トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 岩国・周南 > 徳山

徳山

徳山のおすすめご当地グルメ・名物・名産品・お土産

徳山のおすすめのご当地グルメや名物・名産品、お土産をご紹介します。周南・岩国のツツジ・サツキ、周南・岩国のウメ、光のアジサイなど情報満載。

徳山のおすすめご当地グルメ・名物・名産品・お土産

  • スポット:72 件
  • 記事:3 件

1~20 件を表示 / 全 5 件

周南・岩国のツツジ・サツキ(しゅうなんいわくにのつつじさつき)

一斉に咲きそろう目にもあざやかな花

園芸品種が多く、公園や庭園に栽植されるほか、山で自生するツツジ。サツキはツツジの一種で、旧暦の皐月に咲くことからサツキと命名された。色鮮やかなツツジが境内を彩る柳井市・専称寺などが名所として知られる。

周南・岩国のツツジ・サツキ

周南・岩国のウメ(しゅうなんいわくにのうめ)

春の訪れを知らせる白や赤の香り高い花

春の訪れを感じさせる代表的な花。花は小さく可憐だが、香りは強く満開時期にはあたりに芳香がただよう。開花時期には各地で「梅祭り」が開催される。周南・岩国エリアでは、光市の冠梅園などが開花時期に賑わいを見せる。

周南・岩国のウメ

光のアジサイ(ひかりのあじさい)

雨がもっとも似合う梅雨時の可憐な花

開花から日が経つにつれて花の色が変わっていくことから「七変化」と呼ばれる。白やピンク、紫、水色、青など、さまざまな色合いは土壌の酸性度の違いが生むもので、全国各地にアジサイ寺やアジサイロードと呼ばれる名所がある。光市のあじさい苑は開花時期に見物客で賑わう。

光のアジサイ

光のシャクナゲ(ひかりのしゃくなげ)

神秘の花から、身近な花となったシャクナゲ

ツツジ属の中でも冷涼で高湿度の土地に育ち、人の足の踏み入れにくい深い山中に咲くことから「神秘の花」とされていた。見ごろは4月中旬~5月上旬で、品種改良により赤、白、グラデーションなど花の色はさまざま。県下でもシャクナゲの群生は珍しく、浅江神社が名所として知られている。

徳山のハス(とくやまのはす)

清浄や慈悲の象徴とされる水辺の花

7~8月に水辺で白やピンクの花を咲かせる。早朝に咲き昼にはしぼんでしまうため、早朝から植物園などで撮影する様子も多く見られる。仏教とも密接に関係し、如来像とともに描かれることも多い。周南緑地公園の万葉の森にある大賀ハス池でも花が咲き誇る。

徳山のハス