前にぜひ知っていてほしい、旬の山口ネタをお届け...

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください