トップ > 全国 > 中国・四国 > 四国 > 琴平・善通寺 > 琴平

琴平

琴平のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した琴平のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。階段を上って参拝する讃岐随一の大社「金刀比羅宮」、まんまるおいりがかわいらしいソフト「四国の旬」、山間の一軒家で出会う、ツヤツヤのなめらかな麺「谷川米穀店」など情報満載。

  • スポット:94 件
  • 記事:12 件

琴平のおすすめエリア

1~20 件を表示 / 全 94 件

琴平の魅力・見どころ

古くから庶民の信仰を集める神社と豊かな自然を体感できる公園

象頭山の東山麓に広がる琴平は、「金刀比羅宮」の門前町として栄えた街。『こんぴらさん』の愛称で親しまれる金刀比羅宮は、海上安全、五穀豊穣などのご利益があるとして、昔も今も人々の信仰を集める神社だ。名物の石段は御本宮まで785段、奥社の厳魂(いづたま)神社までは1368段を数える。まんのう町にある国営讃岐まんのう公園は、満濃池のほとりに広がる約350万平方メートルの公園。大型遊具や芝生広場で遊べる竜頭の里、竜頭の森、全長4.5キロメートルのサイクリングコースがある。

琴平のおすすめスポット

金刀比羅宮

階段を上って参拝する讃岐随一の大社

標高521mの象頭山の中腹に建ち、全国から集まる多くの参拝者でにぎわう。参道から奥社の厳魂神社までは長い石段が続き、道中には旧跡や文化財も多数。天保美術を結集した旭社は、鳥獣や花草など彫刻が施され、重要文化財に指定されている。

金刀比羅宮
金刀比羅宮

金刀比羅宮

住所
香川県仲多度郡琴平町892-1
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩10分(表参道石段上り口まで)
料金
幸福の黄色い御守(ミニこんぴら狗とのセット)=1500円/笑顔元気くん朱印帳(朱印料込)=1500円/博物館施設入館料(表書院、宝物館、高橋由一館)=大人800円、中人(大学生、高校生)400円、中学生以下無料/

四国の旬

まんまるおいりがかわいらしいソフト

結婚式の引き出物や、嫁入り先でのあいさつ回りで配られる香川県の郷土菓子「おいり」を使ったキュートな見た目の「嫁入りおいりソフト」が人気。醤油と和三盆と希少糖ミルクから選べる。

四国の旬
四国の旬

四国の旬

住所
香川県仲多度郡琴平町琴平716-5
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩10分
料金
嫁入りおいりソフト=350円/骨付鶏=850円/和三盆ドーナツ=100円(1個)/おいり=350円/おいりソフトストラップ=350円/

谷川米穀店

山間の一軒家で出会う、ツヤツヤのなめらかな麺

自然豊かな山間部に建つ。のどごしのよいつややかな麺を、青唐辛子の醤油漬けなどと合わせて食べる。地元産のそば粉を使う、冬季は1日50玉限定の手打ちそばも味わえる。

谷川米穀店
谷川米穀店

谷川米穀店

住所
香川県仲多度郡まんのう町川東1490
交通
JR土讃線琴平駅から琴参バス美合行きで37分、落合橋下車すぐ
料金
うどん=150円(小)・280円(大)/卵=50円/青唐辛子の醤油漬け=無料/

小縣家

大根はセルフですりおろす。しょうゆうどんの発祥店

看板メニューのしょうゆうどんは、おろし大根にねぎ、すだちなどの薬味をトッピングし、ほんのり甘い生醤油をかけて食べる。指定農家で特別栽培された大根を使った牛根うどんも人気。

小縣家
小縣家

小縣家

住所
香川県仲多度郡まんのう町吉野1271-1
交通
JR土讃線琴平駅からタクシーで10分
料金
しょうゆうどん=470円(小)・580円(大)/牛根うどん(小)=550円/しっぽくうどん(小)=400円/特製しょうゆ(300ml)=500円/

長田うどん

太麺とつけだしのバランスがたまらない

釜あげうどんの元祖ともいわれる店。うどん激戦区で、釜あげと冷やしうどんのみで勝負する。国産のいりこを使った素朴な味わいのだしと、コシのある手打ち麺との組み合わせが絶妙。

長田うどん
長田うどん

長田うどん

住所
香川県仲多度郡まんのう町吉野1290-1
交通
JR土讃線琴平駅からタクシーで10分
料金
釜揚げうどん=250円(小)・350円(大)/冷やしうどん=250円(小)・350円(大)/

琴平グランドホテル 桜の抄

工夫ある料理やバラ風呂など華やかな仕掛けが好評

「別邸初音」には温泉露天風呂付き和洋室「初音プレミアム」全23室がある。専用ラウンジではドリンクや軽食を好きなだけ楽しめる。

琴平グランドホテル 桜の抄
琴平グランドホテル 桜の抄

琴平グランドホテル 桜の抄

住所
香川県仲多度郡琴平町977-1
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩15分(琴平駅から送迎あり、予約制)
料金
1泊2食付=22000~61050円/ (大人(中学生以上)別途入湯税150円が必要。)

琴平花壇

和とモダンが調和した創業400年の温泉宿

神宿る神秘の杜の麓にたたずみ、森鴎外や北原白秋、与謝野晶子ら名だたる文人墨客も宿帳に名を連ねる伝統の宿。和の繊細な室礼と機能的な洋をうまく融合させた空間やサービスがここちいい。

琴平花壇

住所
香川県仲多度郡琴平町1241-5
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩15分(琴平駅から送迎あり、予約制)
料金
1泊2食付=18700~67100円/外来入浴(13:00~21:00)=1500円/外来入浴食事付(12:00~21:00、ダイニング利用、要予約)=3300円~/

御宿 敷島館

金刀比羅宮の表参道にたたずむ伝統の湯宿

かつて国の有形文化財にも登録された老舗旅館「敷島館」の歴史的景観を守られた伝統の湯宿。客室は趣向を凝らした9タイプ。大浴場や24時間利用できる貸切風呂、瀬戸内の旬の幸をこだわりの器でいただく会席料理も楽しみ。

御宿 敷島館

住所
香川県仲多度郡琴平町川西713-1
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩8分

中野うどん学校琴平校

うどんの本場で手打ち体験をしよう

うどん作りのベテランの指導のもとでうどんをこねる作業から試食までのひと通りの工程を体験。所要時間は45分から1時間20分ほど。お持ち帰りもできる。

中野うどん学校琴平校
中野うどん学校琴平校

中野うどん学校琴平校

住所
香川県仲多度郡琴平町796
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩10分
料金
手打ちうどん体験(予約制)=1760円(2名~)、1540円(15名以上)/

国営讃岐まんのう公園

豊かな自然を体感する大型公園

満濃池のほとりに広がる国営公園。約350万平方メートルの園内には、大型遊具や芝生広場で遊べる「竜頭の里」、「竜頭の森」、全長約5.8kmのサイクリングコースなどがある。国内有数の規模を誇るオートキャンプ場「ホッ!とステイまんのう」には、59区画のキャンプサイトがある。

国営讃岐まんのう公園
国営讃岐まんのう公園

国営讃岐まんのう公園

住所
香川県仲多度郡まんのう町吉野4243-12
交通
JR土讃線琴平駅からタクシーで15分
料金
入園料=大人(15歳以上)410円、小人(小・中学生)80円/レンタサイクル(2時間)=260円/施設維持費(ホッ!とステイまんのう)=640円/サイト使用料(オート1区画、ホッ!とステイまんのう)=3100円/年間パスポート=大人4100円、小人800円/ (シルバー(65歳以上)は入園料210円、年間パスポート2100円、20名以上の団体は入園料大人290円、小人50円)

寺子屋本舗 琴平店

手作りおかき・せんべいの専門店

店内に約50種類の商品が並び、店頭では温かい手焼きせんべい12種類と、ぬれおかき4種類を販売。せんべい屋ならではの醤油アイスやお濃茶アイスなどもある。

寺子屋本舗 琴平店

住所
香川県仲多度郡琴平町琴平959-4
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩10分

高燈籠

木造燈籠で日本一の高さを誇る常夜灯

万延元(1860)年に建てられた燈籠で、高さ27.6mは木造燈籠としては日本一といわれる。すそを広げた足元から途中までは階段が続く。夜には明かりが灯り、旅情を誘う。

高燈籠

高燈籠

住所
香川県仲多度郡琴平町361
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩3分
料金
情報なし

ことひら温泉 琴参閣

心安らぐもてなしと趣向ある四国屈指の大浴場

四国屈指の規模を誇る温泉宿。舟型バラ湯船(女湯)や湯量たっぷりの内湯を備える大浴場「讃水」のほか、飛天の館宿泊者専用の展望浴場「飛天」がある。瀬戸内の美味が彩る豪華な会席も好評。

ことひら温泉 琴参閣
ことひら温泉 琴参閣

ことひら温泉 琴参閣

住所
香川県仲多度郡琴平町685-11
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩5分(琴平駅から送迎あり、予約制)
料金
1泊2食付=12420~48060円/

こんぴらプリン

パティシエが手がける本格派手作りプリン

固めのレトロタイプからクリーミーなタイプまで6種類。県内産のそれいゆ卵、北海道産純生クリームを使用。

こんぴらプリン

住所
香川県仲多度郡琴平町716-5
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩10分

三嶋製麺所

映画『UDON』のおばあちゃんに会いに行こう

「熱いんですか、冷たいんですか」の台詞でおなじみのおばあちゃんが営む、歴史ある製麺所。メニューはうどんのみで、つるりとしたのどごしのできたて麺が生醤油で味わえる。料金は後払い。

三嶋製麺所
三嶋製麺所

三嶋製麺所

住所
香川県仲多度郡まんのう町川東276
交通
JR土讃線琴平駅から琴参バス美合行きで33分、中通下車すぐ
料金
熱い=140円(小)・240円(大)/熱い(小)+卵=170円/生卵(トッピング)=30円/

むさし

二度おいしいカレーうどん

麺は太めで、だしはカツオ節と昆布が中心のしっかりとした味わい。特製のルーを絡めて食べるカレーうどんが人気だ。器に残ったルーは、ご飯を注文して楽しむのがむさし流。

むさし

むさし

住所
香川県仲多度郡琴平町五條637-2小出ビル 1階
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩15分
料金
カレーうどん=580円/ざるうどん=400円/天ざるうどん=680円/冷しきつねうどん=780円/

琴平海洋博物館(海の科学館)

海と船と人のかかわりを学ぶ

船や港など海に関係したテーマで各階を構成する科学館。江戸時代の船着場を再現し、実物大のこんぴら船を展示している。操舵室やラジコン船など体験型の学習施設がある。

琴平海洋博物館(海の科学館)
琴平海洋博物館(海の科学館)

琴平海洋博物館(海の科学館)

住所
香川県仲多度郡琴平町953
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩で約15分
料金
入館料=大人450円、中・高校生350円、小学生250円/ (障がい者手帳持参で半額)

灸まん本舗石段や

民芸調の店内でお参りの疲れを癒して

上品な甘さの餡が入った、灸の形をした饅頭「灸まん」は、こんぴら銘菓として有名。茶屋としても人気が高く、参拝者の休憩所になっている。みやげ用の手打ちうどんも好評。

灸まん本舗石段や
灸まん本舗石段や

灸まん本舗石段や

住所
香川県仲多度郡琴平町798
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩10分
料金
お茶菓子セット=250円/灸まん=1080円(12個入)/栗羊羹=875円(1本)/

金陵の郷

白壁の蔵で酒の文化を学ぶ

創業寛政元(1789)年の白壁の酒蔵庫を復元した資料館。「歴史館」「文化館」に分かれていて、金比羅天狗ゆかりの大クスを取り囲むように建つ。当時の酒造道具や人形などによって酒造りの様子を紹介している。

金陵の郷
金陵の郷

金陵の郷

住所
香川県仲多度郡琴平町623
交通
JR土讃線琴平駅から徒歩10分
料金
入館料=無料/金陵濃藍純米吟醸(720ml)=1650円/金陵山廃仕込み純米酒(720ml)=1320円/特別純米酒「楠神」(720ml)=1430円/ゆず酒(500ml)=1609円/さぬきのももも(500ml)=1609円/

ジャンルで絞り込む